インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  町田市立国際版画美術館「パリに生きた銅版画家 長谷川潔展」

町田市立国際版画美術館「パリに生きた銅版画家 長谷川潔展」

文 [エリアレポーター]新井幸代 / 2019年3月8日
開館当時、日本で唯一の版画を中心とした美術館として設立された、町田市立国際版画美術館。
現在、「パリに生きた銅版画家 長谷川潔展 ‐はるかなる精神の高みへ‐」が開催中です。


企画展入口
通常の銅版画では、銅版を引っ掻いた凹みにインクが入り、それをプレスして移し取ることで刷りますが、メゾチントでは全体にまくれを作ってから、それを削ることでインクがのらない部分を作っていきます。
つまり、一般的な描き方とは逆に、全体の色を濃くしてから薄い部分を作っていきます。

1922年頃からのメゾチント制作の初期の頃では、交差線による下地を用いていたのが特徴です。
刷り上がりに際して、あえてその線が残るように薄暗い仕上がりになっています。


長谷川潔《摩天楼上空のポアン・ダンテロガシオン号〔ニューヨーク上空の〕》1930年 メゾチント
メゾチントは英語で半調子という意味ですが、長谷川はフランス語でマニエル・ノワール(黒の技法)と呼ばれることを主張したそうです。

1950年代末から60年代末に制作された静物画では「黒の技法」にふさわしい、深遠な漆黒の世界が表現されています。


長谷川潔《窓辺の花瓶》1952年 メゾチント
加えて、静物画に描かれた対象物には、小鳥は長谷川自身を、魚は物質を、といったようにそれぞれ意味が与えられているそうで、画面の色調に相乗した哲学的作品になっています。


長谷川潔《ジロスコープのある静物画》1966年 メゾチント
たとえ、絵に描かれた物の意味が分からずとも、心の深い静かな部分に訴えかけてくる何かがありました。

両者の制作年代の間には、風景はドライポイント、レース模様はアクアチント、コップに挿した枯れ草はエングレーヴィングなど、主題を通して表現したいものが活きるように、それぞれの銅版画技法が選択されている印象を受けました。


長谷川潔《一樹(ニレの木)》1941年 ドライポイント


長谷川潔《二つのアネモネ》1934年 アクアチント


長谷川潔《コップに挿した枯れた野花》1950年 エングレーヴィング

また、本展では長谷川が渡仏する以前に日本で描いた作品から晩年の作品までに加えて、フランスで交流のあったシャガールやピカソ、長谷川が影響を受けたルドン、更には長谷川に影響を受けた駒井哲郎などの作品も展示されています。

一部に多色刷り、手彩色の作品はありますが、モノクロの静かな世界観が心地良く、心を静めてくれる展示でした。


会場町田市立国際版画美術館
開催期間2019年3月9日(土)~2019年4月7日(日)
休館日月曜日
開館時間平日は、10:00~17:00、土・日・祝日は17:30まで(入館はそれぞれ、閉館の30分前)
所在地東京都町田市原町田4-28-1
042-726-2771
HP : http://www.hanga-museum.jp/
料金一般 600円、大・高生 300円、65歳以上 300円、小・中学生以下は無料
展覧会詳細へ 「パリに生きた銅版画家 長谷川潔展 ―はるかなる精神の高みへ―」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
新井幸代 新井幸代
興味の幅が広いため、美術館だけでなく、自然科学・歴史系の博物館も好きです。
直感の趣くまま、観たいな、良いな、と思った展覧会をレポートしていきたいとおもいます。
ブログ:~No Love, No Museum.~
http://ameblo.jp/nolove-nomuseum/

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社