インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  東京国立博物館「マルセル・デュシャンと日本美術」

東京国立博物館「マルセル・デュシャンと日本美術」

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2018年10月1日
現代美術の入門書には必ず登場する重要人物、マルセル・デュシャン。
20世紀で偉大な足跡を遺したアーティストの1人と言われています。
第1部「デュシャン 人と作品」ではその芸術性を振り返る大規模な回顧展です。


会場風景:マルセル・デュシャン《自転車の車輪》 1964(レプリカ/オリジナル1913)Philadelphia Museum of Art:Gift of the Galleria Schwarz d’Arte,Milan,1964

デュシャンと言えば、私たちが日常に使用している工業製品に芸術的な意味付けをする「レディ・メイド」が有名ですが、会場の入り口にあるのがこちらの《自転車の車輪》です。

白いスツールに穴をあけ自転車の車輪を取り付けたこの作品を、私たちはどのように鑑賞すればよいのでしょう。デュシャンは作品を制作する際に車輪を回して気晴らしをするために、この作品を作ったと語ったそうです。デュシャンはこの車輪を回しながら、数々のアイディアを生み出していったのでしょうか。

本展では、デュシャンが10代から制作していた絵画も展示されていて、とても貴重です。


会場風景:(右奥)マルセル・デュシャン《階段を降りる裸体 No. 2》1912年 Philadelphia Museum of Art: The Louise and Walter Arensberg Collection, 1950 / (左手前)マルセル・デュシャン《叢》1910年 Philadelphia Museum of Art: The Louise and Walter Arensberg Collection, 1950

デュシャンが20代になると美術界ではピカソたちが提唱したキュビスムが現れました。
デュシャンの代表作《階段を降りる裸体 No. 2》はこのキュビスムに影響された作品ですが、階段を下りてくる時間的な経過を一枚の画面の中に残そうとしたことで画期的でした。
作品を見ていると、アニメーションがコマ送りになって表れているように感じます。


会場風景:(手前)マルセル・デュシャン《泉》1950年(レプリカ/オリジナル1917年) Philadelphia Museum of Art: 125th Anniversary Acquisition.Gift (by exchange) of Mrs. Herbert Cameron Morris, 1998

多くの芸術家たちが「視覚」に重点をおいて制作をしていたことに反して、デュシャンは「観念」を重視するようになります。
この辺からのデュシャンを理解する事は、少し難しくなっていきます。

次室では、デュシャンの代表作《チョコレート磨砕器》《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも(大ガラス)》《瓶乾燥器》が並びます。
デュシャンにとって何かを回転させるということに特別の意味があったようです。

そしてセンセーショナルとなった《泉》が展示されています。
ただの便器なのに「R.MUTT 1917」というサインを見て有難がっている私たち鑑賞者。なんだか滑稽です。
「芸術ってなんだろう?」という大変な命題を問いかけられているのでしょうか。


会場風景:マルセル・デュシャン《マルセル・デュシャンあるいはローズ・セラヴィの、または、による(トランクの中の箱)》1935-41年、1963-65年(中身)、シリーズF、 1966年版 Philadelphia Museum of Art: Gift of Anne d’Harnoncourt, 1994

一時は芸術から距離を置きチェス・プレイヤーとなったことや、ローズ・セラヴィという女性名義で活動をしていたことなど、彼独特のイマジネーションを知る事もできます。


会場風景:(左から)マルセル・デュシャン《1913年開催の有名な国際展「アーモリー・ショー」50周年記念》1963年 Philadelphia Museum of Art: Gift of Jacqueline, Paul, and Peter Matisse in memory of their mother, Alexina Duchamp, 1998 / マルセル・デュシャン《「マルセル・デュシャンあるいはローズ・セラヴィによる、または、の」展のための「ポスターの中のポスター」》1963年 Philadelphia Museum of Art: Gift of Jacqueline, Paul, and Peter Matisse in memory of their mother, Alexina Duchamp, 1998 / マルセル・デュシャン《「ダダ1916-19234」展、シドニー・ジャニス画廊、ニューヨーク、1953年4月15日-5月9日》1953年Philadelphia Museum of Art: Gift of Jacqueline, Paul, and Peter Matisse in memory of their mother, Alexina Duchamp, 1998

欧米の現代作品を紹介した「国際現代美術展」(アーモリー・ショー)への出展がきっかけで、デュシャンはニューヨーク・ダダの中心人物となり、その後の活動はアメリカが拠点になっていきました。
視聴覚ブースでは、大掛かりな《遺作》がどのような作品であったかを体験できるようになっています。


(手前)伝千利休作《竹一重切花入 銘 園城寺》安土桃山時代・天正18年(1590) 東京国立博物館

第2部「デュシャンの向こうに日本がみえる。」では、西洋の芸術観とは異なる日本美術についての展示です。 古来からの芸術のあり方に疑問符を投げかけたデュシャンの思想とわが国が独自に発展していった美術にはどこか共通点がある様に感じられます。

私たちが芸術作品を「見ること」で心を揺さぶられることは、間違いではないはず。しかし、芸術を「思考する」という新しい捉え方をして、現代美術に大きな影響を与えたマルセル・デュシャンの考える芸術とは何だったのでしょうか。
会場で実物を見て体験してみてはいかがでしょうか。


会場東京国立博物館 平成館 特別第1・2室
開催期間2018年10月2日(火)~2018年12月9日(日)
休館日月曜日
開館時間9:30~17:00、毎週金・土曜日は21:00まで(入館は閉館の30分前まで)
所在地東京都台東区上野公園13-9
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://duchamp2018.jp/
料金一般 1,200円/大学生 900円/高校生 700円/中学生以下 無料
展覧会詳細へ 「マルセル・デュシャンと日本美術」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡
ラファエル前派
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
東京国立博物館「特別展 美を紡ぐ
日本美術の名品
三井記念美術館「鎌倉禅林の美 円覚寺の至宝」'
円覚寺の至宝
東京国立博物館「国宝
国宝 東寺
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
森アーツセンターギャラリー「ムーミン展」
ムーミン展
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
国立西洋美術館「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ
ル・コルビュジエ
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
サントリー美術館「information
左脳と右脳
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
奈良国立博物館「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」
[エリアレポート]
藤田美術館展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
インターネットミュージアム アルバイト募集中
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 特別展 「恐竜博 2019」
特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」 ムーミン展 六古窯 ― 〈和〉のやきもの
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社