インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  学芸員募集の掲示板  >  咸宜園教育研究センター研究員(非常勤嘱託職員)の募集について

学芸員募集の掲示板

前を見る 前を見る 次を見る
[NO.4014] 咸宜園教育研究センター研究員(非常勤嘱託職員)の募集について
会社・団体名 日田市教育庁咸宜園教育研究センター
担当者 採用担当
勤務地(都道府県) 大分県
勤務先(館名) 日田市教育庁世界遺産推進室(咸宜園教育研究センター内)
TEL 0973-22-0268
FAX 0973-22-0268
情報の公開日 2018年7月20日
一言PR 近世日本最大規模の私塾であった咸宜園の世界遺産登録及び日本遺産としての普及啓発に携わっていただく方を募集しています。勤務地は国史跡咸宜園に併設している咸宜園教育研究センターです。
仕事内容 近世日本最大規模の私塾であった咸宜園について、調査研究及び関係資料の収集、公開等を行っている咸宜園教育研究センターにおいて、咸宜園を含む「近世日本の教育遺産群」の世界遺産登録推進のための調査研究その他事務、また日本遺産に認定されている「近世日本の教育遺産群」についての普及啓発等を行う仕事です。
雇用形態 その他
勤務時間 【勤務日】1ヵ月17日間(シフト制で土・日・祝日勤務があります)
・原則8:30~17:00
・時間外勤務なし
休日・休暇 次に掲げる休暇を取得できます。
①有給休暇・・・・・・10日間
②忌引休暇・・・・・・3日間(父母、配偶者又は子に限る)
③休日、年末年始の休暇、勤務を要しない日(一般職に準じる)
④公務災害・・・・・・適用あり

有給休暇の説明:原則として労働基準法に準ずる。雇用期間に応じ         て下記のとおり。
○6月と1日~1年6月・・・・・・・・10日間
○1年6月と1日~2年6月と1日・・・・11日繰越分
○2年6月と1日~3年・・・・・・・・12日繰越分(11日限度)
※6月を越
応募資格 (1)近世日本の教育遺産群や世界遺産登録推進活動・日本遺産の普及啓発活動に意欲のある人(年齢、性別は問いません。)

(2) 普通自動車運転免許を有し、次のいずれにも該当する人
・学校教育法による大学または大学院で歴史学(特に日本近世史)、国文学(特に日本近世漢学)、中国文学、建築史学、民俗学もしくはこれらに類する課程を専攻し、卒業(修了)した者
・博物館法に基づく学芸員資格取得者
・業務遂行に必要なPCスキル(MS Word、MS Excel等)を有し、実務ができる者※Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Adobe InDesignの基本操作が出来ればなお可
・すぐにでも勤務が可能な者

(3)地方公務員法第16条に該当しない人(次のいずれにも該当しない人)
・成年被後見人、被保佐人(準禁治産者を含む。)
・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの人又はその執行を受けることがなくなるまでの人
・日田市において懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない人
・日本国憲法施行日以後において、憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人
給与 給 与:月額18万円
諸手当:通勤手当は通勤距離に応じて支給します(ただし片道2km以
上に限る)※上限16,400円
時間外手当なし、期末勤勉手当なし、退職金なし、その他手当なし。
待遇 【福利】雇用保険、社会保険(健保・厚年)、介護保険(40歳~65歳未満)加入。定期健康診断あり ※加入条件を満たす場合に限ります。
応募方法 1.選考方法
①第1次選考(事前審査)
提出された書類により選考を行います。

②第2次選考
第1次選考合格者に面接試験を行います。
詳細については第1次選考合格通知時に別途連絡します。

2.提出書類 ※応募された書類の秘密は保持されますが、原則として返却されないことを予め御了承願います。
     
第1次選考に必要な書類
・履歴書(市販のもので可、自筆押印、写真貼付) 1通
・業績目録等(査読論文、総説、著書、その他に分類して記載する)
※主要著書及び論文の写し(3編以内)。また職歴、業績がない場合は不要です。
     
その他
最終合格者には、大学(院)の卒業(修了)証明書等の写し、また学芸員資格を証明する書類の写しの提出を求めます。

3.採用予定者の決定及び発表
①第1次選考結果
文書にて合格者にのみ本人宛に通知します。ただし、電話およびEメールにより通知することがあります。
②第2次選考結果
文書にて本人宛に通知します。ただし、電話およびEメールにより通知することがあります。

4.応募締切:採用が決定するまで随時募集
提出書類を入れた封筒の表に「咸宜園教育研究センター研究員応募書類在中」と朱書きの上、下記連絡先へ郵送してください。なお、持参による提出も受け付けます。
     
連絡先:日田市教育庁世界遺産推進室
〒877-0012
大分県日田市淡窓2-2-18
TEL 0973-22-0268
E-mail sekaiisan__at__city.hita.oita.jp
   ※__at__ は @ に置き換えて下さい
掲載日だけの変更は禁止です。募集期限が過ぎた場合は、再度投稿してください
編集(パスワードが必要です)
前を見る 前を見る 次を見る
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社