インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  印刷博物館「天文学と印刷 新たな世界像を求めて」

印刷博物館「天文学と印刷 新たな世界像を求めて」

文 [エリアレポーター]新井幸代 / 2018年10月19日
一般的な展示室よりも更に暗いであろう中を進んで行くと、スポットライトに浮かび上がる書物たち。
その中には、「書物芸術史上最高傑作の1つ」とも言われる貴重本もあり、「天文学と印刷」という企画展タイトルと相まって、さながら闇夜に瞬く星の煌きのような存在感です。


展示室入り口


ハルトマン・シェーデル『ニュルンベルク年代記』1493年

天文学と印刷という、一見無関係に思える2つを組み合わせた展示内容への期待感も高まります。
展示内容は天文学を主として、それぞれの分野が発展するターニングポイントになった図版が取り揃えられています。
執筆者はコペルニクス、ケプラー、ガリレオ、ニュートンなど、有名どころです。

また、自著の下絵・活版の書体の開発、印刷まで行った天文学者たちも取り上げられていました。
現代のように専門職に分かれていなかったため、何でも自分でこなすマルチクリエイターのような学者が多くいたというのは意外でした。

図版というだけあって、ふんだんに使われている図も見所の1つです。手彩色の鮮やかなもの、多色刷りを駆使したもの、付録つきとも言えるような星座盤のように回転させて使う惑星運行の計算盤が組み込まれたものなど。


ブラウ<中国図>1650年頃


ペトルス・アピアヌス『皇帝の天文学』1540年
使用された銅版画には、アルブレヒト・デューラーや司馬江漢といった画家によるものもありました。
美術館で特集されたとしても展示に加えられることは少ないであろう、本業とは違った一面が垣間見られるのも、本展ならではと思いました。


司馬江漢<天球図表>1796年、80-10.<天球図裏>1796年 他
また、複製本の作製・展示と、想定再現での表組みの組版が展示されているところが本博物館ならではと言えましょう。


左/レギオモンタヌス『天文暦』(参考)表組み組版
星と星を結びつけて目には見えない星座を思い浮かべるように、天文学などの学術書をつなぎ浮かび上がってきたものは、印刷の発展により著者の思考が容易に伝えられるようになったお陰で学術的発展が加速した近代科学の歴史でもありました。

普段何気なく見上げることの多い夜空の星ですが、本展観覧後は天文学者の面影を感じながら眺めるのも良い体験かもしれません。

会場印刷博物館
開催期間2018年10月20日(土)~2019年1月20日(日)
休館日月曜日(ただし12月24日、1月14日は開館)、12月25日(火)、12月29日(土)~1月3日(木)、1月15日(火)
開館時間10:00~18:00(入館は17:30まで)
所在地東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル内
03-5840-2300(代)
HP : https://www.printing-museum.org/
料金一般 800円、学生 500円、中高生 300円、小学生以下は無料
展覧会詳細へ 「天文学と印刷 新たな世界像を求めて」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
新井幸代 新井幸代
興味の幅が広いため、美術館だけでなく、自然科学・歴史系の博物館も好きです。
直感の趣くまま、観たいな、良いな、と思った展覧会をレポートしていきたいとおもいます。
ブログ:~No Love, No Museum.~
http://ameblo.jp/nolove-nomuseum/

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社