インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」

日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2019年1月8日


欧米の人を魅了する浮世絵

浮世絵が海外で注目されたきっかけは、江戸時代、日本が欧州に輸出した陶磁器の詰め物として使われていたことに、端を発しています。

時代は下り1960年、空軍士官として日本に駐留した米国のリー・ダークス氏の心も捉えました。
服務後、新聞業界の経営などに携わり、2000年頃から本格的に収集を開始。
現在、日本初公開の展覧会が巡回しています。

展覧会では、浮世絵の初期から幕末までの約200年間の作品を公開。浮世絵の変遷を一望できる大パノラマです。

初心者から上級者まで楽しめ、浮世絵の歴史がわかる



誰もが知っている葛飾北斎や歌川広重など、お馴染みの版画。
浮世絵の祖・菱川師宣、美人画の喜多川歌麿、役者絵の東洲斎写楽。
さらに、浮世絵ファンもうならせる作品など、約160点が並びます。

章を追えば、初心者も上級者も浮世絵の歴史を体系的に学ぶ絶好の機会。
実物の優品を教科書にできるという最高の環境です。



世界でたった3点 北斎の希少作品は必見


葛飾北斎「風流なくてなゝくせ 遠眼鏡」
享年90歳の北斎。画歴は70年を超え、3万点以上の作品を残しました。
しかし大判の美人大首絵は「風流なくてなゝくせ」と、もう1点だけです。

世界に3点しかないこの作品は、北斎40代の作。
リー・ダークス氏も一押しで、図録の表紙にもなりました。
今を逃すとこの先、お目にかかるのは難しいかもしれません。
状態のよさもじっくり鑑賞したい一品です。

タイトルの「なくて七癖」は「誰でも癖はあるもの」という諺。
美人の親子が遠眼鏡を覗いています。彼女たちの癖は何でしょう?
物見遊山という癖を表現したそうで、北斎の洒落っ気が感じられます。

超絶技巧に注目


コレクションは優品ばかり。使われている技法は目を見張るものがあります。
しかし、ただ見ているだけでは、なかなか気づくことはできません。

作品の下に解説プレートがあるので、それを頼りにすると、様々な技と出会えます。
最初はすぐに、わからないかもしれませんが、気づくと驚愕です!
細部にまで超絶技巧を施す職人の心意気に圧倒されます。

顎の下の紐飾を見て下さい。凸凹があり、エンボス加工のようです。
これは空摺といって、強くこすって凹凸を出しています。
このような技が、他の作品にも多数あるので探してみて下さい。

見方のポイント
コレクションの精緻な技法は、解説プレートのない部分にも潜んでいます。
発見のコツは、まず腰を低くして下から見上げます。
さらに体を左右、上下にずらしながら覗き込むと、ハッと息を飲む瞬間に遭遇します。
この作品の背景は黒雲母摺という技法で、雲母が混ぜてありキラキラ光っています。



他にも仕掛けは一杯。
作品の由来がわからなくても、こうした摺の技法が、欧米の人たちを魅了するようです。

日本の自然や技術のすばらしさを、海外のコレクターの目を通して気づかされます。
今度は、多くの技が詰まった作品から、自分の目で見つけ出す楽しみを味わってみてはいかがでしょうか?


会場日本橋高島屋S.C.本館 8階ホール
開催期間2019年1月9日(水)~1月21日(月)
休館日会期中無休
開館時間1/9(水)~16(水)は10時30分~19時、1/17(木)~20(日)は10時30分~19時30分、最終日は10時30分~17時30分まで(閉場いずれも30分後)
所在地東京都中央区日本橋2-4-1
03-3211-4111
HP : https://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/ukiyoe.html
料金一般 1,000円、大学・高校生 800円、中学生以下は無料
展覧会詳細へ 「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
藤子・F・不二雄ミュージアム みんなのひろばリニューアル
[エリアレポート]
みんなのひろば
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED フェルメール展 顔真卿 王羲之を超えた名筆 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ イメージコレクター・杉浦非水展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社