インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」

国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2018年10月29日
明治から150年 その間に何が起こった?



150年前、江戸から明治の幕開け、近代化の道を歩き始めます。日本の科学技術は諸外国に学び、目覚ましい発展をとげました。

江戸から明治の転換によってもたらされた大変革は、科学技術のレベルも、30~40年で世界と並ぶ分野も出てきます。それらの遺産が、今、国立科学博物館に大集結。その数はなんと600以上です。

展示内容は多岐に渡り、家電、乗り物、電話、テレビ、パソコンなど懐かしいと声を上げてしまうものが一杯。
何に興味を示すかで、年代が見えるのも興味深いところ。3世代で訪れると反応の違いも面白そうです。




展示は多種多様、どこをどう見たらよいのか戸惑ってしまいます。
そこで登場するのが昌平坂学問所(江戸幕府の直轄教育機関)にいた伝説の霊獣「鬼龍子」。学問の進歩を220年、見続けてきました。





章見出しのパネルに登場し、質問を投げかけます。それに当時の人が答えています。
まずはこの部分を追っていけば、ポイントが理解できます。

また、世界に誇る科学・技術をつくり出した人物や、それにまつわるエピソード。
当時の人の驚きが「エピソード」というパネルで示されています。
興味のあるところから、このナビゲーションを頼りに見ていくと、わかりやすいでしょう。

時間にルーズだった日本人!



興味を持ったのは「昔は日本人も時間にルーズだった」という解説です。
幕末に日本に来た外国人は、時間にルーズな日本人に驚いたのだそう。

当時、日本には定時法がなかったため、地域によって時間がまちまちだったようです。
明治になってやっと時間で働く社会になりましたが、50年たっても、改善されませんでした。

大正から昭和になってやっと時間厳守が広がったのだといいます。
時間が正確な国として定評の日本。それは昭和になってからというのは驚きです。

水晶、そして世界初のクォーツ腕時計へ



時計は水晶の性質を応用し、クォーツ時計へ発展しました。
大正2年に国産初の腕時計をセイコーが開発してスイスに追いつきました。そして1969年(昭和44)、世界初のクォーツ腕時計を日本が発売します。
水晶によって精度は2桁あがったと言われています。

未来へ伝えたいもの



開会式では次のようなご挨拶がありました。

「科学技術を未来に向けてどう活用すればよいかを考えるきっかけにしてほしい」
「この展示の本質は、もう一度我々日本が技術大国として復活できる自信を持つこと」
「科学技術の外側にはデザインがあり、一体となったとき素晴らしい感性が生まれる」
「一歩だけ前に進む」笑いがこだまする開会式でした。

明治からこれまで150年、先人たちの功績を目の当たりにすると否応なく日本の技術力のすばらしさを感じさせられます。

これから科学技術が、いかに活用されどんな暮らしを私たちにもたらしてくれるのか。
新たな元号を迎える最後の節目の年に、立ち止まり振り返り、そして未来に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

会場国立科学博物館
開催期間2018年10月30日(火)~2019年3月3日(日)
休館日月曜日(ただし、12/24、1/14、2/11、2/25は開館)、12/28~1/1、1/15、2/12
開館時間 9:00~17:00、金・土曜日は~20:00まで(入館は閉館30分前まで)
所在地東京都台東区上野公園7-20
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://meiji150.exhn.jp
料金一般・大学生 1,600円、小・中・高校生 600円
展覧会詳細へ 「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社