インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」

ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」

文 [エリアレポーター]カワタユカリ / 2018年6月29日

「作品と空間と鑑賞者の3角関係」
「見逃しませんように!」
フロアマップを片手にいざ、気合を注入します。
少々興奮気味な私は今、静岡県長泉町にあるヴァンジ彫刻庭園美術館の「須田悦弘 ミテクレマチス」展の入口にいます。


《白万重》2018年 木に彩色
須田悦弘展に行かれたことのある人なら、この気持ちわかってくれるのでないでしょうか。
いつもは素通りしてしまう天井の隅や、気に留めることのない会場の端っこ、と思えば本と本の隙間に、作品は存在してしまいます。「見つけた!」と喜ぶ私と、冷静な作品。

1つ作品を見つけては次の作品へ・・・。うん?これでは作品を見ているのではなく、確認している?


《ミケリテ》2018年 木に彩色
須田さんの作品は、本物の花や雑草のようで、いつまでも眺めていたくなります。
今回の展覧会でも庭では本物のクレマチスが咲き、その蔓が館の中に伸びてきたかと思えるほど、見事です。

1点1点に満足しながら、一番奥にある資料室へ向かいます。
ここでは約25分間の須田さんのインタビューが流れていました。


《睡蓮》2018年 木に彩色
映像では、木を彫るきっかけや、制作についての手順、過去の作品についてなど、様々なことを話されていました。

特に、作品を置く場所についての話は、とても興味深いものでした。
台座があり、会場の真ん中、またはライトが当たる用意されたステージのような場所に作品を置くのではなく、あえて隅や見えにくいところに配置することも、須田さんの表現の1つだと知りました。

いわゆる「何でもあり」の現代アートと言うものの、見ているわたしたちはいつの間にか、勝手に「美術鑑賞の常識」を作っていたと気づかされます。

それは鑑賞者だけでなく、作家側にも言えることなのかもしれません。
その壁を打ち破ろうとしている須田さんは「現代美術作家」なのです。

木彫作品ゆえに、「彫刻家」と意識していましたが、作品と置かれる空間の関係を重要視し、インスタレーションという形式で作品を発表している作家なのです。


《踊場》2018年 木に彩色
会場に戻り、再び作品を前にします。

作品周辺の空間が切り取られ、クローズアップされていきます。
作品が、じっと私を見ています。強い存在感です。

その反面、さりげなく、そっと佇み、その場所に溶け込んでいるかのようにも見えます。現代の「侘び寂び」、日本の美を意識させられます。
こんな2つの反する感覚の間で揺れながら、不思議な魅力はどんどん膨らみます。

美術館から一歩出ると、広い庭には多種のクレマチスが咲き乱れ、芝生が青々と輝いています。自然を隅々まで愛でたくなります。小さな作品が私の視覚、感覚を変えてしまったようです。

素のままに、まずは会場をめぐり、気配を感じてみてください。
(あ、でも作品を見逃すのはもったいないので、2周目に、フロアマップ片手に見て回るのはいかがでしょうか。)








会場ヴァンジ彫刻庭園美術館
開催期間2018年4月22日(日)~10月30日(火)
休館日水曜日(5月2日(水)、8月15日(水)は開館)
開館時間4月~8月は10:00~18:00、9・10月は~17:00
所在地静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1
055-989-8787
HP : https://www.clematis-no-oka.co.jp/vangi-museum/
料金大人 1,200円、高・大学生 800円、中学生以下 無料
展覧会詳細へ 「須田悦弘 ミテクレマチス」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
カワタユカリ カワタユカリ
美術館、ギャラリーと飛び回っています。感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。どうぞお付き合いお願いいたします。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
エントリー受付中です
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社