インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  京都国立近代美術館「明治150年展 明治の日本画と工芸」

明治150年展 明治の日本画と工芸

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2018年3月26日


明治元年から150年目の今年、記念の展覧会が各地で予定されています。

京都国立近代美術館では、京都府画学校と日本画、そして超絶技巧がブームの明治の工芸を軸にした展覧会が開催中です。



明治維新後、都が東京に移り、人口が減って地場産業が衰退する危機感を覚えた京都では、技芸の継承と美術の発展を願って京都府画学校が設立されました。

高い芸術性を持った日本画家たちの描いた図案は輸出用の工芸品に用いられ、そのクオリティを更に高めるとともに、海外でも高い評価を受けることになったのです。

当展では、当時、京都画壇でも活躍した幸野楳嶺、今尾経年、岸竹堂、竹内栖鳳などの優美な作品が展示されています。


幸野楳嶺 (下絵) 縮緬地御簾に菊文様型友禅染裂 明治23年(1890) 株式会社 千總


竹内栖鳳 左 池塘浪静 明治20年(1887) 京都市美術館 右 羅馬古城図 明治34年(1901) 京都国立近代美術館

続く明治の工芸の展示では、パリ万博会場をイメージしたコーナーが設けられています。
日本の文化や芸術が賞賛され、歓迎された当時の熱気が伝わるかのよう。



前の時代に幕府に重用され、庇護されていた画家や職人たちが職を失い、技術の損失も招く可能性があったこと、また、西洋各国に文化面でも経済面でも追いつき追い越すため、日本は国を挙げて殖産興業を推し進め、工芸品の輸出と外貨獲得に乗り出します。

鮮やかな色彩といわゆる超絶技巧を生かした陶磁器は特に高い人気を誇りました。


武蔵屋大関 金蒔絵芝山花鳥図飾器 明治時代 京都国立近代美術館


井上良寛(初代) 高浮彫群猿花瓶 明治時代 横山美術館

日本の窯業技術の改良に大きく貢献したお雇い外国人ワグネルが生み出した旭焼も紹介されています。



日本画の繊細さを存分に生かした透明感あふれる色彩が魅力的です。


ゴットフリート・ワグネル 旭焼 釉下彩葡萄図陶板 明治23―29年(1890−1896) 京都国立博物館

下絵が存在する陶磁器は一緒に展示されていて、見比べることができるのも、この展覧会の楽しみのひとつです。




上 並河靖之 桜蝶図平皿 明治時代 京都国立近代美術館
下 並河工場 下図「桜蝶文皿」 明治時代 並河靖之七宝記念館

海外への輸出で高い評価を得、明治の京都経済にも大きく貢献した、千總、川島織物、象彦、京都髙島屋などの工芸品も展示されており、現代に続いている京都の老舗企業の美と技術への誇りを感じさせます。


西村總左衛門(十二代) 孔雀図刺繍屏風 明治33―43年(1900―10) 京都国立近代美術館


飯田新七(四代) 盧に虎図刺繍額 明治―大正時代 京都国立近代美術館

超絶技巧と京都がコラボした見どころたっぷりの展覧会。
ぜひ春爛漫の京都・岡崎へお出かけになってご覧ください。



会場京都国立近代美術館
開催期間2018年3月20日(火)~2018年5月20日(日)
休館日月曜日(ただし、4月30日(月・休)は開館)
開館時間午前9時30分~午後5時、金・土は~午後8時(いずれも入館は閉館の30分前まで)
所在地京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
075-761-4111
HP : http://www.momak.go.jp/
料金一般 1,000円、大学生 500円、高校生・18歳未満は無料
展覧会詳細へ 「明治150年展 明治の日本画と工芸」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社