インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  「怖い絵」展

「怖い絵」展

■展覧会も大ヒット
作家・ドイツ文学者の中野京子さんによる『怖い絵』シリーズの刊行10周年を記念した「怖い絵」展。東京に先駆けて開催された兵庫展では27万人が来場、兵庫県立美術館の歴代3位という大ヒットとなりました。満を持して東京に巡回、会場は上野の森美術館です。
「背景を理解した上で絵を見る」事の楽しさを教えてくれた『怖い絵』シリーズ。一般的な美術書は作家や地域、絵のスタイルなどで分類する事がほとんどですが、同書は「内容が恐ろしい絵」というくくり。おのずと展覧会でも16世紀から20世紀まで、さまざまな作品が展示されています。

多くの死体を描いたゴヤによる版画《戦争の惨禍》のように、見るだけで恐怖を感じる作品もありますが、むしろ興味深いのは、ちょっと見ただけでは恐ろしさが分からない作品。会場入口近くの《オデュッセウスに杯を差し出すキルケー》も、近づく男たちを魔術で動物に変えてしまう恐るべき魔女。先に犠牲になった豚が右下に転がっています。

兵庫展は1フロアでしたが、上野の森美術館は2フロア。会場に入るとまず2階に進み、その後に1階と、上野の森美術館の通常の順路とは逆の進み方で、「神話と聖書」「悪魔、地獄、怪物」「異界と幻視」「現実」「崇高の風景」「歴史」の6章による構成です。


会場風景

主要作品の前には「中野京子's eye」パネルも設置。なぜこの絵が怖いのが、歴史や神話の世界にも踏み込んで解説されます。

お目当ての《レディ・ジェーン・グレイの処刑》は会場の最後。251×302cmという巨大な作品です。描かれた場面については展覧会場でご覧いただくとして、ここでは「再発見」のエピソードを。1928年にテムズ川が氾濫しテートギャラリーが浸水。いくつかの作品とともに、この作品も消失したと思われていましたが、1973年になって収蔵庫の大きな台の下から見つかりました。

忘れられていたのは、アカデミズムの画風や主題が古めかしい事もありました。修復されてナショナルギャラリーに戻り、現在ではまた多くの人に愛されています。

東京展も10月27日に10万人を突破、平日でも入場まで待ち時間が出る盛況ぶりです。週末の開館時間が延長となり、土曜日は9時~20時、日曜日は9時~18時、平日は10時~17時です。(開館時間はさらに変更される可能性もあります)。

混雑状況は公式ツイートで確認できます。もちろんチケットは、事前の購入をおすすめいたします。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年10月6日 ]

怖い絵 泣く女篇怖い絵 泣く女篇

中野 京子 (著)

角川書店
¥ 734

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■怖い絵 に関するツイート


 
会場上野の森美術館
開催期間2017年10月7日(土)~2017年12月17日(日)
所在地 東京都台東区上野公園1-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.kowaie.com/
展覧会詳細へ 「怖い絵」展 詳細情報
取材レポート
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
京都国立博物館「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」
「国宝」展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
東京国立博物館「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」
「運慶」展
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
画家の眼がとらえた美
画家の眼が@ホキ美
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」
[エリアレポーター]
文楽と朝鮮通信使
エリアレポーター 京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
[エリアレポーター]
「国宝」
エリアレポーター あべのハルカス美術館「北斎-富士を超えて-」
[エリアレポーター]
北斎・富士を超えて
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト 特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意
開館120周年記念 特別展覧会 国宝 古代アンデス文明展 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社