インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  パナソニック 汐留ミュージアム ジョルジュブラック展

パナソニック 汐留ミュージアム「ジョルジュ・ブラック展」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2018年4月27日
ジョルジュ・ブラックって?


汐留コンコースの大きな看板
ジョルジュ・ブラックをご存知ですか?
キュビスムの創始者の一人だそう。予備知識ゼロで展覧会を見たら、どのように作品を理解していくのか追ってみます。

上の看板では、ブラックはジュエリー制作や彫刻家に見えます。
これら作品は、全てジュエリーだと思っていましたが、近づいてびっくり。絵も含まれていたのです。

▼これは、絵だった!

汐留コンコースの大きな看板(部分)
美術館入口のビデオを見ると、フランスで国葬が行われるほどの著名人だったようです。
しかし全く知りません。広報の方から「私も知らなかった」とお聞きし、ちょっと安心しました。

メタモルフォーシスって?
見どころは「メタモルフォーシスを日本で初めて本格的に取り上げた」こと。
メタモルフォーゼなら知ってます。尾崎亜美の曲。
当時「思い出」という意味だと理解していたので、過去を振り返る作品展だと思っていました。
フランス読みとドイツ語の違い、意味は「変容」。
それで納得! 生物学の「変態」のこと。既知感はここだったのです。
ブラックは画家だった。ところが、変容を繰り返し、最後、ジュエリー作家に?
つまり、作品を生物ととらえ「変態」の過程を示す展示なのだと理解しました。

▼変容前の平面画のいろいろ

ミュージアム連動特別展示 1Fリフォームパークにて

展示は晩年の3年間にスポット
館内に展示された作品は、81年のブラックの生涯のうち晩年3年間の作品が中心。
つまり平面から立体へと変化した変態の最終形を提示した空間だったのです。
平面の作品を制作したブラック。
最初の変容は陶器でした。平面に描かれていたモチーフが、陶器に登場します。
さらにさまざまな素材を組み合わせ、バリエーション豊かな造形がみられました。


ジョルジュ・ブラック ≪ペルセポネ≫ 陶器 サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Isrёl

ジュエリーへ脱皮
2次元から3次元への変化は、視覚的変化です。
さらに触覚を加えた世界として、ジュエリー制作に乗り出します。
触覚によって新たな感覚、幸福感をもたらそうとしました。


ジョルジュ・ブラック ≪トリプトレモス≫ ブローチ(金とルビー)サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Isrёl

絵も描いたんだ! と驚いた平面画。
変態した結果がこれです。ブラックはこの変容を、エゲル・ド・ルヴェンフェルドに託しました。
ジュエリー制作を得意とする人に全てを任せる。
思いが強いほど、自分の目指す形を実現するために、一任することはできません。
出会いに恵まれたのでしょう。

さらには彫刻へ・・・


ジョルジュ・ブラック ≪グラウコス≫ (ブロンズとアメシスト) サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Isrёl

ジュエリーは大きくなり、素材の特質と融合した彫刻へ発展。
この作品はアメシストが一つ一つちりばめられ、裏側にも施されています。
そして室内装飾のパネルやタピスリーへと広がります。

一貫したモチーフ「鳥」


ジョルジュ・ブラック ≪青い鳥、ピカソへのオマージュ≫ 1963年 グワッシュ紙 サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Isrёl

全体を通して目にするのが「鳥」です。
平面から立体へ変容。最後、絶筆とされた作品は、平面のグワッシュでした。
ピカソへのオマージュが込められています。人は原点に戻ると言われます。
ブラックも、変容を遂げたあと、キュビスムで共にしたピカソへの思いを平面で原点回帰したのでしょうか?
「鳥」の変容のプロセスは、映像で映し出されています。
ピカソと手をとりサナギが蝶になるように天に羽ばたいたのかもしれません。


会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2018年4月28日(土)~6月24日(日)
休館日水曜日
開館時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
所在地東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://panasonic.co.jp/es/museum/
料金一般 1,000円、65歳以上 900円、大学生 700円、中・高校生 500円、小学生以下は無料
展覧会詳細へ 「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
根津美術館「江戸の茶の湯
江戸の茶の湯
東京国立博物館
人、神、自然
出光美術館
やきもの入門
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
Bunkamura
リヒテンシュタイン
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて
特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 カラヴァッジョ展 富野由悠季の世界 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
11/29 10時 投票スタート!
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社