インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信

六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信

■集団制作を生んだ「画体」の確立
【会期終了】 狩野派の二代目・狩野元信(1477?-1559)。狩野派始祖の父・正信や、「唐獅子図」「洛中洛外図」の孫・永徳に比べると、絵師としての知名度は高くないかもしれません。実はその画技も、狩野派を「天下画工の長(おさ)」にしたと言われた実力者。画業を振り返る展覧会が、サントリー美術館で開催中です。
室町時代から幕末まで約400年に渡って日本画壇の中心にあった狩野派。始祖・正信の時代には傍流であり、中央に押し上げたのはまぎれもなく元信の功績です。

絵師としての元信の実力を最初に感じてもらうため、まずは元信と工房による障壁画から。静・動を使い分け、奥行きがある巧みな描写は、掛軸に改装された今でも響いてきます。

続いて、中国の名家たちの作品。足利将軍家が蒐集した中国絵画は人々の憧れであり、漢画の規範でした。後に元信は、彼らの作品を参考に三種の「画体」を創る事となります。


第1章「天下画工の長となる ― 障壁画の世界」、第2章「名家に倣う ― 人々が憧れた巨匠たち」

元信の大きな功績が「画体」の確立。書道の楷書・行書・草書に倣い、緻密な構図と描線による「真体」、最も崩した描写である「草体」、そしてその中間にあたる「行体」を定めました。

狩野派の絵師たちは「画体」を学ぶ事で技術を身につけ、集団制作が可能になりました。元信の経営センスが、狩野派を専門絵師集団に変えたのです。会場では作品のプレートに「画体」も表示されています。


第3章「画体の確立 ― 真・行・草」

「画体」は漢画からの創案ですが、元信はやまと絵の分野にも進出。人物はやまと絵、山水は漢画と、和漢双方の手法を用いた絵巻も展示されています。

さらに正信や元信は、絵仏師が手掛けてきた仏画も描いています。華やかな色彩・世俗的な表情と、伝統的な仏画とは一線を画す作風です。

集団制作体制・高い技術・幅広いジャンルと、絵師として全てを備えた元信。肖像画や奉納絵馬からは、元信がパトロンを増やしていった事も分かります。


第4章「和漢を兼ねる」、第5章「信仰を描く」、第6章「パトロンの拡大」

少なくとも江戸時代においては、歴代狩野派の最高峰は元信。永徳は「元信に勝るとも劣らない」と評され、その名声は明(中国)にまで及んでいました。

それほどの存在でありながら、意外な事に「狩野元信」単独の展覧会は本展が初めて。かなり展示替えがありますので、お目当てがある方は事前に公式サイトの作品リストでご確認ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年9月15日 ]


料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■サントリー 狩野元信 に関するツイート


 
会場サントリー美術館
開催期間2017年9月16日(土)~11月5日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4  東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ 六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
ゴッホ展
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
国立新美術館「新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」
新海誠
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」
安藤忠雄
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
千葉市美術館「没後70年 北野恒富展」
北野恒富
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」
[エリアレポーター]
あこがれの明清絵画
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- FACE/わたしとあなた ―アフリカン・マスクから舟越桂まで
古代アンデス文明展 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社