インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立科学博物館 特別展「人体 -神秘への挑戦-」

国立科学博物館 特別展「人体 -神秘への挑戦-」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2018年3月12日
未知なる世界へ向けて開幕

「人体 神秘への挑戦」開会式

人体を理解するために先人たちは何をしてきたのでしょう。そもそも人体を理解するとは、どういうことなのでしょうか。機能面、発生学的にとらえたり、進化の文脈でとらえるなど様々な形で解明されてきました。人体を理解する上で、科学の発達は密接です。

レオナルドは解剖し、記録に残しました。その記録は実に写実的ですが、創造の世界も含まれます。どんな創造を巡らせたのか脳の中を覗くことができます。過去と今、そして未来に向けて人体の新たな探索に出発です。


人はどこから来てどこへ行く?

人は、どうやって生まれたのでしょう? 有性生殖ではどんな生物でも、たった一個の卵子から始まります。分裂を繰り返し、成人は37兆個の細胞で構成。倍々増殖で計算すると、45回の分裂でこの数になるそう。しかし、人の体は、そんなに単純ではありません。

▼たった一個の卵子と精子の出会いから

《精子と卵子 模型》

ヒトのはじまりを知る苦労

ヒトの成長を理解するために、過去どんな苦労があったのでしょうか? この模型は何でできているでしょう?

▼卵子が受精後、分裂しながら大きくなっていく様子

《カーネギー発生段階とカーネギー標本 オズボーン・オーヴァートン・ハード》

▼ギザギザは何?


近寄ってみると、ギザギザしています。3Dプリンターで製作されたのかなと思いました。もっとスムーズに仕上げることができそうですが、昔の模型を再現しているのでしょうか? 模型が何でできているのか、気になりました。

▼石膏の板が重なった模型


なんとこれ、石膏の板を重ねてできたヒトの胚だったのです。胚を、連続切片にして拡大、石膏で作った薄い板を重ね合わせたものだとわかりました。これCTスキャンと同じ考え方です! まさか薄い板の重なりだったとは!

▼こちらは縦分割、エラやしっぽが見える


脊椎動物や魚は発生段階が共通していて見た目も同じ。受精後、間もないとエラやしっぽのようなものがあります。こちらは縦割で重ねています。


ヒトの胚は23ステージ
ヒトの胚の成長過程を、23段階に分けて考えることが提唱されました。その論文を発表した時に使われた模型です。「カーネギー発生段階」と言われ、歴史的な発表の大事な模型で、石膏は壊れやすく、万が一のことがあってはと貸し出しが難航したそう。交渉の末にやってきました。


解説の数行に注意!
こんなこと解説がないとわからない…と思ったら、ちゃんと書いてありました。



妊娠〇週といわれますが、23のステージは、時間でなく、形態学的に分けたことが特徴で、他の生物にも使うことができ、生物の種類による比較もしやすいとう特徴があります。

先人の苦労を3Dプリンターと見過ごすところでした。この石膏を作ったのは、美術デザイン学校で彫刻とパターンメイキングを学び、機械の原型製作者だったことにも驚きました。発生学は素人。しかしドイツ語から学び独学で身に着けたそう。石膏の組み立て技術や、道具の改良も行い、レオナルド同様、芸術家の目と技が科学領域で大きな貢献をもたらしたのです。卓越した科学芸術家の力は人体の解明にも、大きな貢献をしていたのでした。

会場国立科学博物館
開催期間2018年3月13日(火)~6月17日(日)
休館日毎週月曜日 ただし3月26日(月)、4月2日(月)、4月30日(月・振替休日)、6月11日(月)は開館
開館時間 9:00~17:00
金曜、土曜日は20:00まで
4月29日(日)、30日(月・振替休日)、5月3日(木・祝)は20:00まで
5月1日(火)、2日(水)、6日(日)は18:00まで
※入館は閉館の30分前まで
所在地東京都台東区上野公園7-20
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://jintai2018.jp/
料金一般・大学生 1,600円/小・中・高校生 600円
展覧会詳細へ 特別展「人体 -神秘への挑戦-」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社