インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ミュージアム・キャラクター 人気投票 〜表彰ページ〜

ミュージアム・キャラクター 人気投票 ~表彰ページ~

45日間に及ぶ人気投票で第1位に輝いたのは、
10656票中2025票を獲得した、利長くん(高岡市立博物館)でした!

第1位 利長くん

利長くん高岡市立博物館
>応援コメントをよむ

館からのコメント
この度、当館のマスコットキャラクター「利長くん」が、本サイトの人気投票において栄えある1位となりました!心から嬉しく、本当にビックリしています。投票にエントリーされた35のキャラは、本サイトに関わる約7,000もの館からランダムに選ばれたとのこと。エントリーされたこと自体がもはや奇跡的です。その上で1位にならせていただきまして、市民をはじめ、利長くんを愛してくれている全ての人たちが、乱舞して狂喜していることであろうと存じます。今改めて、支持者様からのありがたい応援メッセージを読み返してみて、熱いものがこみ上げてまいりました。
振り返りますと、1ヶ月半にもわたる激戦でした。特に中盤戦までは、日々順位が入れ替わり、ハラハラドキドキの毎日でした。参院選より長い(!)この闘いを勝ち抜けさせていただきまして、自称・選対委員長としてホッとしております。そして種々ご協力いただきました皆様には、改めて深く感謝申し上げます。また、「ぱれたんとむら田」くん、「ドルティ」ちゃんをはじめとした、かわいいライバルたちにも、心よりお礼を申し上げ、健闘を讃え合いたいと思います。
さて、当館は富山県第2の都市・高岡市の歴史・文化を分かりやすく紹介しております。そして市内には「万葉の歌枕」となった名勝や、日本百名城・高岡城跡、国宝・瑞龍寺など貴重な文化財・史跡が豊富にあります(詳しくは「徹底レポート」をご覧になってください)。
皆さま是非とも高岡にお越しになってください!利長くんがお出迎えし、高岡の魅力を紹介いたしております。

(高岡市立博物館学芸員 仁ヶ竹 亮介)

第2位 ぱれたんとむら田: 府中市美術館

ぱれたんとむら田府中市美術館
>応援コメントをよむ

館からのコメント
たくさんの応援ありがとうございました。
応援してくださったみなさんに、ぱれたんとむら田について、もう少しご紹介 したいと思います。
ぱれたんは、絵の国のぱれたん島(じま)に住んでいます。浮島なので、美術館にも現れることがあります。去年の「ぱれたんの大冒険」展の時に初めて現れ 、そこでは誰でも楽しく絵を描けると大評判になりました。気になるのはむら田 の住まいですが、むら田は多くを語らないので、私たち美術館職員にもよく分か りません。もしかしたら、ぱれたん島に一緒に住んでいるのでしょうか?
二人の性格ですが、いつも分かりやすく絵の説明をしてくれるぱれたんは、そ の饒舌ぶりを見るに、ちょっぴり目立ちたがり屋の妖精のようです。一方、むら田は、恥ずかしがり屋。そのため、なかなか表舞台には現れず、ぱれたんより2年 遅れで登場しました。しかし、登場するやいなや、たちまち大人気となり、道場 や浮世絵屋さんまで開き、今やぱれたんと人気を二分しています。熱狂的なファ ンがいるのもむら田の特徴です。
なお、むら田の人気急上昇にぱれたんが焦りを感じているという噂もあるよう ですが、対照的な性格の2人は、とても仲良しなので、ご心配なく。
最後に、ぱれたんとむら田からもお礼を言わせてください。

(ぱれたん)みんな、応援ありがとう! また絵の国でみんなに会えるのを楽しみにしているよ。これからもよろしくね。
(むら田)第2位だなんて、びっくりしました。とてもうれしいです。

