インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  丸亀城築城420周年記念 武士の装い展-ニッカリ青江特別公開-

丸亀城築城420周年記念 武士の装い展-ニッカリ青江特別公開-

■丸亀といえば、うどんと骨付鳥。そして名刀
【会期終了】 「京極に過ぎたるものが3つあり。にっかり茶壺に多賀越中」という狂歌が伝わるほど、お家の家宝とされた名刀ニッカリ青江。今年は2週間の会期で丸亀市立資料館に登場です。
この展覧会は丸亀城築城420年の記念展。長く丸亀城を治めた京極家に伝わる品々を中心に、戦国の武士たちが身に着けた鎧兜や陣羽織、刀剣など、その美意識が伺える品々が並びます。


会場風景

展覧会の主役は備中青江派の名刀、ニッカリ青江です。

この刀に注目が集まったのは若い女性を中心に人気を集める「刀剣乱舞-ONLINE-」がきっかけ。インターネットミュージアムでもゲームに登場する刀剣を何度もご紹介していますが、ニッカリ青江も刀剣女子たちの熱烈なオファーで2015年秋に展示。それ以後毎年公開されています。

ニッカリ青江は元々は太刀でしたが、伝来していく過程で擦り上げられ、今は一尺九分九厘(約60cm)の大脇指になりました。戦国期の武将、柴田勝家が所持し、丹羽長秀が所持したのちに豊臣秀吉に献上され、秀吉の息子の秀頼から京極家へ拝領。讃岐丸亀藩の京極家に長く伝来しました。

ニッカリ、という不思議な名前は、「にっかりと笑う女の幽霊を斬り捨て、翌朝その場を確認したところ、石灯籠が真っ二つになっていた」という伝承によるもの。


《ニッカリ青江脇指 金象嵌銘 羽柴五郎左衛門尉長》

石灯籠を斬った、という伝承も納得の冴え冴えとした刀は身幅が太く、大きな切先からは擦り上げ前の太刀の力強さを感じさせる佇まいです。

展覧会の会期は短く約2週間ですが、「刀剣乱舞-ONLINE-」コラボレーションも実施。刀剣男士「にっかり青江」の等身大パネルや、グッズの販売、スペシャルラッピング人力車など、様々な企画が行われます。(詳細は丸亀市観光協会及び丸亀城公式HPをご確認ください)

会期中9月24日には「丸亀城420フェスタ」もあります。展覧会会場の丸亀市立資料館は丸亀城の敷地内にありますので、盛り上がる丸亀城を満喫できる一日になりそうです。


丸亀城とコラボなど、見どころをご紹介します。

東京から丸亀までは新幹線で岡山を経由、瀬戸大橋を渡る特急に乗って向かいました。気持ちの良い秋の旅行を今からでもぜひ計画してみてはいかがでしょう。

[ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2017年9月15日 ]

日本刀は素敵 (WAC BUNKO)日本刀は素敵 (WAC BUNKO)

渡邉 妙子 (著)

ワック
¥ 944


■丸亀 ニッカリ青江 に関するツイート


 
会場丸亀市立資料館
開催期間2017年9月16日(土)~10月1日(日)
所在地 香川県丸亀市一番丁(城内)
TEL : 0877-22-5366
HP : http://www.city.marugame.lg.jp/itwinfo/i31304/
展覧会詳細へ 丸亀城築城420周年記念 武士の装い展-ニッカリ青江特別公開- 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
ゴッホ展
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
国立新美術館「新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」
新海誠
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」
安藤忠雄
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
千葉市美術館「没後70年 北野恒富展」
北野恒富
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」
[エリアレポーター]
あこがれの明清絵画
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- FACE/わたしとあなた ―アフリカン・マスクから舟越桂まで
古代アンデス文明展 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社