インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  エリアレポート バックナンバー

エリアレポート バックナンバー

作者の観察眼、技巧、ものづくりへのこだわりと執念…まさに驚異、超絶技巧の名にふさわしい展覧会でした。・・・by tomokoy
取材:2019年2月4日 
今年は北斎没後170年。これを機会に、北斎の新たな一面を垣間見てはいかがでしょうか。…by 新井幸代
取材:2019年1月30日 
植物への熱は、朝顔の形を変化させたり、菊細工を作るなど多様な園芸スタイルを生み出しました。...by コロコロ
取材:2019年1月24日
川崎市多摩区にある「藤子・F・不二雄ミュージアム」の「みんなのひろば」がリニューアルしました。・・・by 松田佳子
ノグチは、日本の血を受け継ぎながらも、常にアメリカという外側で日本を見てきました。・・・by 松田佳子
取材:2019年1月11日 
過去の素晴らしい作品を見るだけではなく、現代建築家の工夫で、魅力が倍増しています。..by カワタユカリ
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」 取材:2019年1月11日 
今回は、美術、ランドスケープ、図書館、工芸、家具デザインなど総合的に紹介され今までにない試みです。..by コロコロ
展覧会では、浮世絵の初期から幕末までの約200年間の作品を公開。浮世絵の変遷を一望できる大パノラマです。...by コロコロ
取材:2018年12月7日 
白で統一され、廃墟の跡のリセットされた世界のように「終わりのむこうへ」を感じさせます。...by 新井幸代
帝室技芸員たちの名作の数々。彼らの描く日本の自然の美をじっくりと楽しめる展覧会でした。・・・by 松田佳子
取材:2018年12月8日 
日本女性の美を考える時、国籍や性を超え、多様な美を受け入れられる社会の創生が必要だと感じました...by コロコロ
取材:2018年11月22日 
故郷の山口県を中心に活躍し、2013年に亡くなった吉村芳生。今回の展覧会が中国・四国地方以外では初の個展です。・・・by 白川瑞穂
見る人が自らその世界に参加せずにはいられない。エッシャーの魅力はそこに尽きるなぁ・・・by tomokoy
取材:2018年10月26日 
《叫び》はもちろん一生に一度見ておきたい作品ですが、それ以外にも見どころの多い展覧会です。・・・by 松田佳子
取材:2018年11月12日 
その場所に、その瞬間建っていること。そんなシンプルな美しさを感じました。...by 新井幸代
異国情緒あふれるアール・デコの世界に浸れる素敵な展示でした。・・・by 松田佳子
取材:2018年10月15日 
宮廷から認められたほどの教養人であったルーベンスは、豊富な知識をもとに教義を人々に絵画で表現していきました...by 松田佳子
取材:2018年10月26日 
完成品としての霧作品を見ていた私に「それだけではないんだよ」と肩を叩かれたようです。...by カワタユカリ
取材:2018年10月29日 
江戸から明治の転換によってもたらされた大変革の遺産が、国立科学博物館に大集結。その数はなんと600以上です。....by コロコロ
取材:2018年10月19日 
珍しく茶杓に着目した展覧会。茶杓は人と人を繋ぐコミュニケーションツールでもありました。…by 白川瑞穂
取材:2018年10月23日 
国民的画家と謳われた東山魁夷の画業の全貌をたどる大回顧展が開催。2022年まで拝観できない障壁画を間近で見るチャンスです。....by コロコロ
取材:2018年10月19日 
スポットライトに浮かび上がる貴重本。さながら闇夜に瞬く星の煌きのような存在感です。…by 新井幸代
取材:2018年10月4日 
フェルメールの面白さはその穏やかな光景の裏側に隠された寓意を知ることでもあります。…by 松田佳子
取材:2018年10月1日 
現代美術に大きな影響を与えたマルセル・デュシャンの考える芸術とは何だったのでしょうか。…by 松田佳子
ルーブルの数々の名品に問いかけながら、平成最後の芸術の秋のひとときを楽しんでみませんか。…by 白川瑞穂
取材:2018年9月25日 
近年注目度急上昇のナビ派の代表的な画家であるボナール。芸術の秋に足を運んでみてはいかがでしょうか。…by 松田佳子
取材:2018年9月28日 
敬虔なカトリック教徒だったルオーの作品はキリスト教的なものがほとんどです。…by 松田佳子
取材:2018年9月21日 
対照的な淡い色調の絵と、サブタイトルの”暮らしを芸術に変えた”とは何を意味するのかに惹かれ、足を運びました。...by 新井幸代
取材:2018年9月7日 
突破記念⁉そんな勢い衰えないタイトルを掲げているのは、・・・漫画家永井豪さんです。...by カワタユカリ
「明治維新150年NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」」 取材:2018年7月27日 
