インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

■憧れたのは「幻の日本」
日本でも毎年のように展覧会が開催されている、人気のフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。今回は「ファン・ゴッホと日本」をテーマに、オランダのファン・ゴッホ美術館と日本側の共同研究で展覧会が実現しました。東京都美術館で開催中です。
パリで浮世絵に出会ったゴッホ。西洋絵画には無い色づかいや構図に魅せられ、自身の作品に取り込んでいきます。

顕著な例が《花魁(溪斎英泉による)》。第1章「パリ 浮世絵との出逢い」に、早速登場します。

原本は、書籍に出ていた溪斎英泉の《雲龍打掛の花魁》。印刷の際に左右が反転したため、ゴッホの作品も逆向きです。模写とはいえ、色彩感覚やモチーフの処理は、ゴッホならではの解釈です。

第2章は「アルル 日本の夢」。1888年2月、喧騒のパリから南フランスのアルルに移ったゴッホ。陽光と色彩にあふれたこの地に、日本のイメージを重ね合わせました。

第3章は「深まるジャポニスム」。アルルでの生活を重ねる中で、ゴッホはさらに日本に傾倒します。平面的な色面、はっきりとした輪郭線と、浮世絵からの影響が顕著です。


第1~3章

続いて「日本人のファン・ゴッホ巡礼」。図録では5章ですが、先に登場します。

ゴッホで1890年に死去。没後20年ほど経つと、日本でのゴッホ受容が始まります。当初は白樺派の人々が中心でした。

大正から昭和になると、渡仏した日本人は、ゴッホが没したパリ北部のオーヴェールへ。ゴッホの最期を看取った医師、ポール=フェルディナン・ガシェの家が、聖地のようになりました。

展覧会では、ガシェ家に残された日本人の芳名録が初来日。里見勝蔵、佐伯祐三、前田寛治らの名前が見てとれます。

最後は、4章「自然の中へ 遠ざかる日本の夢」。ゴーガンとの共同生活が破綻したゴッホ。日本人の共同生活をモデルに芸術家の共同体をつくるという夢はかないませんでした。

ただ、その後の作品を見ても、自由な空間構成などに、日本美術からの影響が感じられます。


第5章、第4章

日本を訪れた人との接触はあったものの、ゴッホ自身は日本を訪れた事はありません。また、日本に対するイメージも、ピエール・ロティの小説「お菊さん」(やや偏見に満ちた描写もあります)などの影響を受けており、必ずしも正確ではありません。

ゴッホが憧れ続けた日本は、ゴッホの頭の中にしか無かったのは、やや皮肉にも感じれます。

北海道立近代美術館で始まった本展、東京展の後は、京都国立近代美術館に巡回します(2018年1月20日~3月4日)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年10月23日 ]


料金一般当日:1,600円、他有り
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 に関するツイート


 
会場東京都美術館
開催期間2017年10月24日(火)~2018年1月8日(月)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://gogh-japan.jp
展覧会詳細へ ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
ゴッホ展
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
国立新美術館「新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」
新海誠
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」
安藤忠雄
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
千葉市美術館「没後70年 北野恒富展」
北野恒富
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」
[エリアレポーター]
あこがれの明清絵画
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- FACE/わたしとあなた ―アフリカン・マスクから舟越桂まで
古代アンデス文明展 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社