インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館「カール・ラーション」展

文 [エリアレポーター]新井幸代 / 2018年9月21日
メインヴィジュアルに使用されている透明感ある水彩画《アザレアの花》と、どことなく北欧らしさを感じるインテリア。





「日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念 カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」というタイトルを見て、こっくりした色味のインテリア写真に北欧らしさを感じたのだと合点がいきました。

しかし、対照的な淡い色調の絵と、サブタイトルの”暮らしを芸術に変えた”とは何を意味するのかに惹かれ、足を運びました。

展示は2部構成となっており、第Ⅰ部ではカール・ラーションの絵画、版画、挿絵から本の装幀まで多岐にわたる画業を、





第Ⅱ部ではラーション家での日常生活を描いた画集と、



その絵に描かれた部屋やインテリアを再現しながら、暮らしぶりについて紹介しています。





ラーションの絵画の中でも、とりわけ家での暮らしの様子を描いた作品はどれも陽光たっぷりに明るい色調で描かれています。

しかしながら、挿絵や版画などモノクロで表現された世界は、単なる色の問題だけでない、ある種の暗さが現れているように感じました。

画壇での成功を得るまでには、貧困や挫折があったそうで、画集が世界的に普及する以前の自画像では、内面の焦りや悲痛を吐露しているかのような自画像を見るにつけ、影の部分を持っていたからこそ、これでもかというほど光の強い絵が生まれたのではないかと感じました。

また、衣服のひだや量感を描く技法も学んだ王立美術学校時代の習作を見た後では、人物の服だけでなくカーテンやシーツ、無造作に置かれたラグにまで、ひだを丹念に描いているのが分かりました。

そういった質感の柔らかいものとは違い、床板や家具など質感の硬い箇所は定規を使っているだろうきっちりとした直線が対照的です。

透視図法を使って正確に描き出されたであろう室内風景だけでなく、そこにスナップ写真のように日常の1コマを切り取られた人物が存在することによって、暮らしがリアルなものとして感じられます。

しかしながら、ただの暮らしを描いていたのなら、その絵が各国で受け入れられることはなかったのではないでしょうか。

アーツ・アンド・クラフツ運動にも影響を受けたラーションと、その妻カーリンが作り上げたのは、今なおインテリア雑誌に載っていても遜色のない創造的な我が家でした。

これには、生活の細部にまで芸術的視野を広げた日本美術への憧れが影響しているそうです。ラーションの著書『わたしの家族』の中では、「日本は芸術家としての私の故郷である。」とまで言わしめています。

今回の展示でラーションの絵を観て、カーリンの作るテキスタイルや服を感じた後では、丁寧で芸術的な暮らしに憧れる思いがいっそう強くなりました。
ラーションが日本に対して抱いていた憧れと同じように。

会場東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
開催期間2018年9月22日(土)~12月24日(月・休)
休館日月曜日(ただし9月24日、10月1日、8日、12月24日は開館)
開館時間10:00~18:00(金曜日は20:00まで開館、入館は30分まで)
所在地東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.sjnk-museum.org/
料金一般 1,300円、大学・高校生 900円(要証明)、65歳以上 1,100円(要証明)、中学生以下は無料(要証明)
展覧会詳細へ 「カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
新井幸代 新井幸代
興味の幅が広いため、美術館だけでなく、自然科学・歴史系の博物館も好きです。
直感の趣くまま、観たいな、良いな、と思った展覧会をレポートしていきたいとおもいます。
ブログ:~No Love, No Museum.~
http://ameblo.jp/nolove-nomuseum/

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社