インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  ミホミュージアム 「赤と青のひみつ 聖なる色のミステリー」

ミホミュージアム 「赤と青のひみつ 聖なる色のミステリー」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2018年6月29日


色といえば誰もが思い浮かべるのが赤と青。
その2色を軸に、考古資料から世界の古美術や日本美術まで、ミホミュージアムの幅広い所蔵作品で色の持つ意味をあらためて考えてみる展覧会です。

今回は開館以来はじめて、子供も対象にした展覧会とのことで、小さな子供も大人も、美術展はあまり見る機会がないかもという方も、コアな美術ファンの方も、どなたでも楽しめる工夫や仕掛けが盛りだくさん!
まるで3D絵本のような世界観をイメージして作られたそうですよ。



まずは、炎や情熱の色、原始を表すイメージも持つ赤の世界から物語は始まります。
アメリカ大陸や中国をはじめ、世界の多くの原始・古代社会において赤には特別な力があると思われていたようです。
中国の皇帝達が永遠の命を夢みて飲んでいた赤い粉の薬は実は毒。逆に命を縮めていたのでした。
赤色の持つ強いパワーに特別な効果があると思われていたのでしょうね。


(左)脚付雲文耳杯  中国 前漢時代 前206–後9年 / (右)漆脚台 中国 東周時代 前5-前4世紀

日本でも赤は魔除けやおまじないに古くから用いられ、今でも神社やお寺で多用されています。
伊藤若冲が描いた達磨図の達磨がまとっているのは、鮮やかな赤。
裏彩色でしっかりと塗り込められた赤が鮮烈なインパクトを与えています。


伊藤若冲筆「達磨図」 江戸時代  18世紀

この平安、鎌倉時代の仏画によく見られた技法を若冲が自分の作品に多く採用しているのは、 禅宗の深い信仰心を持っていたことと関係していると考えられます。

続いて、空や海の色、神秘的なイメージのある青の世界へ。
古代メソポタミアやエジプトでは、神や王を象徴する飾り、神像などにラピスラズリやトルコ石といった青い石が多く使われました。


隼頭神像 エジプト 紀元前1295-1213年頃

中国で作られた奇跡の材料コバルトを使った焼き物は朝鮮でアレンジされたり、日本でも作られたり、オランダでは青色の手書きの模様が美しいデルフトに。


藍絵葡萄唐草文蓋置 オランダ 1700年頃

そういえば、フェルメールブルーと呼ばれる美しい青が印象的なオランダの画家、フェルメールの代表的な作品である真珠の首飾りの少女が頭に巻いているターバンも青。
ラピスラズリを使ったウルトラマリンブルーの絵の具で描かれています。
オランダの青はさらに日本へ渡り、尾形乾山はデルフト写しの陶器を作りました。
国を超え、時代を超えて受け継がれる青のリレーです。


乾山色絵阿蘭陀写市松文猪口  江戸時代 18世紀

また、イスラム陶器にも青が重用され、水色の焼き物が好まれたのは、水の少ない砂漠で水が何よりも大切だったからかもしれません。
そう考えると、青には人間の憧れを象徴する色なのかも。


(左)魚形容器 東地中海地域あるいはイタリア 1世紀 / (右) 脚杯 東地中海地域 前3-後1世紀

作品から少し離れて、色の持つパワーやイメージについて楽しく考えるコーナーも随所に用意されています。



赤や青のマントを着たり、フェイスペインティングをしてみたり、クイズに参加してみたり、それぞれの色にはどんなパワーがあると思うか、投票してみたり。



集中力が長く続かない小さなお子さま連れの方でも安心して見て回れそう。

また、展示室の外には、美術家の青島左門氏による、天然染料で染めた布の回廊が。
自然光の入るスペースで、いろいろな場所に立って色の重なりを感じて見てください。
参加者が様々な色で夢の回廊を作るなど、たくさんのワークショップも用意されています。



色を見つめて楽しみ、もっと知る。この展覧会を見た後では、日常生活でも、色の持つ意味が違って見えて世界が広がりそうですね。

ミホミュージアムは、信楽の豊かな自然と美しい景色、建築もたいへん魅力的。
自然農法の食材を使ったメニューが豊富なカフェやレストランも。
子供から大人まで、夏休みのお出かけにおすすめしたいミュージアム&展覧会です。




会場MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)
開催期間2018年6月30日(土)~8月26日(日)
休館日月曜日(ただし、7月16日は開館)、7月17日(火)
開館時間10:00-17:00(入館は16:00まで)
所在地滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
0748-82-3411
HP : http://miho.jp
料金大人 1,100円、高校・大学生 800円、小学生・中学生 300円
展覧会詳細へ 「赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア ゴッホ展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
フェルメール展 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~ タータン 伝統と革新のデザイン
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社