インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」

東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2018年7月30日
藤田嗣治の没後50年を記念して、大掛かりな回顧展が開催されました。
藤田嗣治といえば、「乳白色の裸婦」あるいは「作戦記録画(戦争画)」が有名ですが、藤田研究の第一人者である林洋子さんの監修のもと、今回は藤田の全生涯に渡っての作品を注目しています。


展覧会フォトスポットの風景

1913年に初めて渡仏した藤田は、パリに集まる外国人芸術家集団「エコール・ド・パリ」の一員として脚光を浴びます。
そこでピカソやモディリアーニとの交流が始まりますが、本展でもピカソのキュビスム風の静物画やモディリアーニの女性像風の人物画などがあり、パリで試行錯誤をしていた若き日の藤田もうかがい知ることができました。


《二人の少女》、1918年、プティ・パレ美術館(スイス・ジュネーヴ)蔵、©Fondation Foujita / ADAGP,Paris & JASPAR,Tokyo,2017 E2833

こちらの作品は、1920年代に一世を風靡する「乳白色の下地」を予告させるようです。
すんなりとした少女の体つき、黒い瞳と小さな口、そしてすべすべの素肌にはのちの藤田の婦人画の特徴がはっきりと出ています。


《自画像》、1929年、東京国立近代美術館蔵、©Fondation Foujita / ADAGP,Paris & JASPAR,Tokyo,2017 E2833

藤田は、自画像を多く描いた作家でもあります。
おかっぱ頭、丸眼鏡、ちょび髭の藤田は、私たちが良く知る藤田像です。
裸婦画の繊細な輪郭線を作り上げた墨と硯と面相筆が、この自画像の中にも描かれています。


《争闘(猫)》、1940年、東京国立近代美術館蔵、©Fondation Foujita / ADAGP,Paris & JASPAR,Tokyo,2017 E2833

猫好きでも知られる藤田ですが、こちらの猫たちはなにやら不穏な表情をしています。
この作品は第2次世界大戦がはじまったのちに描かれたものです。
いつも愛らしい猫たちが争いを起こしている姿は、深刻化していく戦争の時代を例えているようです。
その後図らずも代名詞となってしまった「作戦記録画(戦争画)」を描いた藤田の人生は、2つの大戦に翻弄されたものでした。


展示風景 ©Fondation Foujita / ADAGP,Paris & JASPAR,Tokyo,2017 E2833

戦後の1949年にニューヨークを経てパリに移った藤田は、その後日本に帰ることはありませんでした。
晩年の藤田は、 裸婦、子供たちを描き、パリの風景を切り取っていきます。
本展でポスターになっている《カフェ》が、今回は下絵とともに展示されているのは興味深いところです。
この作品の下絵はニューヨークで描かれたものだそうです。
第2の故郷でもあるパリに早く戻りたい、そんな藤田の郷愁が感じられるようです。


《礼拝》、1962-63年、パリ市立近代美術館(フランス)蔵、 ©Fondation Foujita / ADAGP,Paris & JASPAR,Tokyo,2017 E2833

カトリック教徒となり、レオナール・フジタという洗礼名は尊敬するレオナルド・ダ・ヴィンチからきているそうです。

藤田嗣治は、今でもフランスで最も尊敬されている日本人芸術家です。
その人生にはたくさんの逸話があります。どれが本当の藤田だったのでしょう。
日本でこれほどの回顧展が開かれることは、今後もあまりないとのことでした。
ぜひ会場で、みなさんなりの藤田像を感じてみてはいかがでしょうか。

また、本展はオリジナル・グッズも充実していて大注目です。
特にしりあがり寿さんの「フジタ画伯」のグッズはユーモラスでおすすめです。


「フジタ画伯」のオリジナル・グッズ

会場東京都美術館
開催期間2018年7月31日(火)~2018年10月8日(月・祝)
休館日月曜日、9月18日(火)、25日(火) ※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開館時間9:30~17:30(入館は17:00まで)、金曜日は~20:00まで
所在地東京都台東区上野公園8-36
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.tobikan.jp/
料金一般 1,600円、大学生・専門学校生 1,300円、高校生 800円、65歳以上 1,000円
展覧会詳細へ 没後50年 藤田嗣治展」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
根津美術館「江戸の茶の湯
江戸の茶の湯
東京国立博物館
人、神、自然
出光美術館
やきもの入門
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
Bunkamura
リヒテンシュタイン
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて
特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 カラヴァッジョ展 富野由悠季の世界 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
11/29 10時 投票スタート!
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社