インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」

国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2018年10月15日

入口風景
名作アニメ「フランダースの犬」の最終回で、主人公ネロが一目見たいと望み続けた絵画の前で愛犬パトラッシュとともにこと切れるという印象的な場面がありました。
その舞台となった聖母大聖堂の祭壇画の作者こそ、ルーベンスです。
世界的に偉大な画家としての評価の高さの割に、日本人にとって身近に感じられないことのひとつに、宗教をテーマにした作品が多いこともあるのかもしれません。

ルーベンスの生きた時代は、カトリックとプロテスタントの攻防の激しい時。
文字の読めない庶民にカトリックのすばらしさを理解させるために、ドラマティックでわかりやすい宗教画が必要でした。それがカラバッジョからルーベンスへと続くバロック美術の意義です。
宮廷から認められたほどの教養人であったルーベンスは、豊富な知識をもとに教義を人々に絵画で表現していきました。


(左から)ペーテル・パウル・ルーベンス《眠る二人の子供》 1612-13年頃 国立西洋美術館/ ペーテル・パウル・ルーベンス《幼児イエスと洗礼者聖ヨハネ》1625-28年頃 フィンナット銀行
宗教画や物語画の登場人物を描くには、人物描写の巧みさが必須です。
展覧会の初めの部屋では、子供たちを描写した絵が3枚ほど続きます。
西洋人特有のバラ色の頬を持つ子供たち。
あまりの愛らしさに頬を寄せたくなってしまうほどです。


ペーテル・パウル・ルーベンス《髭をはやした男の頭部》1609年頃 コルシーニ宮
こちらの絵は、同じ人物を3方向から描いたものの一枚だそうです。
大画面での物語表現をするために人物の描き方を鍛錬していたようです。
巻き毛や髭の筆運びがスムーズで、質感がリアルに伝わってきます。


ペーテル・パウル・ルーベンス《法悦のマグダラのマリア》1625-28年 リール美術館
多くの画家がテーマとして描いてきたこちらの《法悦のマグダラのマリア》。
キリスト教に詳しくない私にとって「法悦」という状況はなかなかピンとこないのですが、信仰によって霊的な体験をしたということだそうです。
それをぐったりとして生気のない様子で描いたこちらの作品は迫真の表現です。


(左から)ペーテル・パウル・ルーベンス《「噂」に耳を傾けるデイアネイラ》1638年 サバウダ美術館 / 《ヘラクレスの頭部》2世紀 カピトリーノ美術館 / ペーテル・パウル・ルーベンス《ヘスペリデスの園のヘラクレス》1638年 サバウダ美術館
観覧者との比較でどれほどの大画面かがお分かりいただけると思います。
当時はこれらの絵画が壮麗な教会や宮殿の中に飾られていたのでしょう。
まるで動きを瞬間で止めたような肉体や衣の躍動感。
画家を志したネロが憧れたというエピソードにあるように、人々に憧憬と畏敬の念を抱かせます。


(いずれとも)ペーテル・パウル・ルーベンス《マルスとレア・シルウイア》1616-17年 リヒテンシュタイン侯爵家コレクション
このように大きな作品の注文が次々とあったため、大規模な工房での作業は必然となります。
ルーベンスは工房の職人たちに的確に指示を出し、入念にチェックをしてクオリティーの高いものへと仕上げていったそうです。
絵が巧みであるという芸術家の側面に加え、人を率いるリーダーとしての力量も兼ね備えていたことが想像できます。


ペーテル・パウル・ルーベンス《エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち》1615/16年 リヒテンシュタイン侯爵家コレクション
キリスト教で知られた一場面を、まるで今そこで起こったかのように迫力ある大画面で描いたルーベンス。
その画力の確かさは、キリスト教をよく知らない私にも真に迫って伝わりました。
でももっと聖書の事を知っていたら、より楽しめることでしょう。
西洋美術を深く知るために、勉強を深めてみたいなとも思いました。


会場国立西洋美術館
開催期間2018年10月16日(火)~2019年1月20日(日)
休館日月曜日(ただし12/24、1/14は開館)、12/28~1/1、1/15
開館時間9:30~17:30、金、土曜日は20:00まで。 ※ただし11/17は17:30まで。 ※入館は閉館の30分前まで
所在地東京都台東区上野公園7-7
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.tbs.co.jp/rubens2018/
料金一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円
展覧会詳細へ 「ルーベンス展 ― バロックの誕生」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
根津美術館「江戸の茶の湯
江戸の茶の湯
東京国立博物館
人、神、自然
出光美術館
やきもの入門
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
Bunkamura
リヒテンシュタイン
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて
特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 カラヴァッジョ展 富野由悠季の世界 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
11/29 10時 投票スタート!
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社