坂田一男展(仮)


東京ステーションギャラリー

〒 100-0005
東京都 千代田区 丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前

公式サイト

期間

2019年12月07日~2020年01月26日
 [開始まであと19日]

内容

日本人画家の中で他に先駆けて抽象画の論理を体得し、絵画空間を自在に操る作品を生んだ坂田一男(1889-1956)の東京で初の大規模個展。

第一次世界大戦後の1921年に渡仏し、同時代のアヴァンギャルドの技術をたちまち血肉化して帰国した坂田は、故郷の岡山でひっそりと研鑽を積んでいました。造形作家の岡﨑乾二郎氏の監修の下、作品に秘められた起爆力を解き放ちます。

休館日

月曜日(1月13日、20日は開館)、12月29日~1月1日、1月14日

アクセス

JR東京駅 丸の内北口 改札前

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる