インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  学芸員募集の掲示板  >  独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所アソシエイトフェローの募集(日本美術史)

学芸員募集の掲示板

前を見る 前を見る 次を見る
【この募集情報は有効期限を過ぎました】
[NO.4054] 独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所アソシエイトフェローの募集(日本美術史)
会社・団体名 独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所
担当者 研究支援推進部管理課総務係 安川
勤務地(都道府県) 東京都
勤務先(館名) 東京文化財研究所
TEL 03-3823-2244
FAX 03-3823-4939
メール yasukawa30@tobunken.go.jp
詳細ページURL http://www.tobunken.go.jp/japanese/recruit.html
情報の公開日 2018年8月10日
有効期限 2018年9月7日
一言PR 東京文化財研究所は、独立行政法人国立文化財機構の1施設です。国立文化財機構は4つの国立博物館(東京、京都、奈良、九州)、2つの文化財研究所(東京、奈良)、アジア太平洋無形文化遺産研究センターの7つの施設で構成されています。
当研究所は、1930(昭和5)年に開設された帝国美術院附属美術研究所を母体とします。研究所の概要につきましては、下記よりURLからご確認ください。
http://www.tobunken.go.jp/japanese/gaiyo/gaiyo.html
仕事内容 (1)職務内容
 独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所文化財情報資料部の調査研究業務、特に『日本美術年鑑』編集刊行事業の遂行。
業務の詳細については,ホームページ(http://www.tobunken.go.jp)を参照してください。
(2)募集分野
 日本美術史
雇用形態 契約
勤務時間 月~金(週5日)
9:45~17:45(1日7時間,週35時間)
休憩時間1時間(12:00~13:00)
休日・休暇 休 暇 等:年次有給休暇、夏季休暇、特別休暇等があります。
休   日:土・日曜日、祝日・休日、年末年始(12月29日~1月3日)
※必要に応じ超過勤務、休日勤務等の可能性があります。
応募資格 応募資格
(1)大学院修士の学位を有する者,若しくはこれと同等の専門知識・研究能力を有する者。
(2)「応募条件」を満たす者。

応募条件
 (1)古代から現代に至る国内外の美術に関する広範な知識を有すること。
(2)データベースのデータ編纂業務の経験を有することが望ましい。
(3)校正等の刊行物の編集業務経験を有することが望ましい。
給与 ①年俸4,680,000円
・年俸の12分の1の額を毎月17日に支給します。
②その他手当等
・該当時に支給される手当
通勤手当(月55,000円上限)、超過勤務手当、休日給及び夜勤手当を支給します。
待遇 採用予定日:平成30年11月1日付
身   分:アソシエイトフェロー
年 限 等:契約期間は1年。ただし、双方の合意により、採用日から5年を限度として契約期間を更新する可能性があります。
保 険 等:厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険加入。
応募方法 応募手続
(1)応募書類
・履歴書(別紙様式1 写真貼付のうえ必ず押印のこと。)
・研究業績調書(別紙様式2)
・国内外での活動歴(別紙様式3)
・レポート:東京文化財研究所が刊行する『日本美術年鑑』の意義及び改良点について(別紙様式4)(2,000字程度,PC入力可)
・最終出身大学院の修了証明書(外国語で記載されている場合は日本語訳を添付。)
・成績証明書(大学学部以上のすべて。)(同上。)
・学位証明書(博士学位取得の場合提出。)(同上。)
・主たる論文の抜粋、著書、図録等 3篇以内
 冊子不可。冊子の場合は必ずA4片面コピーをとったものを提出すること。
 修士・博士論文等提出時は,日本語で4,000字以内のレジュメを添付すること。
・TOEIC等の語学検定取得年月および点数等を履歴書(別紙様式1)の「語学欄」、「他の外国語欄」に記載し、公式認定証の写を添付すること。
(2)応募締め切り
平成30年9月7日(金)17時必着
提出書類を入れた封筒の表に「文化財情報資料部AF 応募書類在中」と朱書きの上、提出期限までに書留便等にて郵送してください。なお、持参による提出も受け付けます。
(3)応募書類提出先
〒110-8713 東京都台東区上野公園13-43
独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所 研究支援推進部管理課総務係
(4)応募書類は原則として返却しませんのでご了承ください。(全ての個人情報は、当法人の法人文書等管理規程に基づき厳正に管理します。当公募の応募書類は審査以外の目的に使用しません。)

応募書類は、当所HPをご確認いただき、所定様式等をダウンロードしてください。
http://www.tobunken.go.jp/japanese/recruit.html

選考方法
(1)第1次選考
  提出された書類により選考を行います。
(2)第2次選考
 ・第1次選考合格者に対して,筆記試験(小論文および英語)と面接試験を実施します。
 ・実施日:平成30年9月19日(水)を予定。なお、試験時間等詳細については,第1次選考合格通知時に別途連絡します。

選考結果の通知
(1)第1次選考結果
 9月13日(木)までに文書にて合格者にのみ本人へ通知します。ただし、電話およびEメールにより通知することがあります。
(2)第2次選考結果
 9月27日(木)までに文書にて本人へ通知します。ただし、電話およびEメールにより通知することがあります。


問い合わせ先
独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所 
研究支援推進部管理課総務係 安川 政和
電話:03-3823-2244,メールアドレス:yasukawa30@tobunken.go.jp
掲載日だけの変更は禁止です。募集期限が過ぎた場合は、再度投稿してください
編集(パスワードが必要です)
前を見る 前を見る 次を見る
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社