インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  横浜美術館「Meet the Collection ― アートと人と、美術館」

横浜美術館「Meet the Collection ― アートと人と、美術館」

文 [エリアレポーター]新井幸代 / 2019年4月14日
横浜美術館で開催されている、開館30周年を記念した展覧会は、質、量、内容のどれをとっても圧倒されるものでした。

通常は企画展、コレクション展とに分かれて使用される展示室をフルに使い、日本画、洋画、版画、彫刻、写真に映像など400点以上のコレクションを、7章構成で展示しています。
そのうち、4人のゲスト・アーティストと学芸員の方が協同で創り上げた展示室は、アーティストの作品とコレクション作品との取り合わせの妙により、展示に相乗効果を与えていました。

ゲスト・アーティストの1人、淺井裕介さん。
今回のために制作された《いのちの木》は、円形の展示室の壁面をぐるっと囲むように描かれていました。


淺井裕介《いのちの木》2019年(展示風景) 土、ペンキ、アクリルレジン、水、板


《いのちの木》部分
そして、ミロ、シャガール、駒井哲郎、武井武雄といった所蔵品の中から、植物、動物、神話、夢といったキーワードで選ばれた作品が、淺井さんの絵の一部であるかのように、縦横無尽に配置されていました。


左)水船六州《牧神》1973年 多色木版/中)マックス・エルンスト《子供のミネルヴァ》1956年 油彩、カンヴァス/右)駒井哲郎《笑う幼児》1973年 アクアチント
淺井さんが描いたものを1つ1つ観ていけば、無邪気で可愛らしいものも多いのですが、全体ではプリミティブで力強いエネルギーに満ちていて、見守られているかのような感覚になりました。

また、もの派(木、石などをほぼ未加工のまま組み合わせ提示)の菅木志雄さんの『放囲空』は、コンクリートブロックと石を組み合わせた作品です。
コンクリートブロックに乗せられた石の質量が不思議と軽く感じました。


菅木志雄《放囲空》2018/2019年(展示風景) 石、セメントブロック
菅さんにとって「つくる」とは、『すべてのものは、すでに在るのだ』。
その言葉から作品タイトルを読むと、コンクリートで区切られた内部だけでなく、その外側も含めた空間全体が作品なのでは?と思えてきました。

そこで、『放囲空』を囲む、菅さんが選んだという所蔵品に目を向けると、金属なのに重さを感じさせない作品だったり、ヌケ感のある作品だったりを選ばれていて、ご自身の作品とメタ構造になっているようにも感じられました。


ウラジーミル・タトリン《コーナー・反レリーフ》1915年(1979年再制作) 鉄、アルミニウム、亜鉛、他
その他、女の情念と怖さが引き立つ束芋さん、シュルレアリスムの所蔵作品の豊富さを堪能出来る今津景さんとの展示室も見逃せません。


今津景《Repatriation》2015年(展示風景) 油彩、カンヴァス
もちろん、その他の展示室もバラエティに富み、新たな見方で作品を堪能することができました。


ルネ・マグリット《王様の美術館》1957-58年 油彩、カンヴァス
来館するたびにお気に入りの作品が見つかり、そこから興味も世界も拡がります。
コレクションの魅力が最大限に引き出された、横浜美術館をまるごと楽しめる展示でした。


会場横浜美術館
開催期間2019年4月13日(土)~2019年6月23日(日)
休館日木曜日(5月2日(木・休)は開館)、5月7日(火)
開館時間10:00~18:00 ※毎週金・土は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
所在地神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
045-221-0300
HP : https://yokohama.art.museum/special/2019/MeetTheCollection/
料金一般 1,100円、大学・高校生 700円、中学生 500円、65歳以上 1,000円(要証明書、美術館販売所でのみ対応)、小学生以下は無料
展覧会詳細へ 「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
新井幸代 新井幸代
興味の幅が広いため、美術館だけでなく、自然科学・歴史系の博物館も好きです。
直感の趣くまま、観たいな、良いな、と思った展覧会をレポートしていきたいとおもいます。
ブログ:~No Love, No Museum.~
http://ameblo.jp/nolove-nomuseum/

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
国立新美術館「DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに」'
DOMANI
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート あべのハルカス美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展
奇蹟の芸術都市バルセロナ デザインあ展 in SHIGA 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社