インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  ポーラ美術館「ルドン ひらかれた夢 ―幻想の世紀末から現代へ」

ポーラ美術館「ルドン ひらかれた夢 ―幻想の世紀末から現代へ」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2018年7月22日
ルドンのイメージを払拭する画期的な展覧会



ポーラ美術館では「ルドン ひらかれた夢」が開催されています。
これまでルドンのイメージは、奇妙な絵を描く人。
外的影響を拒絶した「孤高の芸術家」、心の奥の世界と向き合った画家。
そんなレッテルが張られていました。

近年の研究で、近代科学に目を向け、様々な情報を収集し、外部の影響を絶っていたわけではないことが判りました。

ルドンと言えば、奇妙な目玉。その目は、何を見ているのでしょう。
ルドンの描いた目や視覚に注目してみます。

会場で切り抜かれた「ルドン」の文字 隙間から見える世界は?



当時の科学的な知見、進化論や神話・聖書を交えたモチーフを描いた『夢のなかで』。
『種の起源』をもとに、生命の原初的なかたちや、未分化の生き物を描いた『起源』。
詩集『悪と華』を題材に人の顔と花を組み合わせた黒の世界が広がっています。
印象派が主流の時代、ルドンは差別化を図るため、戦略的に孤高の画家を演出ました。





印象派に対抗するよう黒の世界を描きます。




ルドンが生きた時代の空気

隣のブースは一転して明るくなり、印象派の光と空気が満ちています。
時代の空気の中でルドンを鑑賞。ポーラ美術館の収蔵がなせる展示です。




一方、下段の絵もルドン。色を使った景色も描きました。

気球の目は、上空から見る世界と空想の世界の融合

19世紀後半の科学は、「空を飛ぶ」夢をかなえ、気球を実現しました。
ルドンは時代の流れを敏感につかみ、特に科学の進歩による世界を着想源にします。
顕微鏡下から、気球上空へ俯瞰した世界を見ています。




気球から見た新しい現実の世界。同時に、その先に広がる想像の世界も膨らみます。
現実と想像の融合は、気球に目を描かせ、その目はさらに上空を見ています。
科学がもたらした世界をルドンがいかに見たか、目玉で示そうとしたのでしょうか?

花の中から見つめる無数の目

ルドンは10代で、植物学者クラヴォーから、科学的・哲学的な知見を得ました。
晩年に向けて、色彩を持つ花を描くようになります。
いつの時代もルドンの根底には、固い種が花となる現実と幻想がありました。
それは自然科学と哲学を行き来することと同じだったと思われます。

植物を通して、人間の身体と一体化させる。その表現の手法が目を描くことだったとか?
画家にとって視覚は、描く根源的なこと。
見るという行為そのものを「目を描く」という直接的な方法で、間接的に表現したのかもしれません。

晩年に向う頃、描かれた花。そこから無数の視線を感じます。



ルドンが実際に見た世界、想像した世界を、作品を介して見ると、ルドンの時代と今を行ききし、空想の世界とも交信する錯覚に…そして植物の目が、見つめ返してくることにも気づきます。
さらに未来の世界から、見つめられている感覚も…

背景をじっと見ていると吸い込まれます。
気付いたら絵の中に入り込んで、未来の人に見られている気がしました。

会場ポーラ美術館
開催期間2018年7月22日(日)~12月2日(日)
休館日会期中無休 ※ただし9月27日(木)は常設展示のみ観覧可能
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
所在地神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
0460-84-2111(代表)
HP : http://www.polamuseum.or.jp/index.php
料金大人 1,800円、シニア割引(65歳以上) 1,600円、大学・高校生 1,300円、中学・小学生 700円
展覧会詳細へ 「ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社