インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  ディズニー・アート展《いのちを吹き込む魔法》

大阪市立美術館「ディズニー・アート展《いのちを吹き込む魔法》」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2017年10月13日
ディズニーをアートな視点で見る!ミッキーマニア垂涎の作品が大阪に大集結!
ディズニーアート展が絶賛開催中ですよ。

世界の第一線で活躍する巨匠、スティーヴン・スピルバーグ監督もディズニーの大ファンとして知られ、「僕の映画の先生はデビッド・リーン、黒澤明、スタンリー・キューブリック、そしてウォルト・ディズニーだ」と述べています。

これほどまでに人々を惹きつけてやまないディズニー・アニメーションはどのようにしてキャラクターに「いのちを吹き込む」魔法をかけていくのでしょうか?
その謎にせまる展覧会が大阪市立美術館で開催中です。

私がこの展覧会で一番気になったのは「コンセプト・アート」。
この言葉を耳にしたことはあるでしょうか。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオでは、アニメーションを作る前に、アニメーターそれぞれが、あるコンセプトに基づいて自分のイメージするキャラクター像(性格や動作、ルックスなど)を描いたデザイン画を出し合います。
このデザイン画のことを「コンセプト・アート」というのですが、この「コンセプト・アート」を描く段階こそ、ディズニー・アニメーションにいのちが吹き込まれる最初の瞬間といえるのではないでしょうか。

中には、実際のアニメーションではボツになった作品も展示されているので、一点一点じっくりとご覧ください。ディズニーファンにとっても、そうでなくてもとても貴重な機会になるかと思います。


©Disney

1920年代映画がサイレント(無声映画)から動きと音が完全にシンクロしたトーキーへと移り変わる技術革新の最中、ディズニー・アニメーションとしては第一作目となる《蒸気船ウィリー》が公開されました。
写真の右のほうで上演されています。

《蒸気船ウィリー》は、「動き」に対応した「音」が流れるという点でまさに革新的でした。
これまではただの絵の動きにすぎなかったものが、音を伴うことによって、よりリアルになり、アニメーション文化の飛躍的な向上に寄与したことは間違いないでしょう。


©Disney

《白雪姫》はディズニー・スタジオが初めて制作した長編のアニメーション映画。
「コンセプト・アート」にぜひご注目ください。

実は、「コンセプト・アート」段階では、白雪姫を赤髪にするという案もあったそうです。


©Disney

ディズニー・アニメーションでは、1950年代に入ると、ベテランのアニメーターに加え、新進気鋭のアーティストたちが加わり、「コンセプト・アート」も多様化していきます。

《不思議の国のアリス》を担当したメアリー・ブレアの「コンセプト・アート」は色鮮やかでとってもおしゃれです。メアリー・ブレアはディズニー時代に、カラー・スタイリストとしてコンセプト・アートを数多く手がけましたが、ディズニーを退社後、1964年に開催されたニューヨーク万国博覧会で『イッツ・ア・スモールワールド』のデザインも手がけています。


©Disney

J・L・ド・ボーモン原作の『美女と野獣』がディズニー・アニメーションの手によって、ミュージカルになりました。

《美女と野獣》のコーナーでは、実際にはボツになったコンセプト・アート」が展示されています。
ボツになったコンセプト・アートは諸事情により撮影できませんでしたが、この作品では「野獣」が、マントヒヒ(なんと!)をモデルに描かれているので是非ご覧ください。
あの野獣に見慣れている私たちからすると、「マントヒヒがモデルの野獣」はなかなか斬新です・・・。

最後に展覧会風景をご紹介します。


©Disney

展覧会入り口でまずお出迎えしてくれるのが、「いのちを吹き込む」最初の場所、アニメーターズ・デスクです。


©Disney

こちらは《わんわん物語》(1955年)のストーリー・スケッチや背景画を紹介するコーナーです。
犬のラブストーリーをテーマにした《わんわん物語》はアメリカで「最もロマンチックな作品100」に選ばれたこともあるそうです。

本展覧会では、ディズニー・アニメーション初期のミッキーマウスから、最新作の《モアナと伝説の海》に至るまでの450点以上の原画が展示されています。

ディズニーの「いのちを吹き込む」魔法をぜひ会場でご体感ください。

会場大阪市立美術館
開催期間2017年10月14日(土)~2018年1月21日(日)
休館日月曜日(12月25日、1月8日は開館)、12月28日(木)~1月2日(火)、1月9日(火)
開館時間9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
所在地大阪市天王寺区茶臼山町1-82
06-4301-7285
HP : http://www.ytv.co.jp/da-osaka/
料金一般 1,600円、大学・高校生 1,200円
展覧会詳細へ 「ディズニー・アート展《いのちを吹き込む魔法》」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きなアートライターです。美術鑑賞に関わる仕事を広げていきたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です! ブログ「たねもーのアート録」http://tanemo-art.com/

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
根津美術館「江戸の茶の湯
江戸の茶の湯
東京国立博物館
人、神、自然
出光美術館
やきもの入門
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
Bunkamura
リヒテンシュタイン
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて
特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 カラヴァッジョ展 富野由悠季の世界 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
11/29 10時 投票スタート!
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社