インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立国際美術館「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」

国立国際美術館 開館40周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2018年1月20日
あなたも国立国際美術館で“トラベラー”になってみませんか?

1977年10月、万博記念公園にて開館し、今年度で開館40周年を迎える国立国際美術館。
“ホワイト・キューブ”(※)としてスタートした国立国際美術館ですが、求められる役割は時代と共に変化し、美術館の在り方もまた変化してきました。
※ホワイト・キューブ・・・装飾を排した白い壁に囲まれた展示空間のこと。

展覧会タイトルにも掲げられた“トラベラー”とは、新たな表現を探求する作家や、作家の表現方法の変容に伴い、新しい美術館のあり方を模索する学芸員、そして美術館という場で作品や作家との出会いを楽しむ鑑賞者を表しています。

会場には40年という長い年月の間に収集した作品と合わせて、国内外の作家の作品が展示されています。展覧会という旅の途中に“トラベラー”である私たちは何を見つけることができるでしょうか。

地下3階の会場を入ってまず目に入るのはこちらの作品です。


ロバート・ラウシェンバーグ《至点》(1968年)国立国際美術館蔵 ©Robert Rauschenberg Foundation

こちらは、かつてドクメンタ4(1968年)に出品された、ラウシェンバーグの代表作です。
国立国際美術館の旧館がオープンして1年後に収蔵されました。

大変大きい作品であるため、2003年以降は解体された状態で、10年以上保管されていましたが、この度、14年ぶりに修復されました。全体をクリーニングし、新たな照明器具を付け加え、満を持しての公開です。

※作品内での鑑賞は整理券制です。


ヒーメン・チョン《ショート・パフォーミング・ストーリー》(2018年)

こちらは、鑑賞者(参加者)とインストラクターによって成り立つパフォーマンス作品です。

アーティスト、キュレーター、そして小説家であるヒーメン・チョンはこの展覧会で《ショート・パフォーミング・ストーリー》という小説を発表します。

小説の内容を知りたい方は、参加者としてインストラクターから一語一句口頭で物語を教えてもらい、暗記します。
暗記し終えるまでこのパフォーマンスは終わりません。

ちなみに、この小説は今後出版されることはないため、内容を知る事が出来るのは、作家、インストラクターと参加者のみです。
参加してみてはいかがでしょうか(事前予約制)。

続きまして、こちらのパフォーマンスも要チェックです。


アローラ&カルサディーラ《Lifespan》(2014年)国立国際美術館蔵 ©Allora&Calzadilla; Courtesy Lisson Gallery

写真はパフォーマンス風景です。

見にくいかもしれませんが、40億年以上前の冥王代の小さな石を囲うように3人のパフォーマーが口笛と息で交信しています。

天井からつるされた石に3人がランダムに(時には激しく)息を吹きかけ、均衡状態を演出しようとしているかのように見えます。ヴォーカリストの息づかいや、たまに吹かれる口笛に耳を澄ませてみると、そこにはどこかリズムがあるようにも感じました。
家に帰り、図録を確認すると、これはどうやら作曲されたものだったそうです。

ちなみに、パフォーマンスの担い手は、作家本人ではありません。
作家は作品の構成要素として、冥王時代の石と楽譜を用意し、パフォーマーへ指示を出しているのです。

絵画や彫刻と違い、形のないパフォーマンスを“収蔵する”ことは、いまはまだ挑戦的な試みとされていますが、こうした作品が積極的に収集される日はそう遠くないのかもしれません。

最後に展示風景をご紹介します。



こちらは、地下3階にある大竹伸朗の作品展示室です。

郵便物や梱包のための紙を使った作品などが展示されています。
国内外から届く郵便物は何人もの手を経て私たちの手元に届きますよね。
郵便物には「層状の『時間』と『記憶』が張り付いている」と考えた大竹は、それを糊付けしていく際、紙と紙のわずかな隙間に自身のためだけに与えられた瞬間を読み取ったといいます。
そうした「時間の記憶」をぜひ近づいてご覧ください。

会期期間中には、先ほどご紹介した、アローラ&カルサディーラの《Lifespan》のパフォーマンスを含め、たくさんのパフォーマンスをご覧いただけます。

詳細は国立国際美術館のサイトをご覧ください。

会場国立国際美術館
開催期間2018年1月21日(日)~5月6日(日)
休館日月曜日、2018年2月13日(火)(2月12日(月・休)は開館)、4月30日(月・休)は開館
開館時間10:00~17:00、金曜日・土曜日は10:00~20:00(入場は閉館の30分前まで)
所在地大阪府大阪市北区中之島4-2-55
06-6447-4680
HP : http://www.nmao.go.jp/exhibition/2018/40th.html
料金一般 1,200円、大学生 800円
展覧会詳細へ 「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きなアートライターです。美術鑑賞に関わる仕事を広げていきたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です! ブログ「たねもーのアート録」http://tanemo-art.com/

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社