没後100年 辰野金吾と美術のはなし


東京ステーションギャラリー

〒 100-0005
東京都 千代田区 丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前

公式サイト

期間

2019年11月02日~2019年11月24日
 [開始まであと42日]

内容

東京駅の建築家、辰野金吾(1854‐1919)が没して2019年で100年を迎えます。

辰野金吾は唐津藩(現・佐賀県唐津市)に生まれ、明治政府が設立した教育機関・工学寮の第一回生として1873(明治6)年入寮します。卒業後は教育者として後進を育成しつつ、在野の建築家として数々の建築を手がけ、その生涯をかけて日本の建築界の礎を築きました。

近年の研究では辰野が建築における美術教育の重要性をうったえ、美術界と関係が深かったことが注目されています。

本展では、辰野が受けた教育や渡欧中の影響、またこれまで紹介されることの少なかった洋画家・松岡壽(1862‐1944)との交友関係から、辰野の人物像に迫ります。

料金

一般 500円 / 大高生 300円 / 中学生以下 無料

休館日

会期中無休

アクセス

JR東京駅 丸の内北口 改札前

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる