インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」

パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2018年1月12日
ハンガリーの名窯 王侯貴族が愛好したヘレンドの歴史

「ヘレンド」と聞いてどんな食器を思い浮かべますか? 洋食器ファンなら「アポニ―・グリーン」はおなじみ? 認知度は知る人ぞ知る感じでしょうか? そんなヘレンドの今に至る190年の歴史を俯瞰して見せる展覧会のプレス内覧会に参加しました。

展示は、時代とともに変わる経営者と作風の歴史を追った7章で構成。会場の壁は章ごとに色分けされているので目安になります。

先発のヨーロッパの名窯に遅れること100年 追いつくための秘策は?

ヨーロッパには「マイセン」「セーヴル」といった先行する名窯がありました。「ヘレンド」は100年遅れて出発。いかにして追いつくか、「補充・補修」を充実させるという道を切り開きます。磁器は必ず割れて欠損します。それを忠実に再現して提供することにしたのです。

▼カップの持ち手が取れ金属で補修(写真右) 絵付けはマイセン窯を彷彿とさせる

色絵金彩花束文ティーセット 1846年以降 ブタペスト国立工芸美術館

補修は自社の製品だけでなく他社のものまで引き受けるという大胆な戦略は大当たり! 壊れた他社製品を手元でじっくり研究できます。素材や技術など膨大なデータを蓄積して、同じような作風の磁器が制作できるようになりました。

▼風景画を描くセーヴルの絵付けを参考にした作品

《色絵金彩「バラトンフュレド風景」図コーヒーセット》1860年代 ブダペスト国立工芸美術館

▼今回の目玉展示の一つ、マイセン様式を忠実に再現した水差

《色絵金彩浮彫「水の寓意」飾り水差》(「4大元素シリーズ」より】1846年 ヘレンド磁器美術館

このように上流階級の間に伝わった芸術品の複製に乗り出し、技術を向上させながら、万博に出品して名声を手に入れます。修復品を納品する際、別添えで自社品を送るというビジネスセンスは、狩野元信がビジネス基盤を作った戦略を思い出させます。

超絶技巧は日本だけじゃない! ヘレンドの「透彫り」技術に驚愕

明治時代の超絶技巧が今、注目されています。それは日本人の器用さや繊細さによるものと、思っていました。ところが、遠くハンガリーの地で、超えてるかも! と思うような技術を目の当たりにしました。ヘレンド最高峰の装飾技術の一つ「透彫り」だけにスポットをあてて、時代を追って変化を見てみます。

●【Ⅱ】モールフィッシェル時代(ヘレンドのビジネス基盤ができ、東洋の磁器を手本に制作)

▼【1860年頃】 一人用コーヒーセットのトレーとカップ受けに緻密な透彫が見られます

《色絵金彩「皇帝」文コーヒーセット》1860年頃 ブダペスト国立工芸美術館

▼【1860年頃】 平たい円筒形の胴に透彫りで外側を囲む二重構造がこの時代に登場

色絵金彩「伊万里」様式人物飾り蓋容器 1860年頃 ブダペスト国立工芸美術館蔵

▼【1860年頃】「六角形」と「楕円」が組み合わさったより複雑な透彫りに

《色絵金彩人物図透彫皿》 1860年頃 ブダペスト国立工芸美術館

▼【1870年頃】さらに大きく彫られた透彫りに、カーブした口縁。より高度な技術に進化

《色絵金彩虎図透彫脚付果物鉢》 1870年頃 ブタペスト国立工芸美術館

▼【1874年】 透彫りが2重構造に。内側の赤と金と、外の枠で、皿の絵を効果的に引き立てる

色絵金彩庭園図透彫皿 1874年

●【Ⅲ】ヘレンド最高峰の技術「ウエールズ文様」の確立

ウエールズ文様とは、精緻な透彫りの装飾を施した外壁で囲われれた二重構造のこと。中国の清時代の蜂の巣をモチーフにした作品を手本に、透彫りにしました。さらに外壁に金彩、エナメル彩などを加えます。内壁にも、ネオ・ロココ趣味の装飾が施され、素地が乾く前に透彫りと張り合わせて二重構造に。ヘレンドの高い技術の中でも贅沢の極みといえます。

▼【1875年頃】透彫りの二重構造 モチーフの細部に細かなエナメル技法で絵付け

色絵金彩「ウェールズ」文碗 1875年頃

▼【1874年】レース様の細かい透彫り。トルコブルーの上絵付に金彩を施すという手間をかけた作品

色絵金彩『ウェールズ』文蜥蜴飾りティーセット  1874年 ブダペスト国立工芸美術館

▼【1881年】レース飾りに、卍模様の透彫りに金彩

金彩「ウェールズ」文龍飾りビアマグ 1881年5月30日 ブダペスト国立工芸美術館

さらに蓋裏には、柿右衛門モチーフが! どんな絵なのでしょう? それは図録に掲載されているのでぜひご覧あれ!

「透彫り」にだけに着目して時代順に追うと、技術の進化の様子が顕著にわかります。ウエールズ文の二重構造は、20年前に登場していました。生物が進化してより高い機能を獲得する様子と重なり、磁器が生物のようにも見えます。ポイントを絞って、一点集中で鑑賞してみるのも面白いと思いました。

会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2018年1月13日(土)~3月21日(水)
休館日水曜日(ただし3月21日は開館)
開館時間午前10時より午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
所在地東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : https://panasonic.co.jp/es/museum/
料金一般:1,000円/65歳以上:900円/大学生:700円/中・高校生:500円/小学生以下無料
展覧会詳細へ 「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
埼玉県立近代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー」
インポッシブル
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
アーツ前橋「闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930s-2010s」
闇に刻む光
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
大阪市立美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
[エリアレポート]
河鍋暁斎
あべのハルカス美術館「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」
[エリアレポート]
驚異の超絶技巧!
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
藤子・F・不二雄ミュージアム みんなのひろばリニューアル
[エリアレポート]
みんなのひろば
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED フェルメール展 顔真卿 王羲之を超えた名筆 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ イメージコレクター・杉浦非水展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社