インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  京都国立近代美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」

京都国立近代美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2018年1月19日


日本で最も人気のある画家の一人、ゴッホ。
私たちがゴッホの明るく鮮やかな作品に魅了されるのと同じように、ゴッホもまた日本の美術や文化を愛した「相思相愛」の関係を存分に感じとれる展覧会です。

ゴッホが画家を志したのは、27歳の時。
パリで印象派と浮世絵に出会い、強い関心を持ったゴッホは浮世絵を収集・研究し、日本文化への理解を深めながら、制作活動にあたります。


フィンセント・ファン・ゴッホ 「花魁(渓斎英泉による)」 1887年 油彩・綿布 ファン・ゴッホ美術館 (フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

浮世絵の鮮やかな色彩こそがゴッホにとって「夢の日本」であり、彼は「フランスにおける日本」であるところの、陽光に満ち溢れた南フランスに制作の拠点を移して、多くの作品を描きます。



しかしゴッホは精神を病み、当時の日本は帝国主義への道を歩み始めたため、37歳で生涯を終えるまで画家として生きた10年間、彼を創作活動に駆り立てた「日本の夢」から覚めざるを得ませんでした。

しかし、彼の死後、その「夢」を日本の側で継ぐ者たちがいました。
彼の作品や生涯に魅せられた日本の芸術家たちです。

岸田劉生や佐伯祐三、橋本関雪などの画家にとどまらず、「白樺派」やその周辺の文学者、美術家たちがゴッホの墓のあるオーヴェルに赴き、生前のゴッホと親交があり最後を看取った医師のガシェ一家を訪問しました。



ガシェ家に残された芳名録3冊(日本初公開)には訪問した日本の芸術家たちの名前が記されています。



ヨーロッパをはじめ他の国からの訪問者の芳名録は存在しないとのことで、世界に類を見ない日本の「ゴッホ受容」をうかがい知ることが出来ます。



この展覧会は東京からの巡回展ですが、京都展限定の企画として、4階に関連展示の「森村泰昌、ゴッホの部屋を訪れる」が設けられています。

セルフポートレートで名高い、関西在住の現代美術家・森村泰昌氏が、ゴッホの「寝室」にちなんで制作した作品が展示されており、ゴッホの寝室も再現されています。
このコーナーは写真撮影もOK!



森村氏もゴッホに扮したセルフポートレートが1985年に脚光を浴びたことから、「ゴッホ受容」の芸術家のおひとりといえます。
展覧会本編とは別のフロアになりますので、お見逃しなく。

また、今回の展覧会は、話題のゲストキュレーター、コルネリア・ホンブルク氏が世界中の美術館や個人コレクションから作品を精力的に集めて実現したものです。

ゴッホの作品を扱う展覧会は数多いものの、今までに目にしたことのなかった作品、今後日本で見られる可能性の少ない作品も含まれていますので、「こんなゴッホは見たことない!」貴重な機会であることは間違いありません。

ぜひ、時空を超えて私たちを魅了してやまないゴッホの「日本の夢」に触れてみてください。



会場京都国立近代美術館
開催期間2018年1月20日(土)~2018年3月4日(日)
休館日月曜日および2月13日(火) ただし2月12日(月・振休)は開館
開館時間午前9時30分~午後5時、金・土は~午後8時(いずれも入館は閉館の30分前まで)
所在地京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
075-761-4111
HP : http://gogh-japan.jp/
料金一般 1,500円、大学生 1,100円、高校生 600円
展覧会詳細へ 「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社