インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  根津美術館 特別展「光琳と乾山 芸術家兄弟 響き合う美意識」

根津美術館 特別展「光琳と乾山 芸術家兄弟 響き合う美意識」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2018年4月13日
年に1回、恒例展示を毎年鑑賞する楽しみ



※主催者の許可を得て撮影しています

根津美術館では「光琳と乾山」が開催されており、プレス内覧会に参加しました。
恒例《燕子花図屏風》の展示は、この季節の風物詩です。 一つの作品をライフワークとして見続けると、作品の中に自分の鑑賞経験が刻みこまれていくのを感じます。

最初は、新たに理解することも多く発見もいっぱい。作品のどこに注目し、何に興味を持つかも変化します。
ところが数年たつと、理解も落ち着き見慣れて、関心が下がってくるのを感じていました。

その間に見た作品や体験、過去の鑑賞も影響するようです。
新たな発見ができなくなると興味も薄れます。昨年は其一の《夏秋渓流図》に心は奪われていました。

デザイン的に秀でた作品と理解したあと…


燕子花図屏風 尾形光琳筆 紙本金地着色 日本・江戸時代 18世紀 根津美術館蔵

この屏風は、呉服商に生まれた光琳が、着物の染色で使う型紙の技法を取り入れ、同じ図案を各所にちりばめたと聞きました。しかし、それがどの部分か全くわかりませんでした。
やっと見つけ、光琳の偉業はデザイン化だったと理解しました。

ところが次に見た時は、単調なパターン画に見えたのです。それは其一の《朝顔図屏風》と出会い、同じ3色を使った繰り返しなのに、朝顔は表情豊か。燕子花は面白みに欠けると感じるようになっていました。

年1回の鑑賞は、自分の興味がどこに向かい、何を見ているのか。他の作品の鑑賞体験や、いろいろなジャンルの見聞が影響します。
自分と作品がどのようにつながって、見た印象を作り出すのかが次第に見えてきました。

今年の新たな発見、左右で違った!

「屏風は右と左で見え方が全く違う」ことは既知のことでした。ところが、入口を入って見た瞬間、様子が全く違うのです。今まで何度も、角度を変えて見たはずなのに…



奥に見える燕子花、こんなに色が濃かったっけ?
空間構成も、こんなに立体的だった?(展示場所と動線が変化したから?)いつの間にか「平面的なデザイン化」された作品と固定して見ていたようです。

左隻に回ると突然、視界が奥へはじけ飛んだ気がしました。



手前の「濃い花」と右隻の「薄い花」の階調が、遠近効果をより増幅させたようです。ぜひ会場で体感して下さい。

燕子花のバリエーション

▼花色もこんなに違う



▼いろいろな表情をした花や蕾の存在


単調な青で面白みに欠けると思っていましたが、同じ群青でも、色や重ね方が違います。ベタ塗りと思っていた花は花びらの周囲に絵の具を重ね縁取りされていました。

自然観察からパターン化

蕾のパターンについて担当学芸員の野口剛氏に伺いました。
「庭園の蕾を見ていると、屏風に描かれたとおりに膨らんでほどけていきます。葉は3~4ストロークでリズミカルに描かれています」と。
毎年、庭の散策をすると、私たちも燕子花の様々な瞬間に出会えます。


(左)散り際のカキツバタ 2015.5.13 庭園(初めて来館時)
(右)これから蕾に 2018.4.13 庭園(今年の様子)

《燕子花図屏風》は緻密な観察によって自然の変化を捉えた作品だと確信しました。
変化の一瞬を選びとり普遍的な美しさにデザイン化し、時代を経て魅了し続けます。
今年は、デフォルメされた花が、自然から屏風に転写されたエッセンスだったことを理解しました。
訪れる時期や年によって変化する様子を屏風と比較してみては?

▼見ごろのカキツバタ

根津美術館 庭のカキツバタ


会場根津美術館
開催期間2018年4月14日(土)~2018年5月13日(日)
休館日月曜日(ただし、4月30日は開館)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
所在地東京都港区南青山6-5-1
03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
料金一般 1,300円/学生 1,000円/中学生以下は無料
展覧会詳細へ 「光琳と乾山 ―芸術家兄弟・響き合う美意識―」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社