インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」

東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2018年10月26日
絵画に興味のない人でも知っている世界的名画といえば、レオナルド・ダ・ヴィンチの《モナ・リザ》と並んで、エドヴァルド・ムンクの《叫び》ではないでしょうか。


会場風景
道の途中で夕日に溶けてしまいそうな人物が、両耳を塞いで叫び声をあげているような衝撃的な作品。 多くの人がこのポーズをまねた経験がある事でしょう。

この有名な作品を描いたムンクは、どんな人生を歩み、その他にはどんな作品を遺したのでしょうか。
本展はムンク80年の生涯全般にわたっての包括的な展覧会です。


いずれも《病める子 Ⅰ》1896年
ムンクは少年時代に母と姉を相次いで病気で失い、自身も病弱だったといわれています。
作品の中に常に生と死が予感されるようなのは、このような体験が大きかったのではないでしょうか。

家族の臨終をテーマにした作品を多く制作しましたが、こちらの「病める子」のシリーズは特に、姉ソフィエの死が影響しているといわれます。


左から《森の吸血鬼》1916-1918年《吸血鬼》1916-1918年
ムンクは同じテーマを繰り返し制作することでも知られています。
本展でも《接吻》《吸血鬼》《マドンナ》などのテーマ作品が見られます。

同じテーマでも、油彩画、木版画、リトグラフなどの制作方法が異なっていたり、同じリトグラフの作品でも色や描かれ方が微妙に異なっていたりします。
ムンクにとっては何作描いても到達しきれないほど、そのテーマを深く追及していたのではないでしょうか。


左から《マラーの死》1907年 《クピドとプシュケ》1907年
ムンクの作品には、苦しみを抱える男女の恋愛の姿を描いたものが多くあるように感じます。
そのほとばしるような感情が大胆な荒々しいタッチとなって、私たちの心に直接飛び込んでくるかのようです。


《叫び》1910年?
本展の話題作品である《叫び》は、思ったよりも小さかったこと、厚紙に油彩とテンペラで描かれていることに驚きました。
この有名な作品を日本に居ながら見ることができるのは本当に贅沢なことです。
隣にある《絶望》もまた同じ構図で描かれています。
まるで対をなしているような2作品を並べて見られることにもご注目ください。


《すすり泣く裸婦》1913-1914年
幼いころから死が身近にあり、恋愛や対人関係にも悩みを抱えていたムンクの作品に心を動かされる人が多いのは、人が生きていく中で普遍的に感じる苦悩や不安に共鳴するものがあるからかもしれません。
《叫び》はもちろん一生に一度見ておきたい作品ですが、それ以外にも見どころの多い本展をゆっくり味わってみてはいかがでしょうか。


オリジナル・グッズ
また、今回のオリジナル・グッズは、ビームスや湖池屋、さらにポケモンとのコラボ商品が大注目です。
こんなに多くのコラボ商品が生まれるほど《叫び》はインパクトの大きい作品だということかもしれませんね。
※グッズは数量限定のため、売り切れの場合があります。


会場東京都美術館
開催期間2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日)
休館日月曜日(ただし、11/26、12/10、12/24、1/14は開室)、12/25、12/31、1/1、1/15
開館時間9:30~17:30、金曜日は20:00まで(入室は閉室の30分前まで)
所在地東京都台東区上野公園8-36
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://munch2018.jp
料金一般 1,600円、大学生・専門学校生 1,300円、高校生 800円、65歳以上 1,000円 ※各種割引情報は「展覧会詳細へ」をご確認ください。
展覧会詳細へ 「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社