インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  MIHO MUSEUM「百の手すさび 近代の茶杓と数寄者往来」

MIHO MUSEUM「百の手すさび 近代の茶杓と数寄者往来」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2018年10月19日


茶道具の展示は多いですが、珍しく茶杓に着目した展覧会です。

身近な材料の竹を使った、小さく軽い茶匙ですが、茶人にとっては武士の刀ほど大切なものと言われています。


千利休作 茶杓 銘 (展示11/11まで)「タゝイヘ様参」 大永2年−天正19年(1522−91) 長18.0/丸櫂先・丸撓/本樋・一本樋/直腰・中節/四刀/重1.6

茶人たちは自ら竹を削って茶杓を作り(そのための下削りを行う人々もいたそう)、欲しいという相手に差し上げたとのこと。
茶杓は人と人を繋ぐコミュニケーションツールでもありました。

今回の展覧会は竹芸家の池田瓢阿氏が監修、近代数寄者の中心的存在の益田鈍翁を軸として百有余点の茶杓が展示されています。


益田鈍翁作 二本入茶杓 銘「亀のをの」 大正13年(1924)作 瀧:長18.1/丸櫂先・折撓/逆樋・一本樋/蟻腰・中節/五刀/重2.6 岩根:長18.1/丸櫂先・折撓/逆樋・一本樋/直腰・中節/五刀/重1.9

筒上部の「〆」は手紙の緘と同じ意味です。
鈍翁と親交があった、豪華な顔ぶれの近代数寄者たちの茶杓も一堂に展示。


高橋箒庵作 茶杓 銘「雲龍」 長17.6/遠州型櫂先・折撓/本樋・双樋/直腰・中節/二刀/重1.6

高橋箒庵は、本名高橋義雄、三越を近代的流通、文化発信を行う百貨店の嚆矢とし、茶の道では自由に茶を楽しむ江戸時代の松平不昧に私淑、その理想を追求。
直線的なダークカラーの茶杓にも彼のバイタリティが滲み出ているよう。

他には畠山即翁、住友春翠、小林逸翁などの茶杓も。
バリエーション豊かな茶杓がそれぞれの個性や贈り先への心遣いを表し、数寄者たちの心の交流を浮き彫りにしてくれます。

これらの近代数寄者達のコレクションが、散逸を避け、現代まで続く美術館に収められていることはご存知の通りです。



展示終盤には、文化人たちの茶杓のコーナーも設けられており、谷崎潤一郎や吉川英治などの作家や、川喜田半泥子、橋本関雪、朝倉文夫、堂本印象などの芸術家や、上村松園、新島八重、柳原白蓮といった女性の手による茶杓も見ることができます。

深くて広く、味わいぶかい茶杓の世界。
信楽の秋の景色を楽しみながら、覗きに行かれてはいかがでしょうか。



会場MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)
開催期間2018年10月20日(土)~2018年12月2日(日)
休館日月曜日
開館時間10:00-17:00(入館は16:00まで)
所在地滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
0748-82-3411
HP : http://miho.jp
料金大人 1,100円、高校・大学生 800円、小学生・中学生 300円
展覧会詳細へ 「百の手すさび 近代の茶杓と数寄者往来」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社