インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  大阪市立東洋陶磁美術館「唐代胡人俑 ― シルクロードを駆けた夢」

大阪市立東洋陶磁美術館「唐代胡人俑 ― シルクロードを駆けた夢」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2017年12月15日


展覧会の初めから、いきなり出てくるメインビジュアルの人物像がこちらです。


《加彩胡人俑》甘粛省慶城県 唐 開元18(730)年 穆泰(ぼくたい)墓出土 高50.0㎝ 慶城県博物館蔵

このポーズ、どこかで見憶えがありませんか?
もしや、昨年、YouTube発で、世界で大人気になったあの方?

実はこちら、1100年以上も前の唐の時代の中国でつくられた「俑(よう)」、墓の副葬用の陶製人形なのです。

2010年に中国の甘粛省・慶城県の墓から発見された、ユーモラスで独特な俑を日本で初めて公開する今回の展覧会。
東洋陶磁美術館の開館35周年を記念すると同時に、日中国交正常化45周年を記念して開催中です。

唐の時代、都の長安(現在の西安)とシルクロードをつなぐ交通の要所であった慶城県では、西方からやってきて中国文化に大きな影響を与えた胡人=ソグド人が多く活躍していました。
アジア系の民族とは異なるエキゾチックな風貌と斬新な風習を備えた胡人たちの存在は、当時の中国の人々に大変印象深く、彼らを生き生きと表現した副葬品が作られました。

それにしてもヒョウ柄のパンツ(むしろリアルヒョウ皮パンツ)にバンダナ、ドヤ顔、このポーズ・・・
関西人の私にはツッコミどころ満載なのですが、ラクダを引いている仕事中の姿で、決してふざけているわけではないのです。

こちらの俑もなかなか強烈な姿をしていますよ。


《加彩胡人俑》甘粛省慶城県 唐 開元18(730)年 穆泰(ぼくたい)墓出土 高54.0㎝ 慶城県博物館蔵

太鼓腹を出しちゃってます。謎です。
現在でも中国では夏の暑い日にシャツの前をはだけてお腹を見せる男性もいるそうで、唐の夏の風物詩でもあったのかもしれません。

続いては何とも言えない表情のこちら。


《加彩胡人俑》甘粛省慶城県 唐 開元18(730)年 穆泰(ぼくたい)墓出土 高48.0㎝ 慶城県博物館蔵

とても怖い顔をしているのですが、当時流行していた、漫才のようにボケとツッコミのある大道芸を行っている場面を表現した可能性があるそうで、ますます関西っぽいです!

これらの俑に共通して言えるのは、パッと見て独創的で斬新、ユーモラスな魅力にあふれているだけでなく、よく見ると顔のシワ・ひげ・肌など細部に至るまで繊細な表現がなされていること。

目力もすごいです。ぜひ実物をじっくりご覧ください。

また、この展覧会と並行して、現代アートの人物像を展示した「いまを表現する人間像」が開催されています。

時代も地域も様々な作家による、多彩な表現の人物像。


舟越桂《銀の扉に触れる》1990年 高 92.5cm 国立国際美術館

ニキ・ド・サンファル《アダムとイブ》1977年 38.4×22.0×12.0 アクリル、色鉛筆、パステル、プラスチック 国立国際美術館

シュテファン・バルケンホール《裸体像・女》1999年 162.0×29.5×29.5 アユース材、彩色 国立国際美術館

ここまで見てきた唐人胡人俑と全く違う表現に戸惑いますが、あえて比較して楽しむための企画です。

先ほどまでの胡人俑が、「誰が」「何をしているのか」の想像を膨らませてくれるのに対して、これらの作品は、「どんな人物なのか」という像の内面や存在意義を想像させてくれます。
またさらに「人間とは?」そして「自分とは?」と、その先を問われているようにも感じられるのです。

それぞれの展示ともに見ごたえがあり、あわせて観覧することで、倍以上の愉しみ方ができる展覧会です。
全ての作品が撮影可能なので、携帯の待ち受けにしたりSNSにアップしたりの楽しみもありますよ!

大いに笑い、ツッコミを入れ、感想や画像を共有して、素敵な冬のひと時をお過ごしください。



会場大阪市立東洋陶磁美術館
開催期間2017年12月16日(土)~2018年3月25日(日)
休館日月曜日(1/8、2/12は開館)、1/9(火)、2/13(火) 平成29年12/28(木)~平成30年1/4(木)
開館時間午前9時30分~午後5時 / 平成29年12/22(金)~12/24(日)は午後7時まで / 入館はいずれも閉館の30分前まで
所在地大阪府大阪市北区中之島1-1-26
06-6223-0055
HP : http://www.moco.or.jp/exhibition/upcoming/?e=440
料金一般 1,200円、高校生・大学生 700)円
展覧会詳細へ 「唐代胡人俑 ― シルクロードを駆けた夢」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
澄川喜一 そりとむくり'
澄川喜一
太田記念美術館「鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ―
鏑木清方と鰭崎英朋
目黒区美術館「越境者たち-BEYOND
越境者たち
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
未来と芸術
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
東京オペラシティ
白髪一雄
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
クラシックホテル展
クラシックホテル
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
モダンデザイン
エリアレポート 静嘉堂文庫美術館「『鉅鹿』発見100年 ─ 磁州窯と宋のやきもの」
[エリアレポート]
磁州窯
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」
[エリアレポート]
バルセロナ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」
[エリアレポート]
関根正二
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社