インターネットミュージアム
インターネットミュージアム > MUSEUM ACTION > Rerort > 福島美術館
取材・寄稿レポート
震災関連リンク
  日本博物館協会
  全国科学博物館協議会
  美術館連絡協議会
  全国美術館会議
  日本動物園水族館協会
  ICOM(国際博物館会議)日本委員会
情報募集中
東日本大震災におけるミュージアム関連情報の投稿をお待ちしています。
  action@museum.or.jp

福島美術館

震災で建物が損傷し、修繕のために全国に募金を呼びかけていた福島美術館。MUSEUM ACTIONの第2回レポートでご紹介したが、2012年12月19日に無事に再オープンとなった。再開までの道のりについて、再び学芸員の尾暮まゆみさんに伺った。(取材:2013年4月3日)

再オープンした福島美術館
再オープンした福島美術館

館内の展示
館内の展示

支援者の名簿が並ぶ
支援者の名簿が並ぶ


皆さまから寄せられた寄付金は、最終的には約700万円です。止むにやまれずはじめた活動でしたが、思いもよらぬ反響で大きな支援をいただくことになり、本当に感謝しています。

修繕の費用は1,300万円程度だったので、県からの補助を入れても予算的には不足していました。全国から寄せられた多くの厚意を重く受け止め、不足分については運営母体(社会福祉法人 共生福祉会)が捻出して、無事に再開することができました。

本当に多くの方から支援していただきました。ツイッター、Facebook、ブログ…いろいろなツールで拡散してもらったおかげで、福島美術館を全く知らなかった方にも広まっていったようです。もちろんリピーターの方も気にかけていただき「どうなったか気になって…」と来館された方も多数いらっしゃいました。

おかげさまで、再オープンした最初の展覧会「めでた掛け」は、とても多くのお客様に来館いただきました。ただ、正直に言うと、最初に賑わうのは予想していました。本当の正念場はこれからです。広く寄付を募ったので、今まで福島美術館を知らなかった方も見に来るでしょう。その時に「なんだ、この程度なの?」と落胆させるわけにはいきません。そう考えると、寄付って怖いですね。無数の方にチェックされているわけですから。身が引き締まる思いです。





             

Copyright(C)1996-2014 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所、編集・制作/ (株)丹青社