インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  東京都庭園美術館「エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し」

東京都庭園美術館「エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し」

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2018年10月5日
東京都庭園美術館の建物は、1933年に建てられたアール・デコ様式で有名な旧朝香宮邸です。そんな建築ならではのアール・デコの展示は、当時の雰囲気を味わいながらの素敵な展覧会です。

今回は、アール・デコの服飾や調度品、絵画、彫刻の中でも、特に「エキゾティック×モダン」に着目しています。
フランス発祥のアール・デコは1920年代から始まったデザイン様式。直線的ですっきりとしたモダンさが特徴です。

この当時は世界的にジャズが流行り、黒人プレイヤーがアメリカから渡欧してきました。 また、アジアやアフリカなどの独特の文化が植民地から入り込んできました。 それまでの西洋文化と異なるエキゾチズムが、アール・デコのデザインのヒントともなっていました。


展示風景 左手前 ポール・ポワレ カフタン・コート《イスファハン》
ポール・ポワレは、コルセットから女性を解放したデザイナーですが、モードの世界に異国情緒を取り入れたひとりでもあります。
着物のような打ち合わせやなど、東洋を意識したシルエットや布地を使い、パリの女性たちを魅了しました。


ヴァン・クリーフ&アーペル 左《中国風の卓上時計》 右《中国人奇術師の懐中時計》
ヴァン・クリーフ&アーペルやショーメといった高級宝飾店では、時計やジュエリーのデザインにエキゾティックなモチーフを使いました。
これらを所有する上流社会の人々には「モダン」なデザインとして受け入れられていたようです。

右の《中国人奇術師の懐中時計》はボタンを押すと奇術師の腕が上がり、時・分を指すのだそうです。動いているところを見たかったです。


展示風景 正面 ジャン・デュナン《栗の木》
ジャン・デュナンは、渡仏した漆職人の菅原精造から技術を学びました。
2階広間に飾られた《栗の木》という作品は、この建物の室内装飾ともよく調和しています。


ポール・コラン《シャンゼリゼ劇場 バル・ネーグル》
黒人ジャズ・プレイヤーと共に注目を浴びていたのが、黒人ダンサーたちでした。
その中でもジョセフィン・ベイカーは「黒いヴィーナス」と称えられるほどの人気を博しました。

また、黒人ピアニストを恋人にしたイギリスの資産家ナンシー・キュナードは、人種差別と向き合うことになりました。
こちらの展示室では2人の女性に注目しています。


ルネ・ブルー デザイン / エドモン・タピシエ タペストリー原画《肘掛け椅子》
こちらの肘掛け椅子は、アフリカのラクダとインドシナの象そしてフランスを表す鶏があしらわれています。南国情緒あふれた色彩豊かな美しさの中に、諸外国を統治していたフランスのナショナリティが象徴的に表現されていました。


手前 フランソワ・ポンポン《シロクマ》
第一次大戦により惨禍を受けた野生動物を保護しようと、植民地からたくさんの動物が運ばれてきました。それは近代動物園の始まりでもあり、フランソワ・ポンポンをはじめとした動物彫刻家たちは動物園での観察が制作の参考になっていたそうです。

今まで、デザインの一形式としてアール・デコを捉えていたのですが、今回の展示からその着想の中にエキゾティックという重要なキーワードがあったことを学べました。

第一次世界大戦の傷跡や植民地との関係が、政治の世界だけでなく文化へも大きな影響を与えていたことが分かり、アール・デコとは何だったのかという深い理解につながりました。

都心の庭園の中にそこだけ時が止まったように佇む旧朝香宮邸で、異国情緒あふれるアール・デコの世界に浸れる素敵な展示でした。

会場東京都庭園美術館
開催期間2018年10月6日(土)〜 2019年1月14日(月・祝)
休館日毎月第2・第4水曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始
開館時間10:00~18:00、夜間開館(11/23・11/24・11/30・12/1・12/7・12/8)は20:00まで(いずれも、入館は閉館30分前まで)
所在地東京都港区白金台5-21-9
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.teien-art-museum.ne.jp/
料金一般 1,200円、大学生(専修・各種専門学校含む) 960円、中学生・高校生 600円、65歳以上 600円
展覧会詳細へ 「エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社