インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」

ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」

文 [エリアレポーター]カワタユカリ / 2018年6月29日

「作品と空間と鑑賞者の3角関係」
「見逃しませんように!」
フロアマップを片手にいざ、気合を注入します。
少々興奮気味な私は今、静岡県長泉町にあるヴァンジ彫刻庭園美術館の「須田悦弘 ミテクレマチス」展の入口にいます。


《白万重》2018年 木に彩色
須田悦弘展に行かれたことのある人なら、この気持ちわかってくれるのでないでしょうか。
いつもは素通りしてしまう天井の隅や、気に留めることのない会場の端っこ、と思えば本と本の隙間に、作品は存在してしまいます。「見つけた!」と喜ぶ私と、冷静な作品。

1つ作品を見つけては次の作品へ・・・。うん?これでは作品を見ているのではなく、確認している?


《ミケリテ》2018年 木に彩色
須田さんの作品は、本物の花や雑草のようで、いつまでも眺めていたくなります。
今回の展覧会でも庭では本物のクレマチスが咲き、その蔓が館の中に伸びてきたかと思えるほど、見事です。

1点1点に満足しながら、一番奥にある資料室へ向かいます。
ここでは約25分間の須田さんのインタビューが流れていました。


《睡蓮》2018年 木に彩色
映像では、木を彫るきっかけや、制作についての手順、過去の作品についてなど、様々なことを話されていました。

特に、作品を置く場所についての話は、とても興味深いものでした。
台座があり、会場の真ん中、またはライトが当たる用意されたステージのような場所に作品を置くのではなく、あえて隅や見えにくいところに配置することも、須田さんの表現の1つだと知りました。

いわゆる「何でもあり」の現代アートと言うものの、見ているわたしたちはいつの間にか、勝手に「美術鑑賞の常識」を作っていたと気づかされます。

それは鑑賞者だけでなく、作家側にも言えることなのかもしれません。
その壁を打ち破ろうとしている須田さんは「現代美術作家」なのです。

木彫作品ゆえに、「彫刻家」と意識していましたが、作品と置かれる空間の関係を重要視し、インスタレーションという形式で作品を発表している作家なのです。


《踊場》2018年 木に彩色
会場に戻り、再び作品を前にします。

作品周辺の空間が切り取られ、クローズアップされていきます。
作品が、じっと私を見ています。強い存在感です。

その反面、さりげなく、そっと佇み、その場所に溶け込んでいるかのようにも見えます。現代の「侘び寂び」、日本の美を意識させられます。
こんな2つの反する感覚の間で揺れながら、不思議な魅力はどんどん膨らみます。

美術館から一歩出ると、広い庭には多種のクレマチスが咲き乱れ、芝生が青々と輝いています。自然を隅々まで愛でたくなります。小さな作品が私の視覚、感覚を変えてしまったようです。

素のままに、まずは会場をめぐり、気配を感じてみてください。
(あ、でも作品を見逃すのはもったいないので、2周目に、フロアマップ片手に見て回るのはいかがでしょうか。)








会場ヴァンジ彫刻庭園美術館
開催期間2018年4月22日(日)~10月30日(火)
休館日水曜日(5月2日(水)、8月15日(水)は開館)
開館時間4月~8月は10:00~18:00、9・10月は~17:00
所在地静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1
055-989-8787
HP : https://www.clematis-no-oka.co.jp/vangi-museum/
料金大人 1,200円、高・大学生 800円、中学生以下 無料
展覧会詳細へ 「須田悦弘 ミテクレマチス」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
カワタユカリ カワタユカリ
美術館、ギャラリーと飛び回っています。感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。どうぞお付き合いお願いいたします。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
東京国立博物館「マルセル・デュシャンと日本美術」
M・デュシャン
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
出光美術館「江戸絵画の文雅 ― 魅惑の18世紀」
江戸絵画の文雅
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社