インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  あべのハルカス美術館「北斎-富士を超えて-」

あべのハルカス美術館「北斎-富士を超えて-」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2017年10月5日
海外で熱烈なラブコール、The Great Waveが日本に凱旋!

海外では“The Great Wave”で親しまれている北斎。
北斎の大波をモチーフにした商品が多く生産され、おしゃれなアイコンとして熱烈なラブコールを受けています。
誰が見ても「あ!北斎や!」と認識できるほどの強烈な個性を放つ北斎の晩年の作品を紹介する展覧会が、あべのハルカス美術館にやってきました。(先日、イギリスの大英博物館で開催され、今秋、大阪にも巡回してきました)


右から、北斎改為一筆《富嶽三十六景 山下白雨》(天保1-4(1830-33)頃)、北斎改為一筆《富嶽三十六景 神奈川沖浪裏》(天保1-4(1830-33)頃)、北斎改為一筆《富嶽三十六景 凱風快晴》(天保1-4(1830-33)頃)。

北斎といえば《富嶽三十六景》を始めとする版画が有名ですが、晩年には肉筆画も多数描いています。
当時の版画は版元に雇われて仕事をするというのが主流でしたが、肉筆画は版元を仲介しないため、比較的自由に作品を制作できました。

年齢とともに、より熟成した素晴らしい作品を描くことができるはず、と自分の限界に線引きをせず、気の向くままに自由に挑戦し続けた北斎。
大英博物館の学芸員ティモシー・クラーク曰く、北斎の意志は落款にも表れていたそうです。北斎はimmortality(不死)を表す「百」という落款を晩年の87〜89歳時に描いた作品に用いました。自分が90歳で死ぬとは考えていなかったようです。

自らの限界に挑み続けた北斎の晩年の作品を少しご紹介します。


北斎改為筆《富嶽三十六景》(天保1-4年(1830-33)頃)

富士山をいろんなアングルで描いた《富岳三十六景》は、当時中国から輸入された化学顔料であるベロ藍と伝統的な藍の両方を併用し、空の濃淡を見事に表現しています。

真ん中上部の《富嶽三十六景 隠田の水車》(天保1-4年(1830-33)頃)を見てみましょう。ゴボゴボと流れる水が水車に乗ってどんな動きを見せるのか、北斎は水の流れに執心しているようです。

画面左下には亀をお散歩させている男の子もいたりして、とても楽しい一枚になっています。


前北斎為一筆の《横大判花鳥図》(天保2-3(1831-32)頃)

北斎は色数を最低限に絞り、一本一本“線”にこだわって花を表現しています。
右から二番目の《芥子》(天保2-3(1831-32)頃)やその隣の《牡丹・蝶》(天保2-3(1831-32)頃)では、北斎の十八番である風の表現が見て取れます。花や葉っぱが左から、右から風に押されてうねっています。


右から、葛飾応為《関羽割臂図》(弘化-嘉永期(1844-54)頃)、葛飾応為《月下砧打ち美人図》(弘化-嘉永期(1844-54)頃)

実は北斎は二度結婚し、二番目の妻との間にできた娘、お栄もまた画家でした。「応為」というのは彼女の画号で、応為は北斎晩年の数十年を北斎の近くで過ごしたと言います。
現在、北斎のものとされる作品の中にも応為の筆致が見られる作品が多数存在することから、作品の落款が北斎であったとしても、応為が描いた作品もあるのでは、と言われています。

《関羽割臂図》では、中国の武将関羽が敵の毒矢に当たり、骨の一部を取り除く手術が行われている場面が描かれています。
手術を受ける当の本人は右腕を切られながらも涼しい顔をして囲碁をしていますが、立ち会う人々はその光景を見ていられないといった様子で、目を背けています。

最後に展覧会風景をご紹介します。



会場全体は和をイメージした作りになっています。

今は北斎作とされる作品も、研究が進めば応為との共同制作ということが明らかになるかもしれません。
北斎の晩年の作風と応為の作風を見比べて、これって応為との共同かも?と思って作品を見ていくと新たな発見があるかもしれません。

会場あべのハルカス美術館
開催期間2017年10月6日(金)~11月19日(日)
休館日10月10日(火)・16日(月)・23日(月)・30日(月)・31日(火)
開館時間火~金 / 10:00~20:00、月土日祝 / 10:00~18:00
所在地大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階
06-4399-9050
HP : http://hokusai2017.com/
料金一般 1,500円、大学・高校生 1,000円、中学・小学生 500円
展覧会詳細へ 「北斎-富士を超えて-」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きなアートライターです。美術鑑賞に関わる仕事を広げていきたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です! ブログ「たねもーのアート録」http://tanemo-art.com/

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社