インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち

表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち

■交差点から、それぞれの道へ
ヴァシリー・カンディンスキー(1866-1944)とジョルジュ・ルオー(1871-1958)。後年の作品にはあまり接点が感じられませんが、20世紀初頭には互いの活動に関心を寄せていました。二人の画家を関連付けた初めての企画展が、パナソニック 汐留ミュージアムで開催中です。
展覧会は今夏、宮城県美術館で行われた「ルオーのまなざし 表現への情熱」展の巡回展。パナソニック 汐留ミュージアムのルオー・コレクションと、宮城県美術館蔵のカンディンスキーやクレーの作品に加え、他館からの貴重なドイツ表現主義作品も紹介しつつ、天才画家の歩みを展観していきます。

第1章は「カンディンスキーとルオーの交差点」。カンディンスキーによる《商人たちの到着》は展覧会のメインビジュアル。油彩ではなくテンペラ画で、故郷・ロシアへの憧憬が込められています。ルオーも出品していた1905年のサロン・ドートンヌで展示されました。


第1章「カンディンスキーとルオーの交差点」

第2章は「色の冒険者たちの共鳴」。パリで生まれたフォーヴィスムの一員と見なされていたルオー(ただ、自身は特定の画派への定義付けを嫌っていました)。同じ1905年にドイツで結成された芸術グループが「ブリュッケ」です。自然への回帰を志向し、原始的な風景やヌードなどをモチーフにしました。

ブリュッケと並びドイツ表現主義を代表する存在が、カンディンスキーを中心としたグループ「青騎士」。作家の内面に重きを置いたため、カンディンスキーは後に現実世界の描写から離れ、純粋な色彩だけの構成に向かいます。

ここにはクレーの作品も展示されています。クレーとカンディンスキーは、ともに1900年にミュンヘンの王立アカデミーに入学。互いに良き理解者でした。


第2章「色の冒険者たちの共鳴」

第3章は「カンディンスキー、クレー、ルオー ─ それぞれの飛翔」。第一次世界大戦の勃発によりドイツ表現主義は終了しますが、戦後になると画家たちはそれぞれの道を歩みました。

カンディンスキーはバウハウスのマイスターに就任。教育の傍ら制作活動を進め、幾何学的なモチーフの抽象画に到達します。

クレーもバウハウスのマイスターとなり、カンディンスキーの同僚に。具象とも抽象ともいえない、独自の詩的な作品世界を突き詰めていきます。

一方、ルオーは一貫して具象を追及。幾層にも絵具を乗り重ねた深淵な宗教画に至りました。


第3章は「カンディンスキー、クレー、ルオー ─ それぞれの飛翔」

残念ながらこちらのページではルオーの作品がありませんが(著作権存続作家のため)、本展で一番多いのはルオー。初期から最晩年まで、数々の作品が並びます。会場でお楽しみください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年10月16日 ]

TOKYO美術館 2017-2018TOKYO美術館 2017-2018

 

エイ出版社
¥ 1,296


■パナソニック 表現への情熱 に関するツイート


 
会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2017年10月17日(火)~12月20日(水)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://panasonic.co.jp/es/museum/
展覧会詳細へ 表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち 詳細情報
取材レポート
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
京都国立博物館「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」
「国宝」展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
東京国立博物館「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」
「運慶」展
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
画家の眼がとらえた美
画家の眼が@ホキ美
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」
[エリアレポーター]
文楽と朝鮮通信使
エリアレポーター 京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
[エリアレポーター]
「国宝」
エリアレポーター あべのハルカス美術館「北斎-富士を超えて-」
[エリアレポーター]
北斎・富士を超えて
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト 特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意
開館120周年記念 特別展覧会 国宝 古代アンデス文明展 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社