インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  神戸ファッション美術館「芳年 躍動の瞬間と永遠の美」

神戸ファッション美術館「芳年 躍動の瞬間と永遠の美」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2018年1月12日
“最後の浮世絵師”月岡芳年の展覧会が神戸ファッション美術館で始まった!

近代化へと向かう幕末から明治にかけて活躍した“最後の浮世絵師”月岡芳年(1839-92年)。江戸新橋にある丸屋町の商家に生まれ、12歳の時に武者絵で名を馳せた歌川国芳に入門しました。

本展覧会は、世界屈指の芳年コレクションとして知られる西井正氣氏の所蔵する作品で、芳年の初期から晩年にかけて、作品の変遷をたどることができるようになっています。

以下、特に印象深かった作品をご紹介していきます。


月岡芳年《英名二十八衆句 稲田九蔵新助》(慶応3年(1867年))

芳年といえば一般的には血だらけの人間を描いた“血みどろ絵”が有名です。

歌舞伎や講談などで上演される鮮血生々しい作品ばかりを集めた、「英名二十八衆句」という全28作品からなるシリーズの中でも、一番無惨な光景として知られているのがこちらのシーン。

描かれているのは、稲田幸蔵、稲葉幸蔵あるいは田舎小僧といった名前で歌舞伎や実録物に登場する稲葉小僧新助が、女性を吊し切りにするシーンです。

女性の体からは生々しい血が流れ、それは新助の足にも付着しています。


月岡芳年《魁題百撰相 冷泉判官隆豊》(明治元年(1868年))

「魁題百撰相(かいだいひゃくせんそう)」は、先ほどご紹介した英名二十八衆句と同じく、“血みどろ絵”として有名なシリーズで、南北朝時代から江戸時代初期までの戦乱に関わった人物が描かれています。

歴史上の人物を紹介する体裁をとっていますが、実は描かれているのは旧幕府軍と明治新政府軍との戦いが題材になっています。

こちらの作品に描かれているのは、戦国大名大内義隆の家臣・冷泉隆豊が自決するシーンです。

隆豊は、腹を切り、自分の臓物を大寧寺の天井へ投げつけ、陶晴賢(すえはるかた)を呪ったそうです。

唇を真っ青にしながらお腹から出た自分の臓器を投げつける、想像するだけで背筋がゾクッとしますよね。

芳年といえば、こうした“血みどろ絵”のイメージが強いですが、実はグロテスクな作品が制作されたのは20代の3年間だけなんだとか。

にもかかわらず、これだけのイメージを持たれるというのは、芳年の作品がそれだけ真に迫り、強烈だったということでしょう。

さて、この展覧会では、他にも芳年の歴史画や妖怪絵、美人画など多数展示されています。


月岡芳年《風俗三十二相 遊歩がしたさう 明治年間 妻君之風俗》(明治21年(1888年))

こちらは芳年の「風俗三十二相」シリーズ中、唯一の洋装の美人画です。

顔の表現は着物を着た美人画と変わりないですが、頭には花があしらわれた帽子をかぶり、紫色のテーラードカラーのジャケットを羽織った鹿鳴館スタイル。

明治16年(1883年)に完成した鹿鳴館での舞踏会には特権階級の女性たちがこのような出で立ちで出席したそうです。現代の目線で見ると、どこかあべこべな印象を受けますよね。

最後に、展覧会風景をご紹介します。



激動の時代に想いを馳せながら、芳年の躍動感あふれる作品をじっくりとご堪能ください。

会場神戸ファッション美術館
開催期間2018年1月13日(土)~3月11日(日)
休館日月曜日、2018年2月13日(火)(2月12日(月・祝)は開館)、2017年12月27日(水)~2018年1月12日(金)
開館時間10時~18時(入館は17時半まで)
所在地兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1
078-858-0050
HP : http://www.fashionmuseum.or.jp/
料金一般 500円、小・中・高・65歳以上 250円(特別展示・ベーシック展示あわせて)
展覧会詳細へ 「芳年 躍動の瞬間と永遠の美」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きなアートライターです。美術鑑賞に関わる仕事を広げていきたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です! ブログ「たねもーのアート録」http://tanemo-art.com/

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
エントリー受付中です
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社