インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」

国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2018年9月25日
「日本かぶれのナビ」と呼ばれたピエール・ボナールは、19世紀末から20世紀前半に活躍したナビ派の画家です。ナビ派の特徴ともいえる平面的・装飾的な画面に加えて、ボナールは日本美術の影響を強く受けているといわれます。

この展覧会の冒頭に出てくる細長い画面は、掛け軸を思わせますし、華奢な全身像の女性たちは、美人画のようにも見え、「日本かぶれのナビ」を感じることができます。


庭の女性たち 左から《白い水玉模様を着た女性》《猫と座る女性》《ショルダー・ケープを着た女性》《格子柄の服を着た女性》
こちらの4枚のパネルでは、女性たちの色とりどりのドレスの柄や、背景の植物を装飾化しているところが印象的でした。


左からポスター《百人展》《版画とポスター》《創作版画展》
ボナールは、ポスターや書籍・楽譜の挿絵も手がけました。当時のパリの風俗や柔らかなタッチで描かれた動物たちは、温かみがありなんとも愛らしいものです。


左から《浴盤にしゃがむ裸婦》《浴室の裸婦》
今回の展覧会では、「近代の水の精(ナイアス)たち」という章を設け、多数の浴槽の裸婦たちが展示されています。

裸婦の連作はボナールの特徴の一つでもあります。
それらは神経症の治療のため入浴が欠かせなかった妻マルトを描いたと言われていますが、マルトとの結婚後自殺したルネという女性の影響もあるとも言われています。

浴槽の女性たちの肌はいずれも滑らかで柔らかい室内の光の中で輝いています。


左から《猫と女性 あるいは 餌をねだる猫》《食卓の母と二人の子ども》
ボナールは家庭という身近な場面を描いていることから「親密派」とも呼ばれています。
今回もボナールの家族や飼われていた猫たちが登場する食卓の場面がありました。

ぼんやりと見える画面は「ふいに部屋に入った時一度に見えるもの」を描きたかったからだというボナールの言葉が残されています。

私はその画面に幸せな光景の中に潜む不安な空気を感じます。それは、20世紀初頭の不安定な社会情勢が絵の中に溶け込んでいるのかもしれません。


左から《にぎやかな風景》《地中海の庭》
展覧会終盤では、自然あふれるノルマンディー地方や南フランスなどの風景画が並びます。
青い空や豊かな木々の茂みは見ていてくつろいだ気持ちにさせられるものでした。
室内画のイメージが強かったボナールの違った一面も感じることができました。



ボナールの絵に登場した動物たちのオリジナルグッズも可愛かったです。
また絵の中の白猫ちゃんを演じた神田沙也加さんの音声ガイドもおすすめです。

近年注目度急上昇のナビ派の代表的な画家であるボナール。芸術の秋に足を運んでみてはいかがでしょうか。

会場国立新美術館 企画展示室 1E
開催期間2018年9月26日(水)~2018年12月17日(月)
休館日火曜日
開館時間10:00~18:00、金・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
所在地東京都港区六本木 7-22-2
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://bonnard2018.exhn.jp
料金一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円、中学生以下 無料
展覧会詳細へ 「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社