インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館「FACE展2018」

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館「FACE展2018」

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2018年2月23日

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術財団では、2012年度から公募形式の展覧会「FACE展」を行っています。今回は第6回目で、その授賞式と内覧会に行ってきました。



グランプリをはじめとして9点の受賞作を含む71点の作品が展示されていました。どの作品も作家の個性が豊かで、楽しい展覧会でした。



私が個人的に興味を持った作品をいくつかご紹介します。


(左から)阿部操《The beautiful day》、松本啓希《生命の痕跡》、仙石裕美《それが来るたびに跳ぶ 降り立つ地面は跳ぶ前のそれとは異なっている》

グランプリを受賞された仙石裕美さんの《それが来るたびに跳ぶ 降り立つ地面は跳ぶ前のそれとは異なっている》は、ピンクを中心にした鮮やかな色彩が見る側に迫ってきます。縄跳びをしている風景ですが、構図の面白さが躍動感をみごとに表現し、こちらまで跳躍しているような気分になる楽しい作品です。


(左から)井上ゆかり《ふたつの海》、阿部操《The beautiful day》

優秀賞を受賞された井上ゆかりさんの《ふたつの海》は、絵に近寄ってみると全体を見ている時には見つけられなかった人や物が次々と現れてきます。その多重の世界は何を意味するのか、そして手前に見えてくる犬たちはなんだろうとタイトルと照らし合わせながらイメージが膨らんでくる作品です。


(左から)邱仁添《晩餐》、赤松加奈《room407》

読売新聞社賞を受賞された邱仁添さんの《晩餐》は、丁寧に描かれたテーブルの上の料理や食器類に比べて、淡白な表情の人々が不思議な感じです。ナビ派のヴァロットンが表現した都会の不穏な雰囲気に似ているように感じました。

入選作も見応えがたっぷりあります。


(左から)池上真紀《命の器》、三毛あんり《グライアイ8》

上の2作は日本画のカテゴリーに入るのでしょう。池上真紀さんの作品は、画面いっぱいに描かれた質感のある物体を左から追っていくと右にやっと頭が見え、それが河馬であることがわかります。河馬の分厚そうな皮膚の質感がタイトルの《命の器》を表しているのでしょうか。
また、三毛あんりさんの《グライアイ8》は、ギリシャ神話に出てくる1つの目を共有する3姉妹を描いています。この神話の意味を知らずに観ていたのですが、清楚で美しい女性たちが、たらいの中の目玉を掴んでいるさまがミスマッチで恐ろしさを倍増させています。


(左から)菅澤薫《匂いの痕跡》、藤澤洸平《It’s a only drawing, but I like it!》

菅澤薫さんの《匂いの痕跡》での、カーテンのように干されたカラフルなストッキングの中に埋もれた女性は、嗅いだ匂いに何を感じるのでしょうか。洗っても落ちない肉体の匂いの痕跡を確かめているのでしょうか。

藤澤洸平さんの《It’s a only drawing, but I like it!》の劇画の怪獣のような物体に描かれた模様の細かさは驚くべきものです。ひとつひとつの模様を見ていると、日本古来の螺鈿細工の美しさのようにも思われてきます。

年齢、所属を問わないこの公募展には、まさに多彩な表現があります。みなさんはどのような作品がお好みでしょうか。お気に入りの新進作家さんを見つけるのも楽しい展覧会です。

会場東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
開催期間2018年2月24日(土)~3月30日(金)
休館日月曜日
開館時間午前10時より午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
所在地新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.sjnk-museum.org/
料金一般:600円、大学生:400円/高校生以下無料
展覧会詳細へ 「FACE展2018 損保ジャパン日本興亜美術賞展」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
澄川喜一 そりとむくり'
澄川喜一
太田記念美術館「鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ―
鏑木清方と鰭崎英朋
目黒区美術館「越境者たち-BEYOND
越境者たち
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
未来と芸術
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
東京オペラシティ
白髪一雄
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
クラシックホテル展
クラシックホテル
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
モダンデザイン
エリアレポート 静嘉堂文庫美術館「『鉅鹿』発見100年 ─ 磁州窯と宋のやきもの」
[エリアレポート]
磁州窯
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」
[エリアレポート]
バルセロナ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」
[エリアレポート]
関根正二
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社