インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  横須賀美術館「青山義雄ーきらめく航跡をたどる」

横須賀美術館「青山義雄ーきらめく航跡をたどる」

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2018年3月6日


梅原龍三郎とルノワールとの師弟関係は近年クローズアップされていますが、同じ時代にフランスの巨匠と深い絆があった洋画家がいます。それが、アンリ・マティスに師事した青山義雄です。

1921年、苦学の末パリに渡った青山義雄は「色彩の魔術師」と謳われたアンリ・マティスの目に留まり「この男は色彩を持っている」と称賛されました。


青山義雄《海辺の輪舞》1926年、神奈川県立近代美術館

こちらのように初期の作品は、人や動物たちがプリミティブに描かれ、単純な形が全体にほほえましさを与えます。そして色彩が光や空気感を雄弁に語っているようです。

青山義雄は、各地の海の風景画を多く描いています。
海軍の書記官であった父の仕事の都合で、海のそばで育ったことが影響しているのでしょうか。


青山義雄《南仏アルプス遠望》1954年、石橋財団ブリヂストン美術館

青山義雄の作品は、キャンバスの中に色がたくさん溢れています。
それぞれの色の重なり具合をひとつひとつ間近で見るのも楽しいものですが、少し遠目でみるとその色たちが眼の中で混じりあうことで、物体が質感を伴って現れてくるのを感じるのもまた楽しい観方です。


青山義雄《浦賀水道・春》1992年、横須賀美術館

青山義雄が、幼少期を過ごした横須賀市から見える浦賀水道。
フランスと日本を行き来する暮らしの中で、晩年、観音崎のホテルに滞在し、この場所の風景画を連作しました。


青山義雄《バラ園》1993年、横須賀美術館

こちらはマティスが眠るニースのシミエ修道院にあるバラ園を描いた作品です。  1954年マティスが死去してから、繰り返し訪れては修道院の庭やバラ園を描き続けたことからも、マティスと青山義雄の深い絆を感じることができます。


青山義雄《百歳の自画像》1993年、個人蔵

皆さんのお知り合いの中にもこんなおじいちゃんが一人ぐらい居そうですね。
100歳を過ぎても制作への情熱は衰えず、102歳の長寿を全うしました。


美術館の屋上に上がると、青山義男が見た浦賀水道が目の前に広がります。



画家が見た風景を共有することのできる贅沢なひと時です。



併設レストラン「アクアマーレ」では、企画展コラボデザートとして、「色彩豊かなフルーツのマチェドニア」がいただけます。青山義雄の鮮やかな色彩がよみがえるような美しいデザートです。

その他にも横須賀美術館では、所蔵作品の展示や『週刊新潮』の表紙でもおなじみの谷内六郎館も充実しています。

会場横須賀美術館
開催期間2018年2月10日(土)~4月15日(日)
休館日3月5日、4月2日
開館時間午前10時より午後6時まで
所在地神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
046-845-1211
HP : http://www.yokosuka-moa.jp/
料金一般 900円、高大・65歳以上 700円、中学生以下無料
展覧会詳細へ 「青山義雄ーきらめく航跡をたどる」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社