インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  ホキ美術館「第3回 私の代表作展」

ホキ美術館「第3回 私の代表作展」

撮影・文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2017年11月17日

写実絵画だけを取り上げた特徴のある美術館が、ホキ美術館です。都心から車で一時間半、千葉市緑区の閑静な住宅街にひっそりと佇んでいます。



とても個性的な外観通り、中に入ってもおしゃれでゆったりとくつろげる空間でした。



今回はホキ美術館が「私の代表作」というテーマで写実絵画の作家さんに制作を依頼した、100号以上の新作のお披露目を取材してきました。

7名の作家の方々が集まられ、それぞれご自分の絵の前で作品への想いを語ってくださいました。



この美術館のこの壁でと、展示される場所と目的が明確だからこそ、いつもの作風と違うテーマにチャレンジされて制作された作家さんも多かったです。



ご自身の作品を語られる石黒賢一郎さん。上の写真はお嬢さんをモデルにした絵画に添えられたFRP素材の立体作品です。お嬢さんのユウキさんが搭乗して戦うグルアビベダだそうです。ご自身とそっくりです。



今回の作品は、ご自宅の敷地内の樹を連作したうちの1枚だと語る大畑稔浩さん。連作のその他の作品は、別室にありました。



野田弘志さんの作品は、ノーベル化学賞を受賞された野依良治先生です。野依先生のストイックな内面がみごとに写し取られたような作品でした。

いつも人物を描かれている島村信之さんは、クワガタ愛好家であるご自身のコレクションを自由な気持ちで楽しく描かれたこと、人物画はモデルの発する力とのせめぎあいだと語られた五味文彦さんなど、それぞれの想いを興味深く伺うことができました。

この展示会場では、作品の横にあるボタンを押すと解説が流れますので、ご来場の際は参考になさってみてください。

同じ作家さんの過去の作品が同美術館の他室にあるので、今回の作品と見比べるのもまた楽しいかと思います。



印刷物になった写実絵画は、残念ながら作家の個性を見分けることは難しいように思えます。私も今までは写実絵画といえば「写真みたいですごいな」という印象しかありませんでした。

けれどこれだけ多くの写実絵画作品を見ていくと、筆の運び方、絵具の塗り方、素材の使い方などそれぞれ個性が豊かで、それぞれの創意工夫がよくわかり、興味を持つことができました。

リアルな表現とは物事の本質を掘り下げていく努力ともいえるかもしれません。ぜひ実物を間近でご覧になってみてください。


会場ホキ美術館
開催期間2017年11月18日(土)~2018年5月20日(日)
休館日火曜日、12月30日~1月1日
開館時間10:00~17:30(入場は17:00まで。12月29日は16:30閉館)
所在地千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15
043-205-1500
HP : https://hoki-museum.jp/
料金一般 1,800円、高校生・大学生・65歳以上 1,300円、中学生 900円
展覧会詳細へ 「第3回 私の代表作展」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社