インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  上野の森美術館「フェルメール展」

上野の森美術館「フェルメール展」

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2018年10月4日

展示会場風景
今年一番の話題の展覧会ともいえる「フェルメール展」が始まりました。
プレス内覧会も多くの人やカメラで大賑わい。美術界のお祭り騒ぎのようでした。
それもそのはず、フェルメールの作品は世界中で35点しか現存しないといわれているのに、そのうち8点(あと1点は1月9日から)もがここ上野の森にやってきたということですから、話題となるのも必然です。

本展はフェルメールの作品と合わせて、17世紀のオランダ絵画も紹介されています。
この時代はオランダの黄金時代でもあり、優れた絵画が制作された時期でした。
会場を入ってすぐはフェルメールと同時代のオランダ絵画がしばらく続きます。
あれ、フェルメールじゃないの?と、はやる気持ちを少し抑えて、じっくりとこちらも見ていただくことをお勧めします。
生き生きとした人物画、巧みな静物画、たくさんの魅力的な作品に出合うことができます。


左からパウルス・ボル《キュディッペとアコンティオスの林檎》1645-1655年頃 アムステルダム国立美術館 ヤン・ファン・ベイレイト《マタイの召命》1625-1630年頃 カタリナ修道院美術館
オランダ絵画の特徴のひとつは、写実性。
本物そっくりの描写に、思わず近寄って観たくなります。
こちらのヤン・ウェーニクスの《野ウサギと狩りの獲物》は、当時流行った「狩猟画」です。 野ウサギのふわふわな毛皮が見事に表現されています。


左からヤン・ウェーニクス《野ウサギと狩りの獲物》1697年 アムステルダム国立美術館 ヤン・デ・ボンド《海辺の見える魚の生物》1643年ユトレヒト中央美術館
また、フェルメールでもおなじみの「風俗画」もこの当時にはたくさん描かれました。
こちらは、ハブリエル・メツーの2作ですが、どうやら対になっているようです。
左の男性は手紙を書き、右の女性は手紙を読んでいます。彼から彼女へのラブレターなのでしょう。

それぞれの作品の中に描かれた「画中画」にもご注目ください。
男性側には「多情」や「欲望」を意味するヤギの絵が描かれており、女性の側には「荒れた海」の絵がカーテンで隠されています。
その後の2人の恋のゆくえが気になってしまいますね。


いずれもハブリエル・メツー1664-1666年頃 アイルランド・ナショナル・ギャラリー 左から《手紙を書く男》 《手紙を読む女》
階段を下るといよいよ、フェルメールの作品が一堂に会する「フェルメール・ルーム」が姿を現します。
すこし照明を落とした会場では、《マルタとマリアの家のキリスト》《ワイングラス》《リュートを調弦する女》《手紙を書く女》《手紙を書く婦人と召使い》《真珠の首飾りの女》《赤い帽子の娘》(※12月20日(木)までの期間限定展示)《牛乳を注ぐ女》の8点が観られます。


ヨハネス・フェルメール 左から《リュートを調弦する女》1662-1663年頃 メトロポリタン美術館 《ワイングラス》1661-1662年頃 ベルリン国立美術館
柔らかな光の中での人々の日常が、生き生きと描かれています。
《ワイングラス》では窓辺のステンドグラスが透明に輝いています。また、《牛乳を注ぐ女》の陶器に反射した光の粒は、室内のぬくもりを感じるようです。
当たった素材によって反射する光を描き分けているなんて、さすが「光の魔術師」とも形容されるフェルメールです。

フェルメールの面白さはその穏やかな光景の裏側に隠された寓意を知ることでもあります。
壁に掛けられた絵や地図、無造作に置かれた楽器やワインなどの小道具で、登場人物たちの置かれた状況を暗示しているとのことです。

おすまし顔の裏には、ハラハラドキドキの彼女たちの恋の駆け引きが見え隠れしています。
音声ガイドや小冊子でそれらを確認するのももうひとつの楽しみ方かもしれません。


ヨハネス・フェルメール 左から《手紙を書く婦人と召使い》1670-1671年頃 アイルランド・ナショナル・ギャラリー 《手紙を書く女》1665年頃 ワシントン・ナショナル・ギャラリー


会場上野の森美術館
開催期間2018年10月5日(金)~2019年2月3日(日)
休館日12月13日(木)
開館時間9:30~20:30 (開館・閉館時間が異なる日があります)
所在地東京都台東区上野公園1-2
0570-008-035(インフォメーションダイヤル)
HP : www.vermeer.jp/
料金一般 2,500円、大学・高校生 1,800円、中学・小学生 1,000円、未就学児は無料。当日券は、前売日時指定券の販売に余裕があった入場時間枠のみの販売(前売り券の+200円)。
展覧会詳細へ 「フェルメール展」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社