インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」

国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2018年9月25日
「日本かぶれのナビ」と呼ばれたピエール・ボナールは、19世紀末から20世紀前半に活躍したナビ派の画家です。ナビ派の特徴ともいえる平面的・装飾的な画面に加えて、ボナールは日本美術の影響を強く受けているといわれます。

この展覧会の冒頭に出てくる細長い画面は、掛け軸を思わせますし、華奢な全身像の女性たちは、美人画のようにも見え、「日本かぶれのナビ」を感じることができます。


庭の女性たち 左から《白い水玉模様を着た女性》《猫と座る女性》《ショルダー・ケープを着た女性》《格子柄の服を着た女性》
こちらの4枚のパネルでは、女性たちの色とりどりのドレスの柄や、背景の植物を装飾化しているところが印象的でした。


左からポスター《百人展》《版画とポスター》《創作版画展》
ボナールは、ポスターや書籍・楽譜の挿絵も手がけました。当時のパリの風俗や柔らかなタッチで描かれた動物たちは、温かみがありなんとも愛らしいものです。


左から《浴盤にしゃがむ裸婦》《浴室の裸婦》
今回の展覧会では、「近代の水の精(ナイアス)たち」という章を設け、多数の浴槽の裸婦たちが展示されています。

裸婦の連作はボナールの特徴の一つでもあります。
それらは神経症の治療のため入浴が欠かせなかった妻マルトを描いたと言われていますが、マルトとの結婚後自殺したルネという女性の影響もあるとも言われています。

浴槽の女性たちの肌はいずれも滑らかで柔らかい室内の光の中で輝いています。


左から《猫と女性 あるいは 餌をねだる猫》《食卓の母と二人の子ども》
ボナールは家庭という身近な場面を描いていることから「親密派」とも呼ばれています。
今回もボナールの家族や飼われていた猫たちが登場する食卓の場面がありました。

ぼんやりと見える画面は「ふいに部屋に入った時一度に見えるもの」を描きたかったからだというボナールの言葉が残されています。

私はその画面に幸せな光景の中に潜む不安な空気を感じます。それは、20世紀初頭の不安定な社会情勢が絵の中に溶け込んでいるのかもしれません。


左から《にぎやかな風景》《地中海の庭》
展覧会終盤では、自然あふれるノルマンディー地方や南フランスなどの風景画が並びます。
青い空や豊かな木々の茂みは見ていてくつろいだ気持ちにさせられるものでした。
室内画のイメージが強かったボナールの違った一面も感じることができました。



ボナールの絵に登場した動物たちのオリジナルグッズも可愛かったです。
また絵の中の白猫ちゃんを演じた神田沙也加さんの音声ガイドもおすすめです。

近年注目度急上昇のナビ派の代表的な画家であるボナール。芸術の秋に足を運んでみてはいかがでしょうか。

会場国立新美術館 企画展示室 1E
開催期間2018年9月26日(水)~2018年12月17日(月)
休館日火曜日
開館時間10:00~18:00、金・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
所在地東京都港区六本木 7-22-2
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://bonnard2018.exhn.jp
料金一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円、中学生以下 無料
展覧会詳細へ 「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
根津美術館「江戸の茶の湯
江戸の茶の湯
東京国立博物館
人、神、自然
出光美術館
やきもの入門
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
Bunkamura
リヒテンシュタイン
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて
特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 カラヴァッジョ展 富野由悠季の世界 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
11/29 10時 投票スタート!
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社