インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」

ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2018年12月8日


明治150年を迎えた今年、平成までを俯瞰する展覧会が多く開催されました。
開国後の急速な欧化、科学技術の進歩や生活スタイルの変化は、女性のファッションや髪型、美意識にも大きな影響を与えました。

生き方も多様化し、社会進出すると、モダンで華やかなファッションに身を包みます。
新たな「美人のイメージ」が更新されていく歴史的な背景を追ってみます。

幕末から明治の美人の描かれ方

江戸時代は遊女や芸妓が美人とされ、浮世絵で描かれました。
開国すると江戸の慣習を引き継ぎながら、次第に洋装化していきます。
まずは天皇、そして皇后、さらに華族へと広がりました。
過渡期の女性たちはバッスル・ドレスを着用し、浮世絵で描かれます。




理想化した美人像の創出

新たな時代の「美人イメージ」の形成に大きく寄与したのが岡田三郎助です。
絵画も西洋化が進み油彩がもたらされます。岡田も1897年(28歳)から4年、フランスで学びました。

▼美人コンテストや百貨店から生まれた美人像


洋装化による美人のイメージは、美人コンテストの開催や、百貨店、雑誌に掲載される女性像によって作られました。
大きな瞳、物憂げな表情の「岡田調美人」として人々に受け入れられます。

▼油彩で描かれた美人画

(左から)岡田三郎助《あやめの衣》1927年 ポーラ美術館 / 《納戸縮緬地八橋に杜若模様小袖》江戸時代 松坂屋コレクション(J.フロント リテイリング史料館)
岡田三郎助の代表作。油彩なのに日本画に見えます。
モチーフの影響もありそうですが、奥行きのない背景が日本画をイメージさせるようです。
描かれた着物が展示されており、見るとビックリです。
子供の着物?と思うくらい小さいのです。当時の小柄な日本人の体形が伝わってきます。


岡田三郎助《支那絹の前》1920年 高島屋資料館
悲しそうな妻八千代。この頃、三郎助との関係が綻びだし、2年後に別居したそう。


岡田三郎助《支那絹の前》1920年 高島屋資料館 (部分)

着物は、金糸の質感がリアルな油彩表現です。展示替え後、背景の布と着物が並びます。
妻八千代が手を通していた着物と、三郎助が直しても直しても悲しげな表情の絵。
晩年までアトリエに掛けていたそうです。心に迫るものがあります。

大正期からのモダンガール



大正から昭和初期、街中をモダンガールが闊歩しました。
和装と洋装が入り乱れて銀座界隈を行きかっています。


榎本千花俊《池畔春興》1932年 島根県立石見美術館
洋装のハードルは高く、羽織とワンピースの和洋折衷に、モダンな髪型。
カメラや毛皮などの小物を手にしています。


(左から)《マニュエル兄弟写真館 朝香宮允子妃肖像》1924年 東京都庭園美術館 / 榎本千花俊《口紅を描く》1935年 島根県立石見美術館
流行の先端、スキーを楽しむ女性が口紅を引く姿が掛け軸に描かれました。

多様化し変化する女性像


(左から)《麗子像》1922年 / 《麗子坐像》1919年 いずれも、岸田劉生 ポーラ美術館
麗子像。なぜ我が子をこのように描いたのでしょう。
女性像の変遷という歴史の流れで捉えると、岸田劉生は新しい女性美を創出したのだと理解しました。

女性の美とは?国家が世界に並ぶため威信をかけつつ、新旧の時代を融合し流動性あるスタイルを経て、大陸的な美も取り入れ変化しました。
これからの日本女性の美を考える時、国籍や性を超え、多様な美を受け入れられる社会の創生が必要だと感じました。

明治に生まれた「美術」の歴史は150年。
その中で変化した女性の美を振り返り、これからの「美」について問われているように感じました。


会場ポーラ美術館
開催期間2018年12月8日(土)~2019年3月17日(日)
休館日会期中無休、但し2019年1月30日(水)は展示替えのため企画展示室は休室
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
所在地神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
0460-84-2111(代表)
HP : http://www.polamuseum.or.jp/sp/jmb/
料金大人 1,800円、シニア割引(65歳以上)1,600円、大学・高校生 1,300円、中学・小学生 700円
展覧会詳細へ 「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社