インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」

東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」

文 [エリアレポーター]新井幸代 / 2018年11月12日
東京都写真美術館で初めての試みとなる、建築をテーマとした企画展が開催されています。
本展示は2つの章から成り、第1章で建築が被写体となった歴史を紐解き、第2章で写真家を通して見た建築の美しさ、面白さ、時間的・空間的な制約などを共有することができます。

第1章

写真を撮るだけで8時間もかかったような初期の写真技術においては、動かない建築が被写体として好都合でもありました。


左)シャルル=イジドール・ショワズラ&スタニスラス・ラテル《旧フロールの館とチュイルリー公園》1845年 ダゲレオタイプ

世界最初の実用写真技術であるダゲレオタイプは、銀メッキされた銅版を1回1回用いたため、角度によって反射しています。

記録する役割に始まった建築写真は、時代を辿るごとに徐々に個性が滲み出す様が見て取れました。


ベルント&ヒラ・ベッヒャー《9つの戦後の家》1989年 ゼラチン・シルバープリント

第2章

11人の写真家それぞれにつき、1テーマで構成されています。
11人の中には建築写真で有名な方はもちろん、建築以外のシリーズで有名な方もいらっしゃいました。
テーマも、特定の建築(伊勢神宮、桂離宮など)、地域(軍艦島、九龍城など)、建築家(丹下健三、ガウディ、コルビュジエなど)といったようにバラエティに富んでいます。


左)奈良原一高<人間の土地>より《緑なき島ー軍艦島:アパートの階段》1954-57年 / 右)奈良原一高<人間の土地>より《緑なき島ー軍艦島:アパートの道》1954-57年 共にゼラチン・シルバープリント

今回のチラシに使用されている原直久さんの作品群は、モノクロにも関わらず、路地裏を探検しているときのような臨場感が印象的でした。


左)右)共に 原直久<イタリア山岳丘上都市>より《チステルニーノ,イタリア,1984》1984年 ゼラチン・シルバープリント

石元泰博さんの<桂>シリーズでは、建築写真では撮らないような庭の敷石と苔の質感・パターンにまで着目された作品がありました。
私たちが建築に想いを馳せるときには、庭、内装を含めた空間全体を捉えているのかもしれないと感じました。


石元泰博<桂>より《古書院御輿寄前中坪の延段・石と苔》1953年 ゼラチン・シルバープリント

同じ東京都写真美術館で開催された柴田敏雄さんの個展では、ダムや橋、道路端斜面の落石防止コンクリートといった、美術的用途が主たるものではない社会インフラの美しさが引き出されていました。

今回は、ベルギーの建築家ローラン・ネイさんの手掛けた橋でした。
これまでとは対称的に、建築家の意図した美が既にある状態から何を抽出するのかに興味がありました。


左)柴田敏雄《Second Schelde Bridge,Temse,Belgium 2013》2013年 / 右)柴田敏雄《Smedenpoort Footbridges,Bruges,Belgium 2013》2013年 共にインクジェット・プリント

その場所に、その瞬間建っていること。
そんなシンプルな美しさを感じました。

この建築と写真という組み合わせは、担当学芸員の方が長年温めてきた企画とのことです。
内覧会では、図録に載っていないような、言われなければ気づかないような点まで解説して頂き、作品の背景を知ることができました。
平日(第1・第3金曜日 14:00~)のみの開催ですが、ギャラリートークもお勧めです。


会場東京都写真美術館
開催期間2018年11月10日(土)~2019年1月27日(日)
休館日月曜日(ただし、12/24、1/14は開館。12/25、1/15は休館)、年末年始(12/29~1/1)
開館時間10:00~18:00、木・金は20:00まで(12/28、1/4は18:00まで、いずれも入館は閉館30分まで)、1/2・3は11:00~18:00
所在地東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
03-3280-0099
HP : http://topmuseum.jp
料金一般 600円、学生 500円、中高生・65歳以上 400円
展覧会詳細へ 「建築 × 写真 ここのみに在る光」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
新井幸代 新井幸代
興味の幅が広いため、美術館だけでなく、自然科学・歴史系の博物館も好きです。
直感の趣くまま、観たいな、良いな、と思った展覧会をレポートしていきたいとおもいます。
ブログ:~No Love, No Museum.~
http://ameblo.jp/nolove-nomuseum/

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社