インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  東京藝術大学大学美術館「東西美人画の名作《序の舞》への系譜」

東京藝術大学大学美術館「東西美人画の名作 《序の舞》への系譜」

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2018年3月30日

春爛漫の上野で東西の美女たちが大集結です。

美人画の代表作ともいえる上村松園作《序の舞》は、制作から80年が経過した近年、絵具の剥落が生じていました。そのため2年にも及ぶ修理を行っていましたがこのほど修理が完了したお披露目と合わせて、江戸期の風俗画・浮世絵に近代美人画の源流を探りながら明治中期、昭和戦前期までの美人画を集めた展覧会が開かれました。

この展覧会では、一般的には有料の音声ガイドを無料で借りることができます。竹下景子さんのしっとりと落ち着いたガイドと美人画を見るために選りすぐりのBGMも聴くことができます。さすが藝大ですね。


(音声ガイドに耳を傾けながら作品をより深く楽しめます)

「美人画の源流」では、江戸期の美人画が紹介されています。切れ長でふくよかな顔立ちが好まれたようで、美人の基準も時代とともに色々と変遷していくのがわかります。
17世紀の美人画や錦絵に描かれた着物の描写が見事です。制作された当時はもっときらびやかで美しかったことでしょう。

「東の美人」では、菱田春草、池田蕉園、鏑木清方らの美人が並びます。


(菱田春草《水鏡》明治30年 東京藝術大学蔵)

こちらの菱田春草《水鏡》は天女が水に映った己の姿を眺めているもの。天女の美貌もいつか衰えるという象徴として色が変わりゆく紫陽花が描かれています。女性にとっては悲しい主題ですね。


(鏑木清方《たけくらべの美登利》昭和15年 京都国立近代美術館蔵と鏑木清方『にごりえ』昭和9年 鎌倉市鏑木清方記念美術館蔵の挿絵が続きます)

鏑木清方は樋口一葉の大ファンで、彼女自身や小説をテーマにいくつもの作品を描きました。よく知られる『たけくらべ』のヒロイン美登利を描いた作品は、少女の清楚さと待ち構える悲しい運命をはかなげに表現しています。

「西の美人」では、島成園、菊池契月、北野恒富らが展示されています。


(島成園《香のゆくえ(武士の妻)》大正4年 福富太郎コレクション資料室蔵)

こちらの作品は戦地に行く夫の兜に香を焚き染め、切なく兜を抱いている妻の姿です。この夫、木村重成は大阪の陣で首を取られてしまいます。悲しい結末を知るとさらに絵を見る思いの深さも変わってきますね。

「美人画の頂点」では、《序の舞》をはじめとした上村松園の作品が見られます。



今回の修理については、もともとは絵軸だったため、今後巻き解きする負担による劣化を避けるため、額装にしたことが大きな変更点です。額装にする際、周りの布地をどんな色のどんな柄にすると作品が映えるかを試行錯誤したようです。それはまるで、お姫様の衣装合わせのようですね。


(上村松園の使っていた画材)

修理には、松園が利用していた膠や胡粉を精密に分析し、それに極力近づけた画材を用意したそうです。


(上村松園《序の舞》(重要文化財)昭和11年 右:東京藝術大学蔵 左:《序の舞 下絵》昭和11年 松伯美術館蔵)

美人がお色直しを終えて、ますます際立つ美しさです。

心地よい春風に誘われて、色香漂う美女たちの饗宴を楽しみにお出かけするにもいい季節ですね。

会場東京藝術大学大学美術館
開催期間2018年3月31日(土)~5月6日(日)
休館日毎週月曜(※4月30日、5月1日は開館)
開館時間10:00~17:00(入館は午後16:30まで)
所在地東京都台東区上野公園12-8
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://bijinga2018.jp/
料金一般 1,400円、大学生・高校生 900円
展覧会詳細へ 「東西美人画の名作 《序の舞》への系譜」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社