ドラマファン、歴史ファン注目の展覧会、東京からの巡回でいよいよ大阪にやってきました!…by 白川瑞穂
取材:2018年7月30日 
藤田の人生にはたくさんの逸話があります。どれが本当の藤田だったのでしょう。…by 松田佳子
取材:2018年7月22日 
ルドンと言えば、奇妙な目玉。その目は、何を見ているのでしょう。描いた目や視覚に注目してみます...by コロコロ
取材:2018年6月29日 
須田さんの作品は、本物の花や雑草のようで、いつまでも眺めていたくなります。...by カワタユカリ
取材:2018年6月29日 
色を見つめて楽しみ、もっと知る。展覧会を見た後では、色の持つ意味が違って見えて世界が広がりそうです…by 白川瑞穂
取材:2018年6月29日 
「過ごした時間、経験を逃さないように」撮影したと、川島さんは言います。...by カワタユカリ
取材:2018年6月1日 
ただただ見事なだけでなく、季節や物語、能の主題など奥深いものでした。....by 松田佳子
モデルがこの世を去ったのちも、今ここに残されているというのは不思議な気持ちになります・・・by 松田佳子
取材:2018年4月27日 
ジョルジュ・ブラックをご存知ですか?フランスで国葬が行われるほどの著名人だったようです。....by コロコロ
取材:2018年4月27日 
大きな画面に激しい筆跡とは裏腹に、小柄な女性。目の前に現れた時は、ギャップに驚きました。...by カワタユカリ
十人十色の戯画の世界を心ゆくまで堪能する!ゆる~い人間表現に注目です!...by 胤森由梨
取材:2018年4月13日 
年に1回、恒例展示を毎年鑑賞する楽しみ。《燕子花図屏風》の展示は、この季節の風物詩です....by コロコロ
取材:2018年4月6日 
円山応挙、伊藤若冲に並ぶ18世紀京都画壇三巨匠の一人、池大雅。85年ぶりとなる過去最大規模の大回顧展です…by 白川瑞穂
取材:2018年3月30日 
江戸期の風俗画・浮世絵に近代美人画の源流を探りながら明治中期、昭和戦前期までの美人画を集めた展覧会…by 松田佳子
取材:2018年3月26日 
京都府画学校と日本画、そして超絶技巧がブームの明治の工芸を軸にした展覧会...by 白川瑞穂
取材:2018年3月23日 
今でこそ美術館だけでなく、いろいろな場面でヌードの表現を見ますが、皆さんはどのように感じますか?...by 松田佳子
取材:2018年3月6日 
師であるアンリ・マティスに「この男は色彩を持っている」と称賛された青山義雄...by 松田佳子
取材:2018年3月9日 
よく無表情を「能面のよう」と例えますが、滅相もない!驚くほどのバリエーションがあります...by カワタユカリ
取材:2018年3月13日 
人体を理解するために先人たちは何をしてきたのでしょう。過去と今、そして未来に向けて人体の新たな探索に出発です...by コロコロ
取材:2018年2月23日 
漱石が酷評した《寒月》に注目。屏風は写真で見るのと、美術館で見るのとは全く違います...by コロコロ
取材:2018年2月23日 
グランプリをはじめとして9点の受賞作を含む71点の作品が展示されていました...by 松田佳子
作曲家の山田耕筰や画家の有島生馬、藤田嗣治などに可愛がられたという東郷青児...by 胤森由梨
取材:2018年1月19日 
私たちがゴッホを愛するように、ゴッホもまた日本の美術や文化を愛しました...by 白川瑞穂
取材:2018年1月20日 
万博記念公園にて開館し、今年度で開館40周年を迎える国立国際美術館...by 胤森由梨
取材:2018年1月12日 
将来を嘱望される中堅作家5人を選んで開催している、恒例の展覧会です...by 松田佳子
取材:2018年1月12日 
洋食器ファンなら「アポニ―・グリーン」はおなじみ? 知る人ぞ知る感じでしょうか?...by コロコロ
取材:2018年1月12日 
近代化へと向かう幕末から明治にかけて活躍した“最後の浮世絵師”です。...by 胤森由梨
取材:2017年12月19日 
彼を知る多くの人は、森羅万象を探求した「研究者」としてとらえてきました。...by コロコロ
取材:2017年12月15日 
ヒョウ柄パンツ、バンダナ、ドヤ顔、そしてこのポーズ。ひょっとすると、あの方?...by 白川瑞穂
取材:2017年11月4日
世界中の名画が一挙大集結!誰もがお気に入りを見つけられる?美術マニア必見の...by 胤森由梨
取材:2017年11月17日 
都心から車で一時間半、写実絵画だけを取り上げた特徴のある美術館が、ホキ美術館です...by 松田佳子
「中国絵画の中に、日本美術のルーツがある!」と思って鑑賞すると、一歩近づいてきた気が...by コロコロ
神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」 ボストン美術館の多ジャンルの作品の展覧会は、日本では実に約40年ぶりです。...by 白川瑞穂
国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」 取材:2017年10月20日 