第2位 ドルティ: 横浜人形の家

ドルティ横浜人形の家
>応援コメントをよむ

館からのコメント
こんにちは!横浜人形の家のドルティが3位になりました!応援していただいた皆様、ありがとうございました。これからも皆様に愛されるドルティ&横浜人形の家になるよう頑張りますので、よろしくお願いします!そしてこの機会に、ぜひ横浜人形の家にお越しいただければと思います。
さて、横浜人形の家って何?という方のために、当館の紹介をさせていただきます。
横浜人形の家は、世界141カ国・約1万4千点の人形と人形に関する資料を所蔵する博物館で、1986年6月に開館しました。2010年2月に展示室内をリニューアルし、人形に触れるコーナーや図書コーナー、5ヶ国語対応パネルの設置なども行い、これまで以上に楽しめるようになりました。
展示としては、常設展示と企画展示があり、当館のコレクションを紹介する常設展示では、日本各地の様々な郷土人形を始め、人間国宝平田郷陽の作品やからくり人形、雛人形など貴重な人形を展示しています。また、世界141ヶ国の民族人形も展示しており、人形を通して世界中の文化に触れることができます。企画展示室では、年間数回趣向を凝らした展示を実施、「2010APEC横浜開催記念 海を渡った人形たち ~青い目の人形が結んだ国際交流~」(2010年9月11日(土)~11月28日(日))のような、魅力的な企画展を展開しています。
さらに、人形劇やコンサートを開催する劇場、横浜土産が揃うショップ、日本唯一のエスプレッソを提供するカフェなども併設、子どもから大人の方までゆっくり楽しんでいただける施設になっています。

こんな魅力一杯の横浜人形の家、一度遊びに来ませんか?ドルティも待ってるよ!
── これまで登場したミュージアムキャラクター ──

ひょんたん
 ミューくん
海都くん
 「ヒメいよ」と「イーヨ」
 カーゴ君
トロベー
モマたん
ペキタ
 スーパーおうむ君
ムッピー
ごりごりくん
雲太くん、出雲ちゃん
シジ丸とナウミン
 ギボちゃん
山内兎之進(通称:やまぴょん)
カハクン
はに坊
チヨマツ
 リンカちゃん
イベちゃん・ントちゃん
かもめのももちゃん
 カワシロウ
 壬雷(みらい)ちゃん
フェライトマン
はまびーくん
ヨコズガコウサクさん
 ヒストくん
マミュー
クリンちゃん
ドキットくん、ハテナちゃん
ミトちゃんとポン太

東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
京都国立博物館「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」
「国宝」展
東京国立博物館「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」
「運慶」展
東京富士美術館「遥かなるルネサンス」
遥かなるルネサンス
サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信」
狩野元信
根津美術館「ほとけを支える ― 蓮華・霊獣・天部・邪鬼 ―」
ほとけを支える
堺 アルフォンス・ミュシャ館「あこがれ アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々」
あこがれ ミュシャ
千葉市美術館「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」
鈴木春信
横浜美術館 / 横浜赤レンガ倉庫1号館 / 横浜市開港記念会館(地下)ほか「ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」」
ヨコトリ2017
国立新美術館・森美術館「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」
サンシャワー
ホキ美術館「画家の眼がとらえた美」
画家の眼が@ホキ美
岡田美術館「歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会―」
深川の雪・吉原の花
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 東京藝術大学大学美術館「素心伝心 ─ クローン文化財 失われた刻の再生」
[エリアレポーター]
クローン文化財
エリアレポーター あべのハルカス美術館「北斎-富士を超えて-」
[エリアレポーター]
北斎・富士を超えて
エリアレポーター 大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」
[エリアレポーター]
文楽と朝鮮通信使
エリアレポーター サントリー美術館「天下を治めた絵師 狩野元信」
[エリアレポーター]
狩野元信
エリアレポーター 京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
[エリアレポーター]
「国宝」
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポーター 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 開館120周年記念 特別展覧会 国宝 江戸の琳派芸術 画人繚乱
ハイチアート展 デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」 神道の形成と古代祭祀 新・NIPPON展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社