インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  古代アンデス文明展

古代アンデス文明展

■9つの文化を紹介
南米大陸の太平洋岸で発展したアンデス文明。時間的には約5000年間、距離は南北4000km、標高差4500mに及び、巨大で複雑な文明の全体像を把握するのは容易ではありません。いまだに多くの謎が残る古代アンデス文明を、黄金製品や土器、ミイラなどの約200点の貴重な資料で紹介する展覧会が、国立科学博物館で開催中です。
古代アンデスといえば、ナスカの地上絵と、マチュ・ピチュで知られるインカ、一般的にはこのぐらいと思います。本展では9つの文化を紹介。日本ではあまり知られていなくとも、アンデス文化史では重要な位置を占める文化にも焦点を当てました。

アンデスに人類が到達したのは、紀元前1万3000年頃。カラル文化(紀元前3000年頃~前2000年頃)では、未焼成の土偶を使った儀式が行われていたようです。

紀元前1300年頃~前500年頃のペルー北部山岳地域で興ったのがチャビン文化。石彫の神像は、石造りの壮大な建造物がつくられた後の文化にも繋がります。

モチェ文化(紀元200年頃~750/800年頃)は、ユニークな彩色土器が見もの。ナスカ文化(紀元前200年頃~紀元650年頃)もほぼ同時期ですが、北と南に離れている事もあって、文化的には異なります。


序章「人類のアンデス到達とその後の生活」、1章「アンデスの神殿と宗教の始まり」、2章「複雑な社会の始まり」、3章「さまざまな地方文化の始まり」

続いて、インカ帝国の基礎になった文化について。

ティティカカ湖周辺で発展したのが、高度な石造建築技術を持つティワナク文化(紀元500年頃~1100年頃)。ワリ文化(紀元650年頃~1000年頃)も同じ高地で共存。儀式で用いられたと見られる巨大な壺や鉢が目をひきます。

日本人考古学者の島田泉教授が発見したシカン文化(紀元800年頃~1375年頃)。優れた金属精錬技術から、黄金の装飾品が生み出されました。


4章「地域を超えた政治システムの始まり」

アンデス文明の最後は、二つの勢力の覇権争い。北部ではシカンの衰退後にチムー王国(紀元1100年頃~1470年頃)が台頭。発展し続けたアンデスの先住民文化の頂点に達したのがインカ帝国(紀元15世紀前半~1572年)ですが、わずか168名のスペイン人の侵略によって崩壊してしまいました。

時代に沿った文化の紹介はここまでですが、最終章は古代アンデス文明の身体観について。長い間、旧大陸と隔絶されていたこの地には、独自の身体加工の風習が見られました。幼児期から人工的に行われる頭蓋変形、頭骨に穴を開ける頭蓋穿孔術、そして極端に乾燥した地域ゆえのミイラなど、私たちとはかなり異なる文化が見てとれます。


5章「最後の帝国―チムー王国とインカ帝国」、「6章「身体から見たアンデス文明」

展覧会は、1994年に国立科学博物館で開催した「黄金の都シカン発掘展」以来、2012年「インカ帝国展‐マチュピチュ『発見』100年」まで5回の展覧会を開催してきた「TBSアンデス・プロジェクト」の集大成。かなり広範囲ですが、これさえ見れば古代アンデスの概略はバッチリです。

展覧会は全国巡回。東京展の後は2018年3月21日(水)~5月6日(日)に新潟県立万代島美術館は決定。その後も2019年9月まで各地を巡回する予定です。会場と会期は判明次第、こちらでご案内いたします。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年10月20日 ]

古代アンデス 神殿から始まる文明古代アンデス 神殿から始まる文明

大貫 良夫 (著), 加藤 泰建 (著), 関 雄二 (著)

朝日新聞出版
¥ 1,512

料金当日(一般・大学生):1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■古代アンデス文明展 に関するツイート


 
会場国立科学博物館
開催期間2017年10月21日(土)~2018年2月18日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://andes2017-2019.main.jp/andes_web/
展覧会詳細へ 古代アンデス文明展 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
ゴッホ展
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
国立新美術館「新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」
新海誠
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」
安藤忠雄
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
千葉市美術館「没後70年 北野恒富展」
北野恒富
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」
[エリアレポーター]
あこがれの明清絵画
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- FACE/わたしとあなた ―アフリカン・マスクから舟越桂まで
古代アンデス文明展 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社