インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画」

静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2017年10月27日
中国絵画ってどんなイメージ?
「あこがれの明清絵画」と言われてピンときますか? 中国絵画というと漢字が並ぶ作者名。何て読めばいいのかわかりません。墨画は白黒の世界で、面白みに欠けるなんて声を聞いたことも・・・


左右ともに作者「張瑞図」……「ちょうずいと」と読みます  共に重要文化財
左:《松山図》  明・1631年(崇禎4年)すうてい・・・・デフォルメされた山 円山応挙、文字を大きく模写
右:《秋景山水図》明(17c)・・・・晩年の作・・・・「奇想派」「変形主義」の特徴が見える

みんな夢中になった?
明清画は、若冲も夢中になったと書かれています。応挙や谷文晁も・・・ 河野館長も中国で自己紹介される時は、漢字、三文字。流暢な中国語の発音で披露されました。


若冲そっくりの屏風の正体は?

《花鳥図屏風》佚山黙隠(いつさんもくいん) 東京国立博物館にて撮影
※本展の展示作品ではありません

これは、東博で見た佚山黙隠の作品。沈南蘋(しんなんぴん)に学び、若冲との関連が注目されていると解説されていました。沈南蘋に学んだ画家は、若冲みたいな絵を残していたのです。それほどの影響力を持っていた沈南蘋をはじめとする明清絵画の展示が静嘉堂文庫美術館で行われています。


トークショーとブロガー内覧会開催
東京大学東洋文化研究所・情報学環教授の板倉聖哲先生、河野元昭館長、青い日記帳の中村氏によるトークショーのあと、内覧会に参加しました。板倉先生は「辻先生、河野先生に学んでこんなになってしまいました」と笑いを交えて解説。ギャラリートークでは、饒舌館長も真っ青の(?)トーク炸裂。時間、一杯解説していただきました。


これぞ沈南蘋の作品
メインビジュアルの《老圃秋容図》は、猫が目を引きます。沈南蘋は日本に訪れ1年10カ月長崎に滞在し指導しました。その間、弟子が描く油絵のような作風に影響を受け変化します。派ができるほどなのに真筆が少ない中、この作品は年紀も明確、混じりけのない沈南蘋エッセスがつまった貴重な作品です。


《老圃秋容図》沈南蘋 清時代 1731年

沈南蘋を模倣した谷文晁派
谷文晁の画塾・写山楼では、この絵が模写されました。作品の後ろ、ガラスケースの中に展示されています。見比べると、どうも猫の様子が違います。強弱をつけて写されており、猫が的確に表現されているとのこと。

「北斎とジャポニスム」の展示でも、西洋は、ただ模写しただけではありませんでした。日本人も工夫を加えて模写しました。言葉でなく両者を見て感じて下さいと板倉先生。猫が追う虫の表現など、谷はポイントを的確にとらえているそう。


企画展は同時に連動して見るとより広がる
書籍は、同時進行で何冊も読むといいと聞きます。美術展もいくつか同時に見ると、重層的な理解につながると思いました。サントリー美術館の「狩野元信展」で見たような絵だなと思いました。(左)


左:《花鳥図》明時代 16世紀、右:《虎図》明時代 16世紀

泉屋博古館分館で開催中の特別展「典雅と奇想」のテーマも、中国絵画です。するとそれらの裏に板倉先生の影がありました。「あそことあそこのあれが似てる」をつなげると思わぬ発見があり鑑賞の楽しみが増します。作者名が読めなくても「中国絵画の中に、日本美術のルーツがある!」と思って鑑賞すると、なじみにくかった中国絵画が、一歩近づいてきた気がしました。


会場静嘉堂文庫美術館
開催期間2017年10月28日(土)~2017年12月17日(日)
休館日月曜日
開館時間午前10時~午後4時30分(入場は午後4時まで)
所在地東京都世田谷区岡本2-23-1
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.seikado.or.jp/
料金一般 1,000円 / 大高生・身障者手帳をお持ちの方とその介助者1名 700円 / 中学生以下 無料
展覧会詳細へ 「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社