インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」

あべのハルカス美術館「ミラクル エッシャー展」

文 [エリアレポーター]tomokoy / 2018年11月15日
大阪・天王寺のあべのハルカス美術館で開催されている「ミラクル エッシャー展」。
エッシャーと聞いてまずイメージするのは、やはりこのチラシにあるような、まか不思議な世界です。



理屈抜きで楽しめそう、と足を運びました。

展示は8つのキーワードを切り口に展開されています。
最初のキーワードは『科学』。エッシャーの作品の、どのあたりが科学なのでしょうか。


《貝》 妙な存在感があります。
科学というと、何となく理科の実験のようなものを連想しますが、エッシャーが関心をもっていたのは幾何学、そして結晶学というもの。
自分は「結晶学というものがこの世にあるのか(知らなかった…)」という人間ですが、その道の人にとっては、たまらない展示なのではないかと思います。

次のキーワードは『聖書』。天地創造など、聖書にちなんだ作品が並びます。


《バベルの塔》 イスラエル博物館の学芸員の方が解説中。
エッシャーは、建築装飾美術学校で学んでいたそう。なるほど、描かれた構造物の揺るぎなさに納得です。

『風景』。
イタリアのアマルフィ海岸など、急勾配の土地を描いた風景作品が並びます。
エッシャー自身はオランダ生まれのオランダ育ちですが、イタリアの風景に魅せられて、結婚を機に10年ほど住んでいたとのこと。縁の深い土地だったようです。

『人物』。
なかなか味のある作品が並んでいます。こちらは若かりし日の自画像。


《椅子に座っている自画像》 1920年 All M.C. Escher works © The M.C. Escher Company, The Netherlands. All rights reserved. www.mcescher.com
『広告』。
くっきりと迷いのない線が見ていて心地よく、それでいて手仕事の温かみを感じます。
商業デザイン以外に、エッシャーがわが子の誕生を知らせるグリーティングカードも。とても愛らしいです。

『技法』。
ここで目を奪われたのは≪扁形動物≫という作品。
扁形(へんけい)動物とは、その名の通り体の平たい生物ですが、彼らが画面の四方から現れ、どこが始まりとも終わりともわからない空間を漂う様子を確認できます。


《扁形動物》 写真の右端の作品。
エッシャーはさまざまな技法に熟達し、例えばリトグラフをメゾチントに見せかける、などの技巧をこらしていたそう。
門外漢にはその価値がわからず、扁形動物に目が奪われていましたが…。
版画をよく知る人なら、感動するようなテクニックなのでしょう。

次の『反射』。鏡をモチーフにした作品が並びます。

最後の『錯視』では「これぞエッシャー」と叫びたくなる作品が目白押し。もはや言葉は必要ないと思えます。


《描く手》


《滝》 脳が心地よく裏切られ続けます。
《メタモルフォーゼⅡ》では、は虫類がいつのまにか正六角形になり、蜂の巣になり、蜂の間から魚が現れ…。その変化の鮮やかさに言葉を失います。


《メタモルフォーゼⅡ》(部分)
エッシャーの世界の底知れなさに触れた2時間(か、それ以上)。
見る人が自らその世界に参加せずにはいられない。謎解きしたくてたまらなくなる…
エッシャーの魅力はそこに尽きるなぁ…。そんなことを感じた一日でした。


会場あべのハルカス美術館
開催期間2018年11月16日(金)~2019年1月14日(月・祝)
休館日11月19日(月)、26日(月)、12月31日(月)、1月1日(火・祝)
開館時間10:00~20:00、月・土・日・祝は~18:00まで(入館は閉館の30分前まで)
所在地大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階
06-4399-9050
HP : http://www.escher.jp/
料金一般 1,500円、大学・高校生 1,000円、中学・小学生 500円
展覧会詳細へ 「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy tomokoy
京阪神を中心に、気になる展示をぷらぷら見に出かけています。
「こんな見方も有りか」という感じでご覧いただければと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社