浮世絵が影響を与えたという解説を断片的に見てきましたが、一堂に会して鑑賞できるとは!...by コロコロ
取材:2017年10月6日 
ぼんやりと見つめていると、自分の心の中にある感情や情景が浮き上がってくるような気がします...by 松田佳子
取材:2017年10月5日 
海外では“The Great Wave”で親しまれている北斎。北斎の大波をモチーフにした商品が多く生産され...by 胤森由梨
取材:2017年10月2日 
展示作品すべてが国宝!豪華すぎて夢のような展覧会が京都国立博物館でいよいよスタートしました...by 白川瑞穂
取材:2017年9月19日 
質を均一化した狩野元信。グループ化、効率化、受注拡大、ビジネスのヒントがみつかるかも...by コロコロ
取材:2017年9月29日 
人形浄瑠璃文楽と朝鮮通信使。大阪が誇る二つの文化遺産を館蔵品で展観します...by 白川瑞穂
失われゆくシルクロードの遺跡をクローンとして蘇らせたプロジェクトです...by 松田佳子
取材:2017年8月9日 
幅広い収集品は、異文化を正確に伝えたいというシーボルトの願いからきています...by 胤森由梨
取材:2017年8月21日 
幸せな場所には必ず色彩があり、色彩のない場所には生物は住めないと語る...by 胤森由梨
取材:2017年7月21日 終了
怪談にお化け屋敷、絶叫マシーン・・・怖いものはお好きですか?...by 白川瑞穂
取材:2017年7月28日 終了
2015年に創建1250周年を迎えた西大寺。記念事業の一環として開催されている展覧会...by 白川瑞穂
取材:2017年7月21日 終了
謎の多い画家ですが、尾形光琳をはじめファンが多い雪村。過去最大規模の回顧展です...by 胤森由梨
取材:2017年7月14日 終了
入り口が3つあり、700を超える島々と複雑な海底地形を持つ瀬戸内海には、多様な生物が生息しています...by 胤森由梨
取材:2017年7月7日 終了
故ダイアナ妃の執務室に吉田の版画が飾られていたことが知られている為、版画家と思われることが多いかも...by 松田佳子
取材:2017年7月17日 終了
約四半世紀ぶりに来日した「バベルの塔」。ウィーン美術史美術館にある「バベルの塔」と比較してご紹介...by 胤森由梨
取材:2017年6月5日 終了
「画壇の悪魔派」と揶揄されながらも、画壇の改革を起こそうと奮闘したのが、今回の主人公、北野恒富...by 胤森由梨
取材:2017年6月3日 終了
写実のための必要品だった絵画は、正確に記録できるカメラが発明されることによりその意義が問われてきました...by 松田佳子
取材:2017年5月19日 終了
ボスの世界観は諸外国に知れ渡るほど人気を博し、ブリューゲルを始め多くの画家がボスを真似た作品を作りました...by 胤森由梨
取材:2017年5月4日 終了
世界幸福度で常に上位にランキングされているデンマーク。日常を過ごす家具や調度品はどのようなものでしょうか。...by 松田佳子
コンセプチュアル・アートの旗手。ユーモラスな作品ばかりで、思わず笑みがこぼれます。...by 胤森由梨
取材:2017年4月25日 終了
穀物などを蒸す甑(こしき)。穴の開け方には地域性があります...by 胤森由梨
中村屋の創業者夫妻に庇護された中村彜。相馬家の長女、俊子との結婚は叶わずに...by 松田佳子
取材:2017年4月21日 終了
長い年月をかけて形造られ、現代の私たちの目の前に美しく不思議な姿で現れる鉱物や化石...by 白川瑞穂
取材:2017年4月14日 終了
近代日本の貿易拠点であった横浜市にある美術館と、京都服飾文化研究財団(KCI)がコラボした...by 松田佳子
取材:2017年4月7日 終了
木の仏像にはどれも温かみがあって、表情も柔らかく、とても穏やかな気持ちにしてくれます...by 白川瑞穂
取材:2017年4月3日 終了
かたや冷静で、かたや情熱的な対照的な二人は描くテーマも大きく異なっていますが、...by 胤森由梨
取材:2017年3月17日 終了
大藤範里氏が50年にわたって収集してきたコレクション。お気に入りの一品を探してみました...by 胤森由梨
取材:2017年3月18日 終了
20世紀を代表するふたりの巨匠。共通する友人が多く存在していたものの、親しく交わることは...by 松田佳子
取材:2017年3月13日 終了
日本画と洋画、同じ時代を生きた芸術家として、お互いに影響を受けないはずはありません...by 松田佳子
国内過去最大規模の原画展。会場にはビアトリクスの部屋を再現した展示スペースもあります...by 胤森由梨
他に見たことのない独自のの世界観なのに、なぜか親しみを感じるのは、画家と日本との距離感が近いからでしょうか...by 白川瑞穂
取材:2017年1月27日 終了
ちょっぴり不気味、なんだかよくわからない。妖艶だけど、濃厚というよりはドライで冷たい誘惑の眼差しに捉えられ...by 白川瑞穂
京都で悉皆屋(呉服のプロデューサー)を営む裕福な家庭に生まれ育った梅原龍三郎(1888-1986)。若干20歳で渡仏し...by 胤森由梨
取材:2016年12月22日 終了
ギリシャ国内40カ所以上の国立博物館群から厳選された300件を超える貴重な作品が一堂に展示される、かつてない...by 胤森由梨
取材:2016年12月16日 終了
約450年前に侘茶を大成した千利休の求めに応じて長次郎が生み出した樂茶碗。樂茶碗の技は一子相伝で大切に守られ...by 胤森由梨
これまで台北にある國立故宮博物院から貸し出されることのなかった神品《青磁無紋水仙盆》...by 胤森由梨
取材:2016年11月30日 終了
フランスでは、「バンド・デシネ」と呼ばれるマンガ文化があり、これらは絵画のように...by 胤森由梨
取材:2016年11月18日 終了
海外でも人気が高く、世界のムナカタと称される板画家(はんがか)、棟方志功の回顧展...by 白川瑞穂
取材:2016年11月7日 終了
今年、開館80周年を迎える大阪市立美術館が、約8400件にものぼるコレクションの中から...by 胤森由梨
取材:2016年10月21日 終了
1400年代から1630年代までのヴェネツィア・ルネサンスの作品を中心に、約60点の名画が...by 胤森由梨
取材:2016年10月14日 終了
日本で最も人気のある歴史上の人物のひとり、坂本龍馬の没後150年を記念した展覧会です...by 白川瑞穂
取材:2016年9月28日 終了
和食が世界遺産に登録された今、乾山コレクションを一堂に公開する展示が開催されています...by 白川瑞穂
名品を選りすぐり、宝飾デザインの軌跡と豊かなインド文化を概観するインドジュエリー展...by 白川瑞穂
取材:2016年10月3日 終了
生誕300年を迎える伊藤若冲の展覧会が、ゆかりの地である京都で開催されています。...by 胤森由梨
取材:2016年9月16日 終了
当時まだ女性の職業画家が少なかった時代に、数々の困難を乗り越えて画家となる意思を貫いた...by 胤森由梨
取材:2016年9月16日 終了
神戸発展の基礎を築いた実業家、松方幸次郎が作品の収集を開始した年からちょうど100年、ゆかりの地である神戸で...by 胤森由梨
取材:2016年9月7日 終了
現在ではネガティブなイメージもある「見世物」という言葉ですが、以前は私たちの生活の近くにある...by 胤森由梨
取材:2016年7月27日 終了
今年、生誕300年を迎え、ますます人気沸騰中の伊藤若冲。今、京都の細見美術館で、当館や京都の若冲ゆかりの...by 白川瑞穂
ゴッホやマティスの作品をアメリカの公共美術館として初めて購入した、デトロイト美術館のコレクション...by 胤森由梨
取材:2016年6月3日 終了
国が指定する重要文化財の茶の湯釜すべてが集結し、茶の湯釜以前の湯釜から茶の湯釜の発展まで...by 胤森由梨
取材:2016年4月8日 終了
日記をつづるように作品を描き続けた天才ピカソ(1881-1973)。20世紀最大の造形革命(キュビスム)を創始し...by 胤森由梨
エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡
ラファエル前派
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
東京国立博物館「特別展 美を紡ぐ
日本美術の名品
三井記念美術館「鎌倉禅林の美 円覚寺の至宝」'
円覚寺の至宝
東京国立博物館「国宝
国宝 東寺
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
森アーツセンターギャラリー「ムーミン展」
ムーミン展
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
国立西洋美術館「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ
ル・コルビュジエ
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
サントリー美術館「information
左脳と右脳
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
奈良国立博物館「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」
[エリアレポート]
藤田美術館展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
インターネットミュージアム アルバイト募集中
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 特別展 「恐竜博 2019」
特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」 ムーミン展 六古窯 ― 〈和〉のやきもの
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社